Re: 仕事で使う英語と多読の話

[掲示板: みんなの広場 -- 時刻: 2019/5/20(19:39)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :



上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[拍手!] 7136. Re: 仕事で使う英語と多読の話

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2011/8/6(12:29)

------------------------------

調布の佐藤さん、みなさん、こんにちは!
さかい@tadoku.orgです。

>みなさん、こんにちは。

> つい最近、多読をもとに少し工夫すると「突然英語必要組」も生き残れる
>(かもしれない)という経験をしました。

  報告をありがとうございました。

  ぼくから報告をおねだりしておきながら、(pottermore.com狂いで)
  遅くなってごめんなさい・・・

> ある一連の仕事の中で、英語を母国語としない方とのミーティングで、日
>本のある分野の事情を英語で説明し、その後、ディスカッションするという
>役割が回ってきました。仕事ですので、紙の資料はそれなりに用意したので
>すが、問題は私の会話。せっかくの機会ですから、ちょっと工夫して準備し
>てみました。小学生向けのシリーズ本「MAGIC TREE HOUSE RESEARCH GUIDE」
>(いろいろ10冊くらい)を毎日寝る前に少しずつ読んで、「Business Vocabulary in Use Elementary」
>のPresentations(8ページ)とMeetings(6ページ)をちょっと真剣に読んで、
>ミーティングに備えました。

  多読でどんな仕事にも耐えうる「土台」ができると考えています。
  あとは仕事の分野に合わせて「ちょっと工夫」−−それが「使いながら学ぶ」
  多読村宣言の一つの道だと思います。

  実にタイミングの良いご報告、ありがとう!

> ミーティングは、小さなテーブルを数人で囲んで始まりました。テーマと
>なっている分野の事情は、私が自分で調べてよく分かっているので、用意し
>た図や表をもとに、自信を持って説明しました。お話した英語は、努めて簡
>単な英語を使いました。予定された1時間30分ほどを英語で過ごして、ミーテ
>ィングが終わるときに、相手の方が立ち上がってニコニコしながら、「Great study!」
>と言って握手を求めてきました。

  Great study! という一言に、大成功が窺えますね!

> 仕事の内容や状況によって、要求される英語の質というかレベルにはいろ
>いろあるでしょう。きちんとした仕事の内容があれば、多読をもとにいろい
>ろな英語に触れていると、「突然英語必要組」になったとしても尻込みする
>ことはないと思いました。

  Research Guideや Business Vocabulary in Use をちょこっと読んで
  準備するあたりはまさに「多読的」と言えそうですね!

  そしてそれで十分(? でしょ?)なんとかなることを、実際のお仕事で
  立証してくださいました。これは保存版にします。

> 6月から通勤の電車の中でMchael Crichtonの「JURASSIC PARK」を読んでい
>ます。新聞や週刊誌も読んでいるので、「JURASSIC PARK」だけに集中してい
>るのではないですが、本文399ページのうち、今、367ページです。あともう
>少し。読み始めた時は、恐竜のことがよくわからなかったので、「Magic Tree House Research Guide」
>の「Dinosaurs Before Dark」を手に入れて、さっと読んでしまいました。そ
>の後は、「JURASSIC PARK」に出てくる恐竜のことや体の部位の表現などがよ
>くわかるようになりました。なかなか多読的なペーパーバックの楽しみ方だと、
>自分でも感心しています。

> 「Business Vocabulary in Use」と「Magic Tree House Research Guide」
>の話は、別の機会にまた書きますね。

> 「突然英語必要組」のみなさん、ご健闘を。

はい、ぜひお願いします。

今後、こうした仕事分野別の「ちょこっとガイド」が充実してくると、
いよいよ多読も仕上げの段階ですね。

それを意識させてくださったという意味でも、この報告はとても大きいと思います。

  (ほかにも多読を仕事に活かしているみなさん、ぜひ報告を寄せてください!)

はい、「突然英語必要組」はどなたの頭にも降りかかって来かねない災難です。

でもそれは大きな機会でもあります。楽しく災難を好機に変えましょう!

お、そうだった! のんたさん、報告をお願いしますよー!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

7138. ミーティングと電話会議

ユーザ名(Username): 調布の佐藤
日時: 2011/8/6(22:37)

------------------------------

酒井先生、みなさん、こんにちは。

 つい最近、別なお仕事で、英語の電話会議に参加しました。

 これは、前のエントリーで書いたミーティングの100倍くらい、難し
かったです。音声だけで話を進める電話会議と、目の前に相手の方が
いて、反応を見ながらお話しするミーティングとでは別の世界でした。

 でも、頭の中が真っ白にはなりませんでした。意外と私、神経が太
いのかも。英語ができるに越したことはないのですが、英語ができる
かどうかということよりも、話の主導権を取れるかどうかがポイント
のような気がしました。

 簡単に「できる」と書いていますが、この内容を考え始めると、い
ろいろな論点があって、夜が明けてしまいそう。

 Skypeのおしゃべり会に出て、トレーニングを積むと、電話会議も征
服できるかもとか妄想しています。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[賛成] 7139. Re: ミーティングと電話会議

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2011/8/7(08:58)

------------------------------

調布の佐藤さん、みなさん、おはようございます。
さかい@tadoku.orgです。

きのうの多読的おしゃべり会で調布の佐藤さんにいろいろお話を聞きました。

で、書き忘れたことを思い出しました!

調布の佐藤さんはこの話題の最初の投稿で、
1時間半にわたる英語の会議のあとで、相手の外国人に、
Great study! と褒められたそうですが・・・

英語について褒められたのではないところが、すごい!
会議での説明の中身についてコメントしてくれたところに、
英語は問題がなかった(あったとしても内容を損なうものではなかった)ことが
わかります。

Great job, 調布の佐藤さん!!

ほかにも、使いながら学んでいる人がいるはずです。
新しい村の方針をさらに確かめ、探り、ときには推進するために、
いつか何らかの報告をお願いします。(さかいに直接で結構です。)

ではね、みなさん、Enjoy using English!



Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.