わたしはここでつまづいた!

[掲示板: みんなの広場 -- 時刻: 2021/10/25(12:26)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :



上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[怒] 2917. わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): たむ
日時: 2008/7/10(12:18)

------------------------------

今でも覚えています。40数年前、高校の教室で
教師が仮定法をいくつも書いて、覚えろと言った
のでした。

なんと言うか、こんなバカなことにはついていけない
と妙に冷静だったことを覚えています。

全国模試の問題で、わけがわからんけどなんかピストルが
発射されて誰かが死んだのか、と読み取った!文章が、
正解をみるとまったく違っていたのにも微苦笑しました。
英語をはなれるきっかけになりました。

たむ


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[汗] 2918. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): ミグ
日時: 2008/7/10(12:34)

------------------------------

こんにちは、たむさん。

>今でも覚えています。40数年前、高校の教室で
>教師が仮定法をいくつも書いて、覚えろと言った
>のでした。

>なんと言うか、こんなバカなことにはついていけない
>と妙に冷静だったことを覚えています。

>全国模試の問題で、わけがわからんけどなんかピストルが
>発射されて誰かが死んだのか、と読み取った!文章が、
>正解をみるとまったく違っていたのにも微苦笑しました。
>英語をはなれるきっかけになりました。

仮定法ならまだよい方です!
ミグは中3の関係詞からこんがらがりました(涙)。
今は関係詞に着目した中高生向きの参考書もあるようですが、どんな参考書より「量」
が大切だと実感しています!
では


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2954. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(20:23)

------------------------------

ミグさん、たむさん、こんばんは!

>こんにちは、たむさん。

>>今でも覚えています。40数年前、高校の教室で
>>教師が仮定法をいくつも書いて、覚えろと言った
>>のでした。

>>なんと言うか、こんなバカなことにはついていけない
>>と妙に冷静だったことを覚えています。

>>全国模試の問題で、わけがわからんけどなんかピストルが
>>発射されて誰かが死んだのか、と読み取った!文章が、
>>正解をみるとまったく違っていたのにも微苦笑しました。
>>英語をはなれるきっかけになりました。

>仮定法ならまだよい方です!
>ミグは中3の関係詞からこんがらがりました(涙)。
>今は関係詞に着目した中高生向きの参考書もあるようですが、
どんな参考書より「量」が大切だと実感しています!
>では

大昔のNHK基礎英語は基礎英語は一つしかなかったのですが、
秋になると関係代名詞の話がはじまり、
ぼくはそこでわからなくなって聞くのをやめましたね。
関係代名詞と仮定法とどちらがむずかしいのか?

そんなことはどうでもいい、とにかく量だという点は
ぼくもミグさんとおなじ実感です。

(その実感にたどりつくのに、時間の量がかかりすぎ・・・)

ミグさん、ありがとー!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2919. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): パッチ
日時: 2008/7/10(14:38)

------------------------------

みなさん、こんにちは。
パッチです。

先にたむさんがこちらで新規投稿をされていたので、
スレッド「いっしょに歩こ!の掲示板」から移動してきました。

酒井先生のブログの投げかけに反応します!
[url:http://blog.tadoku.org/?eid=634327]
(この集まりに参加していたのですが、早々に帰っていたので)

▼ブログより引用
一粒の麦もし死なずば、です。こうしてみなさんの声が明らかになると、
ほかの人も「わたしはここでつまづいた」という報告をしてくださるかもしれません。
そうすると、同じような経験のある人たちが多読をはじめやすい(はず)というわけです。

みなさんの投稿、メールをお待ちします。

【ご注意】「ここでつまづいた報告」の中には「立ち直った報告」を
     まぜないでください、整理のため。

では、よろしくお願いします!

■「わたしはここで(も)つまづいた!」
・中学校:英語は雰囲気が好きだった。洋楽(ビートルズなど聞いていた)
TVではセサミストリートを、また短波ラジオや無線を聴いていたので、「話せたらいいなぁ・・・」と言う憧れとは裏腹に、
まだまだ短い言葉を方程式のように分解して説明して、その上に写経のように単語帳を作り覚えるのが苦手だった。(←これに意味があるの?と反発)
本来のコミュニケーションの道具ではなかった。

・高校:問題外に全部嫌だった(重篤アレルギー状態)。
「大学へ行け!」との呪いの様に聞こえる進路指導に反発していた時期。
その当時のある英語教師が「関西訛りの変な発音」で幻滅した(イントネーションがおかしい>今、これを再現するのも難しい)
文法が良く分からなくて(関係代名詞、完了形、過去完了など)、イディオム(特に“to”の意味が分からない)、
その分からない尽くしを全訳すること・それを授業中に当てられることが嫌いだった。
(当時の参考書)
「英単語の完全征服」
(第一部最初の言葉「辞書は君の友達 辞書を大いに活用しよう」)
「英熟語の完全征服(各桐原書店)未だ残っている」
 単語を「a」から覚える方式ばかりだったので、後半の単語ほど覚えられていない。

・1回目大学:「Twentieth Century English Short Stories(1980)」と言う教科書が今も残っているが、
最初の数ページに書き込みがあるものの(意味の切れ目に記し)、後半になるにつれてきれいに(笑)
その他の英語をやった記憶が無いほど足が向かなかった。

・2回目大学:約10年後にまた大学まで来て、詳細に文法解釈をして単語帳を作り、それを丸暗記するだけの作業が本当に大学教育なの?と中学校と変わらない講義方法に嫌気が差して前期試験が終わった頃から自主休講が続く・・・の連続。さらに遠のく。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2955. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(20:30)

------------------------------

パッチさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>みなさん、こんにちは。
>パッチです。

>先にたむさんがこちらで新規投稿をされていたので、
>スレッド「いっしょに歩こ!の掲示板」から移動してきました。

ありがとうございました。

>酒井先生のブログの投げかけに反応します!
>[url:http://blog.tadoku.org/?eid=634327]
>(この集まりに参加していたのですが、早々に帰っていたので)

>▼ブログより引用
>一粒の麦もし死なずば、です。こうしてみなさんの声が明らかになると、
>ほかの人も「わたしはここでつまづいた」という報告をしてくださるかもしれません。
>そうすると、同じような経験のある人たちが多読をはじめやすい(はず)というわけです。

>みなさんの投稿、メールをお待ちします。

>【ご注意】「ここでつまづいた報告」の中には「立ち直った報告」を
>     まぜないでください、整理のため。

>では、よろしくお願いします!

ここからパッチさんの「つまづいた!」報告ですね。

>■「わたしはここで(も)つまづいた!」
>・中学校:英語は雰囲気が好きだった。洋楽(ビートルズなど聞いていた)
>TVではセサミストリートを、また短波ラジオや無線を聴いていたので、「話せたらいいなぁ・・・」と言う憧れとは裏腹に、
>まだまだ短い言葉を方程式のように分解して説明して、その上に写経のように単語帳を作り覚えるのが苦手だった。(←これに意味があるの?と反発)
>本来のコミュニケーションの道具ではなかった。

反発するところがえらいです!

>・高校:問題外に全部嫌だった(重篤アレルギー状態)。
>「大学へ行け!」との呪いの様に聞こえる進路指導に反発していた時期。
>その当時のある英語教師が「関西訛りの変な発音」で幻滅した(イントネーションがおかしい>今、これを再現するのも難しい)
>文法が良く分からなくて(関係代名詞、完了形、過去完了など)、イディオム(特に“to”の意味が分からない)、
>その分からない尽くしを全訳すること・それを授業中に当てられることが嫌いだった。

こう並べられると、英語の授業への嫌悪感が少しわかるような・・・
(またしても私事ですが、わたしは嫌悪感を感じたことが一度もない。
 こんなひどい授業をどうして耐えられたのだろう? 
 鈍かったとしか、思えませんね。彼、彼女、返り読み、和訳なんかも
 平気だった・・・)

>(当時の参考書)
>「英単語の完全征服」
>(第一部最初の言葉「辞書は君の友達 辞書を大いに活用しよう」)
>「英熟語の完全征服(各桐原書店)未だ残っている」
> 単語を「a」から覚える方式ばかりだったので、後半の単語ほど覚えられていない。

ですね。

>・1回目大学:「Twentieth Century English Short Stories(1980)」と言う教科書が今も残っているが、
>最初の数ページに書き込みがあるものの(意味の切れ目に記し)、後半になるにつれてきれいに(笑)
>その他の英語をやった記憶が無いほど足が向かなかった。

はい、よくありますね。
この前電通大の学生が買ってきたハリー・ポッターの第2巻も
そうでしたね。(学生はそれを見ながら非常に楽しく聞き読みを
やってましたけどね)

>・2回目大学:約10年後にまた大学まで来て、詳細に文法解釈をして単語帳を作り、それを丸暗記するだけの作業が本当に大学教育なの?と中学校と変わらない講義方法に嫌気が差して前期試験が終わった頃から自主休講が続く・・・の連続。さらに遠のく。

はい、自主休校、万歳です!

ありがと、パッチさん!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2920. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): ブラックユーモア
日時: 2008/7/10(14:42)

------------------------------

こちらでははじめましてです。ブラックユーモアと申します。
多読を始めてまだ9ヶ月程度。140万語あたりの初心者です。

さて、どこで英語嫌いになったか?

私の場合は、中学校に入った比較的早い段階でいやになりました。
遅くとも中2の時点では、好きじゃなかった。
原因は「どうやって勉強したらいいか、分からないから」

数学なら、順番に理解して、演習問題を数回繰り返しておけば
テストの点はそれなりに取れます。
国語なら、読書は好きだったし、まぁそれなりに取れます。
理科・社会は、覚えれば取れます。
(別に、↑これ全部、実際にやったという趣旨じゃないですからね。
テストで点を取るための方法が分かっていた、というだけです。)

でも英語は・・。
宿題だってそれなりにやっていたし(全然こなしきれなかったのだけれど)
試験前だって自分では勉強していたつもりなのに、
自分なりの(?親の設定した?)合格点が取れないのです、絶対に。
あと、中2のとき、LL教室の授業で、みんなが解答しているビデオ教材が
さっぱり意味不明で、愕然としたことを覚えています。

未だに、いい点を取っていた友人たちが一体どんな勉強をしていたのか、
不思議で不思議でたまりません。

基本的に、洋楽も映画も特段の興味はなかったし、留学なんて考えたこともない。
「英語=学校の教科の一つ」でしたから、「試験の点が取れない=苦手。」

大学受験は、「試験に出る英単語」だったか?、大昔からある単語集を丸覚えして、
5文型を意識して文章を読む訓練をして・・あと何をしたか忘れましたが、
そんなこんなでギリギリ第一志望を突破しました。

ちなみに、どうやって勉強したらいいか分からない、というのは社会人になっても同様で、
NHKラジオ講座をかじったことも、ドリッピーの聞き流しをやってみたことも、
某通信講座でTOIEC●●点コースを取ってみたことも、その他色々・・・あります。
どれも、「これを全部丸暗記しなくちゃダメなんだ」と思い込んで取り組み始め、
当然暗記できず、イヤになり、1ヶ月前後でいつの間にかやらなくなってそれっきり。

多読を始めて、はじめて、英語=お勉強、じゃない世界を覗きました。
でも、社会人になったとき、先輩から
「彼ら(そこの会社で英語で仕事をしていた人々)は、多分PBなんて全然読めないよ。
でも、英語使って仕事ができればそれでいいんだ!」
と言われたことがまだ心に突き刺さっています。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2956. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(20:39)

------------------------------

ブラックユーモアさん、はじめまして!
さかい@tadoku.orgです。

>こちらでははじめましてです。ブラックユーモアと申します。
>多読を始めてまだ9ヶ月程度。140万語あたりの初心者です。

140万語で初心者? おもへばとおくへきたもんだ・・・

>さて、どこで英語嫌いになったか?

>私の場合は、中学校に入った比較的早い段階でいやになりました。
>遅くとも中2の時点では、好きじゃなかった。
>原因は「どうやって勉強したらいいか、分からないから」

>数学なら、順番に理解して、演習問題を数回繰り返しておけば
>テストの点はそれなりに取れます。
>国語なら、読書は好きだったし、まぁそれなりに取れます。
>理科・社会は、覚えれば取れます。
>(別に、↑これ全部、実際にやったという趣旨じゃないですからね。
>テストで点を取るための方法が分かっていた、というだけです。)

>でも英語は・・。
>宿題だってそれなりにやっていたし(全然こなしきれなかったのだけれど)
>試験前だって自分では勉強していたつもりなのに、
>自分なりの(?親の設定した?)合格点が取れないのです、絶対に。
>あと、中2のとき、LL教室の授業で、みんなが解答しているビデオ教材が
>さっぱり意味不明で、愕然としたことを覚えています。

>未だに、いい点を取っていた友人たちが一体どんな勉強をしていたのか、
>不思議で不思議でたまりません。

「どうやって勉強したらいいかわからなかった」というのも、
ブラックユーモアさんの意見を聞いて、
英語の先生としてはそんなに理不尽な科目を教えていたのかと、
愕然とします・・・

>基本的に、洋楽も映画も特段の興味はなかったし、留学なんて考えたこともない。
>「英語=学校の教科の一つ」でしたから、「試験の点が取れない=苦手。」

>大学受験は、「試験に出る英単語」だったか?、大昔からある単語集を丸覚えして、
>5文型を意識して文章を読む訓練をして・・あと何をしたか忘れましたが、
>そんなこんなでギリギリ第一志望を突破しました。

そういう人は多いのです。「何をしたか忘れたけれど、
入試は突破した」という人。

そしてそういう思い出を聞くと、世の中のほとんどの英語の先生は
「それは多読を始める前から英語ができたっていうことですよ」
とのたまう。つまり、学校英語の成果と多読の成果を直結して
安心しようとする。学校英語をそのままやって、いつか多読を
はじめればいいと考えることにして、現状を変えずに済まそうとする。

>ちなみに、どうやって勉強したらいいか分からない、というのは社会人になっても同様で、
>NHKラジオ講座をかじったことも、ドリッピーの聞き流しをやってみたことも、
>某通信講座でTOIEC●●点コースを取ってみたことも、その他色々・・・あります。
>どれも、「これを全部丸暗記しなくちゃダメなんだ」と思い込んで取り組み始め、
>当然暗記できず、イヤになり、1ヶ月前後でいつの間にかやらなくなってそれっきり。

>多読を始めて、はじめて、英語=お勉強、じゃない世界を覗きました。
>でも、社会人になったとき、先輩から
>「彼ら(そこの会社で英語で仕事をしていた人々)は、
多分PBなんて全然読めないよ。
>でも、英語使って仕事ができればそれでいいんだ!」
>と言われたことがまだ心に突き刺さっています。

はい、海外で何年も英語で仕事をした人がペーパーバックを読めない
なんていうことはごく当たり前のことです。
ぼくの知る限りそういう人はほとんどいないような気がしますね。
(ぼくの大学の同級生はぼくをのぞいてほとんど全員海外勤務の経験が
ありますが、ペーパーバックを読んでいるやつはいないと思うな。
一人くらいかな? (英語の先生って、海外で暮らす機会は非常に少ないのです。))

ブラックユーモアさん、ありがとー!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2922. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): 近眼の独眼龍
日時: 2008/7/10(17:46)

------------------------------

独眼龍です

ブログに簡単に紹介されていたので、補足です。

●現在完了形
そもそも良く分からない説明で、現在"完了"形を紹介されたあと、
いくつかのタイプへの分類を説明された。

「完了」・・・そりゃ、当然だ
「結果」・・・うんうん
「経験」・・・へぇ〜、そういや経験は完了したことかな?
「継続」・・・なにをっ! 完了形で継続ってなんだ!

と、継続で完全にプッツン。 その上、上記の分類をするのに
形からだけではできず、意味が分からないとうまく行かないような
説明を受けた。 意味が分かってれば、もうそれでいいじゃん!!

で、こんなもんに付き合いきれない。というか、落ちこぼれた。

●仮定法
なるほど、"仮定”法なんだから、IF節が重要なんだろうな、と思った。
If I were、なんて 特殊と思える使い方をするし。
んが、実はIF節はよく省略(ほんとに省略か?)されて、残りの方が
重要などとほざく。 でも、実際そのようだ。
じゃ、なんで "仮定"法なんだ!!

で、こんなもんに付き合いきれない。というか、落ちこぼれた。(again)

未だに 現在完了を 時制の一つとして話されると、強い反発を覚えるし、
仮定法は、カテイ法いうカタカナ語とでも思わないと、イヤになる。

も一つ。

●with
英作文だったか、文法だったかの授業で、当てられたとき、奇跡的に
正解を答えた。満面の笑みを浮かべつつ座ろうとしたら、その答えの
中にあったwithの用法は?と追加で聞かれた。
はぁ〜? いいじゃん、ちゃんと正しい文を言ったんだから。とも
いえず、脂汗。 これは、付帯状況のwithでしょ。それが分かって
いないんなら、正解とは言えないですね、と先生。

で、こんなもんに付き合いきれない。というか、落ちこぼれた。(again)

あ〜 腹が立ってきた。

ではでは


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2957. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(20:44)

------------------------------

独眼龍さん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>独眼龍です

>ブログに簡単に紹介されていたので、補足です。

紹介するってあのとき言いましたよね?
(実は不安・・・)

>●現在完了形
>そもそも良く分からない説明で、現在"完了"形を紹介されたあと、
>いくつかのタイプへの分類を説明された。

>「完了」・・・そりゃ、当然だ
>「結果」・・・うんうん
>「経験」・・・へぇ〜、そういや経験は完了したことかな?
>「継続」・・・なにをっ! 完了形で継続ってなんだ!

>と、継続で完全にプッツン。 その上、上記の分類をするのに
>形からだけではできず、意味が分からないとうまく行かないような
>説明を受けた。 意味が分かってれば、もうそれでいいじゃん!!

>で、こんなもんに付き合いきれない。というか、落ちこぼれた。

ぼくはそこに気がつかなかったんですよ・・・
ああ、はずかしい・・・

「完了」なのに「継続」っておかしいだろ! って、
普通の判断ができれば思うはずですよね。
それなのに、ぼくは全然そんなこと感じなかった!
ばかですねえ・・・

>●仮定法
>なるほど、"仮定”法なんだから、IF節が重要なんだろうな、と思った。
>If I were、なんて 特殊と思える使い方をするし。
>んが、実はIF節はよく省略(ほんとに省略か?)されて、残りの方が
>重要などとほざく。 でも、実際そのようだ。
>じゃ、なんで "仮定"法なんだ!!

うーん、もちろんこんな高等なことは考えなかった。

>で、こんなもんに付き合いきれない。というか、落ちこぼれた。(again)

>未だに 現在完了を 時制の一つとして話されると、強い反発を覚えるし、
>仮定法は、カテイ法いうカタカナ語とでも思わないと、イヤになる。

>も一つ。

>●with
>英作文だったか、文法だったかの授業で、当てられたとき、奇跡的に
>正解を答えた。満面の笑みを浮かべつつ座ろうとしたら、その答えの
>中にあったwithの用法は?と追加で聞かれた。
>はぁ〜? いいじゃん、ちゃんと正しい文を言ったんだから。とも
>いえず、脂汗。 これは、付帯状況のwithでしょ。それが分かって
>いないんなら、正解とは言えないですね、と先生。

>で、こんなもんに付き合いきれない。というか、落ちこぼれた。(again)

>あ〜 腹が立ってきた。

それはひどいなあ、その先生・・・
でもね、典型的な先生でもありますね。
知識の差で飯を食っているから、正解を言われると文句をつけて
正解ではないとしないと飯の種がなくなる。

落ちこぼれて立派でしたね、独眼龍さん! ありがとー!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2924. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): グリーン
日時: 2008/7/10(21:18)

------------------------------

アレルギーというほどひどく嫌いではなかったけど、高校レベルではもう決して得意科目ではなかったし、大学受験では明らかに英語が足を引っ張っていた。なのにほとんどの大学は英語の点の比重が高い。国語100、日本史100、英語150、といところがほとんど。理不尽だと思った。

文法:公式をただ覚えるだけ。それでテストができればそれでいい、という考え。穴埋めならそれでどうにかなるからいいや、というだけ。それ以上考えたことなんてない。

発音(テスト問題ではいつも一番最初がこれ):今から思うと母音系が何が同じとか違うとか正解もみても全然わからなかった。(子音ものは比較的OKだった)

長文読解;テストではなにしろこれが嫌いで、苦手。文章の内容がなんとなくわかっても、設問が解けないから。テストだと、仕方ないので設問を先に読み、答えを探しながら文章を読むのがほとんど。
特に”文章を読んで、次の中で合っていると思うものを選べ”的な設問が大嫌いだった。重箱の隅をつつくような読み方が出来ないと、問題が解けない。
いくら出る単を覚えても絶対に知らない単語は一杯あるから、出る単を暗記することで、長文読解ができるようになるとは思えなかった。出る単で見た(出る単の日本語訳を暗記していても)その文章のなかでは意味が通らないものもあったし、受験時でさえ最後は出る単暗記を放棄した。

教科書:辞書を引き単語の意味をしらべ、日本語訳を読み、それでも面白いと思ったストーリーは皆無。国語は中には面白い小説がある。歴史は年代や人の名前が暗記できなくても、歴史自体が物語だから面白いと思った。国語の先生は作家を熱くかたり、歴史の先生は壮大なドラマを語ってくれたけど、英語の先生は文法の解説をしていただけで授業はつまらなかった。

以上です。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2958. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(20:58)

------------------------------

グリーンさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>アレルギーというほどひどく嫌いではなかったけど、高校レベルではもう決して得意科目ではなかったし、大学受験では明らかに英語が足を引っ張っていた。なのにほとんどの大学は英語の点の比重が高い。国語100、日本史100、英語150、といところがほとんど。理不尽だと思った。

そこで、英語の比重の低い大学を受けた人が何人もいますね。
ヨシオさんもそうなのかな? それからsu..su..さんなんかも
たしかそう。

でもそれでぼくの授業を受けることになったのだから、
ぼくとしては学校英語に感謝します。

>文法:公式をただ覚えるだけ。それでテストができればそれでいい、という考え。穴埋めならそれでどうにかなるからいいや、というだけ。それ以上考えたことなんてない。

はい、それ以上考えないのが賢いと思います。
反発するといろいろ摩擦が生じるし、なんにも感じないで従うのは
いちばん害があるし。

>発音(テスト問題ではいつも一番最初がこれ):今から思うと母音系が何が同じとか違うとか正解もみても全然わからなかった。(子音ものは比較的OKだった)

発音問題ほど意味のわからない問題もないですね。

>長文読解;テストではなにしろこれが嫌いで、苦手。文章の内容がなんとなくわかっても、設問が解けないから。テストだと、仕方ないので設問を先に読み、答えを探しながら文章を読むのがほとんど。

それは受験技術として定着していると思いますよ、いまでは。

>特に”文章を読んで、次の中で合っていると思うものを選べ”的な設問が大嫌いだった。重箱の隅をつつくような読み方が出来ないと、問題が解けない。
>いくら出る単を覚えても絶対に知らない単語は一杯あるから、出る単を暗記することで、長文読解ができるようになるとは思えなかった。出る単で見た(出る単の日本語訳を暗記していても)その文章のなかでは意味が通らないものもあったし、受験時でさえ最後は出る単暗記を放棄した。

放棄したところがえらい! (苦肉の策かもしれないけれどね)

>教科書:辞書を引き単語の意味をしらべ、日本語訳を読み、それでも面白いと思ったストーリーは皆無。国語は中には面白い小説がある。歴史は年代や人の名前が暗記できなくても、歴史自体が物語だから面白いと思った。国語の先生は作家を熱くかたり、歴史の先生は壮大なドラマを語ってくれたけど、英語の先生は文法の解説をしていただけで授業はつまらなかった。

>以上です。

最後の段落は強烈ですね。
ほかの教科は内容で生徒を引きつけられるけれど、
英語の教科書や参考書にはその内容がない!

最近の検定教科書は「いじめ」を入れたり、「環境問題」を入れたり、
「多文化」に色目を使ったり、いろいろやってますが、
所詮は「文科省的いい子」にすぎません。

英語教科書の著者たちには「いい子ぶりっこ」をやめにしてほしいものです。

で、グリーンさん、鋭い指摘をありがとー!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2926. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): Julie
日時: 2008/7/10(22:56)

------------------------------

Julie です。

中1の2回目か3回目の英語の授業で、table がいえなくて
立たされましたー。

今から思うと、帰国子女だったのでしょうか、
とてもきれいな発音のベテラン先生でした。

順番に立って、先生が言うとおりに真似して、
言えると座れるんですけど、
てぃーぼー、てーぶお、と、どうも私が言うと違うんですね。

クラスメートがカタカナで「テーブル」と言って座っていき、
小声で「テーブルっていっちゃいなよ」ってささやくのですが、
わたしは、英語ができるようになりたいなあと思ってたので、
聞こえたままを言おうとして、何度も繰り返しました。ほぼ意地。

先生も偉い先生で、きっちり立ったままにさせてくれました。

でも、次回から、その方法はやらなくなりました。

私にとっては、これ、武勇伝?なのですが、
でも、やっぱり、今でも、発音を真似しろといわれると
あのときの赤面する気持ちを思い出します。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2959. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(21:09)

------------------------------

Julieさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>Julie です。

>中1の2回目か3回目の英語の授業で、table がいえなくて
>立たされましたー。

なんでそういう先生がいっぱいいるんだろうねえ?
(といいつつ、ぼくはSSSのマリコさんのシャドーイングを聞いて、
 即座に「だめ!」と言ったそうで、いまだに恨まれています。
 むべなるかな・・・)

>今から思うと、帰国子女だったのでしょうか、
>とてもきれいな発音のベテラン先生でした。

>順番に立って、先生が言うとおりに真似して、
>言えると座れるんですけど、
>てぃーぼー、てーぶお、と、どうも私が言うと違うんですね。

>クラスメートがカタカナで「テーブル」と言って座っていき、
>小声で「テーブルっていっちゃいなよ」ってささやくのですが、
>わたしは、英語ができるようになりたいなあと思ってたので、
>聞こえたままを言おうとして、何度も繰り返しました。ほぼ意地。

ここが偉かった!
よい意地ですね!!
いいぞ、Julieちゃん!!!

>先生も偉い先生で、きっちり立ったままにさせてくれました。

>でも、次回から、その方法はやらなくなりました。

そういう生徒を教員室に呼んで特訓したり、
CDを貸して覚えてきなさいくらいのことをやる先生もいますね。

>私にとっては、これ、武勇伝?なのですが、
>でも、やっぱり、今でも、発音を真似しろといわれると
>あのときの赤面する気持ちを思い出します。

はい、今回の体験談はどれもみなさん「傷」を公開してくださていると
思います。

そのことに脱帽! です。

Julieさん、ありがと!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2929. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): プリン
日時: 2008/7/11(09:46)

------------------------------

プリンです。

「私はここでつまづいた!」ということで、
もうかなり昔のことですが、遠い記憶をたどってみました。

中学生・高校・大学と一貫して英語・語学全般に興味があり好きでした。
語学クラブというものに所属してたぐらい。
特に中学生のときは新しい科目で、異国の言葉ということで興味津々、
すべてが新鮮で楽しく、成績もかなりよかった。

ところが、高校に入ってからが問題でした。
国語(現代国語・古典)などはあまり勉強しなくても
(漢字・文法の勉強を少しするぐらいで)点数が取れるのに、
社会などはある程度勉強すれば結果がついてくるのに、
英語となると、いくら勉強しても点が取れないのです。
でも、嫌いではなく、好きは好きでした。
だから英語の勉強自体は嫌ではなく一生懸命やりました。
まじめなんですね。
勉強さえすれば、できるようになる気がして・・・。

では、どこで躓いたのでしょう?

まず

☆ 高校に入ってから単語の量がものすごく増えた。これが覚えられない。
☆ 文法が苦手で、構文(って言うのかしら?)がたくさんあって、
  必死に覚えるのだけど、頭の中でごちゃごちゃになってしまって、
  長文を読むときパニックになった。
☆ (上の文と同じかも)すごくまじめな性格(柔軟性がない)なためか、
  覚えた文法や構文や単語を長文を読むときに当てはめようとして
  余計に文の意味が分からなくなってしまった。
  結果、長文読解は全くだめで、きちんと読めたためしがなかった。
  もちろん、返り読みしてた。

細かいことは忘れましたが、大枠の躓きはこんな感じかなと思います。

基本的に、嫌いだったのではなく、できなくて挫折したわけです。
だから、今、こうやって多読で長文どころか分厚いPBも読めるようになったことがとってもうれしいんですね。

以上、プリンの「わたしはここでつまづいた!」でした。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2960. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(21:23)

------------------------------

プリンさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>プリンです。

>「私はここでつまづいた!」ということで、
>もうかなり昔のことですが、遠い記憶をたどってみました。

ありがとうございます。

>中学生・高校・大学と一貫して英語・語学全般に興味があり好きでした。
>語学クラブというものに所属してたぐらい。
>特に中学生のときは新しい科目で、異国の言葉ということで興味津々、
>すべてが新鮮で楽しく、成績もかなりよかった。

はい、中学までは好きだった、得意だったというのは
とてもよく聞きます。文科省にはそういう声は届いていないのでしょうね。
というより、聞く耳を持たないというべきか・・・

>ところが、高校に入ってからが問題でした。
>国語(現代国語・古典)などはあまり勉強しなくても
>(漢字・文法の勉強を少しするぐらいで)点数が取れるのに、
>社会などはある程度勉強すれば結果がついてくるのに、
>英語となると、いくら勉強しても点が取れないのです。
>でも、嫌いではなく、好きは好きでした。
>だから英語の勉強自体は嫌ではなく一生懸命やりました。
>まじめなんですね。
>勉強さえすれば、できるようになる気がして・・・。

英語だけは勉強法がわからないという・・・

>では、どこで躓いたのでしょう?

>まず

>☆ 高校に入ってから単語の量がものすごく増えた。これが覚えられない。

またしても文科省に文句を言いたくなりますね。
中学との連携を考えなくちゃいけないはずなのに、
さぼってるんですね。

>☆ 文法が苦手で、構文(って言うのかしら?)がたくさんあって、
>  必死に覚えるのだけど、頭の中でごちゃごちゃになってしまって、
>  長文を読むときパニックになった。

はい、急に増えますね。

>☆ (上の文と同じかも)すごくまじめな性格(柔軟性がない)なためか、
>  覚えた文法や構文や単語を長文を読むときに当てはめようとして
>  余計に文の意味が分からなくなってしまった。
>  結果、長文読解は全くだめで、きちんと読めたためしがなかった。
>  もちろん、返り読みしてた。

>細かいことは忘れましたが、大枠の躓きはこんな感じかなと思います。

>基本的に、嫌いだったのではなく、できなくて挫折したわけです。
>だから、今、こうやって多読で長文どころか分厚いPBも読めるようになったことがとってもうれしいんですね。

>以上、プリンの「わたしはここでつまづいた!」でした。

そのうちおたずねしますから、ぜひどうやってリベンジを果たしたか、
教えてください。「長文どころか分厚いPBも読めるようになった」
きっかけやいきさつをみなさんに公開してくださいな。

ではね、プリンさん、ありがとー!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2932. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): AMINO
日時: 2008/7/11(18:26)

------------------------------

AMINOです。

僕もブログでの紹介の補足を少し。
完了形でつまづいただけではあまりにも簡単でみもふたもないですね。
まあようするに文法嫌いということです。
英語の歌は大好きで英語(外国)への憧れは強かったけれど
実際に触れる英語の授業は・・・

結局大学受験時に必死に単語を覚えたことが今残っている当時の記憶ですね。
(覚えているのは必死だったことで単語ではない(苦笑))
文法と熟語(イディオムなんて言葉は知らなかったぞ)
を完全に無視して半年間単語のみを注入して入試を切り抜けたのです。

受験勉強で経験した英語学習が全く役に立たないって何か悲しいですね。
たった半年とはいえあんなにがんばったのに。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2961. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(21:28)

------------------------------

AMINOさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>AMINOです。

>僕もブログでの紹介の補足を少し。
>完了形でつまづいただけではあまりにも簡単でみもふたもないですね。
>まあようするに文法嫌いということです。
>英語の歌は大好きで英語(外国)への憧れは強かったけれど
>実際に触れる英語の授業は・・・

どうして文法が嫌いだったんでしょう?
たむさんやヨシオさんのように不合理だと思った?
文法規則を覚えられなかった?

>結局大学受験時に必死に単語を覚えたことが今残っている当時の記憶ですね。
>(覚えているのは必死だったことで単語ではない(苦笑))

これは笑いました。

でも笑い事ではないです。
みなさん、つらかった、くるしかったことを覚えている。
それほどひどいことをしていると、英語の先生は知りません。
もちろんぼくもつい最近まで知らなかった。
無理矢理でも「基本を覚えさせる」ことが学生のためかだと
思っていた。

>文法と熟語(イディオムなんて言葉は知らなかったぞ)
>を完全に無視して半年間単語のみを注入して入試を切り抜けたのです。

ああ、例の「入試英語サバイバル術」ですね。

>受験勉強で経験した英語学習が全く役に立たないって何か悲しいですね。
>たった半年とはいえあんなにがんばったのに。

半年ならまだ傷は浅いのでは?
ぼくなんか、何年もやっちまった・・・

なにはともあれ、「ツバメ号とアマゾン号」が読めるようになって
よかった、よかった! そのきっかけをまた近いうちに書いてください!!

ありがと、AMINOさん!!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2941. Re: わたしはここでつまづいた!…訂正しました

ユーザ名(Username): tsumugi
日時: 2008/7/12(09:32)

------------------------------

tsumugiです。
英語嫌いになったこと無いと思います。
リスニングというか発音が苦手でひどいコンプレックスがあり(笑)、
だから、発音の勉強をしてできるようになりなさいと言われても絶対しない自信はあります。

深刻に大人としての英語のテストを受けた経験がないからかもしれないのですが、みなさんのような学校英語の恐怖体験は思い出せない…運が良かっただけなのか、イヤ神経が図太かっただけと言う言い方も…。

英語の文法や解釈で知らないことはいっぱいあるし、単語・熟語・イディオムテストや和訳の授業も受けた覚えあります…。
でも恐怖の先生に出会わなかったせいか、めんどくさいと思ったことはあっても英語嫌いにはならなかったですねえ。

約20年前のことを思い出してみました。
その後は3年くらい前まで英語を勉強する必要が全くなかったので英語とは縁のない生活してました。

単語やら和訳やら些末なこという先生は自動的にシャットアウトしてました。
高校の英語教師某A先生は和訳が大好きでしたが発音は日本語英語でネイティブのALT?とのコミュニケーションも満足にできなかったし、帰国子女からしょっちゅうつっこまれむしろ可哀想と思い、和訳・構文重要という言葉に説得力を感じなかった……。でも受験対策には熱心だったなあ…ここがでますとしょっちゅう言ってくれてました。
一方でネイティブのALTや帰国子女と互角に渡り合える某B先生は辞書なんか引くな引くなら英英にしろ、たくさん読め何度も読めと言う先生だったのでその言葉を採用してました。でも彼の授業は呪文のようで、板書も全く読みとれない暗号だったので…聞いてる生徒いたのかなあ…。彼はネイティブとのコミュニカティブレッスンでは楽しそうに笑顔でビートルズを歌い、文法や構文はなんの意味があるのか??タダの受験対策といった調子でつまんなそうにやってました。だから英語ができる人が文法や構文を重視してなかった?のでそんなもんだと思っちゃいました。

大学の教養部に来る非常勤講師はあからさまに授業へのやる気がないのか消化授業という雰囲気が漂い…ご自分の専門とする文学作品の和訳(つまり先生には授業の予習の必要がない)を押しつけてきたとしか思えなかった。理系の教養部だったのでやる気のない学生にヒステリーを起こしそうなのを我慢していた先生が可哀想でもあったけど…そんなみんなが寝ちゃいそうな格調高い文学とイギリスの話しても誰も感心持つはず無いからしょうがないよ…もうちょっとネタ考えて欲しいなあと鼻くそほじりなから授業聞いていたっていう感じでしょうか…。
先生ごめん、でも興味を持って取り組める内容じゃなかった。
でもそうした経験も英語が嫌いになる方向に働かず、単にその講師とその授業を嫌いになっただけでした。

常任の先生がプレゼンテーションやディベートを主眼としたコミュニカティブレッスンを組んでいたので対照的でした。
そういう<先生>という権威のメッキが剥がれちゃうようなシチュエーションがたまたまあったので、<迷惑な先生>だと自己判断した授業は何を言われても自動消去モードに入っていたのでしょう…
一応言い訳しておきますが、それなりの公立進学校と国立理系大学に通っていたので出席には厳しく自主休講=落第でしたので、出席してノート取って試験対策をして必要最低限、それなりな平均点な点数をとる努力はしてました(笑)。苦痛だったなあ。
高校はバイリンガルや、いつ勉強してるか分からないのにとんでもなく成績が良い子がいて…その子達が番付を占めていたのでいい成績取ろうというのはもう諦めモード…。期末中間も勉強したけどやった時間だけの成績への効果無かったし(笑)、それでも模試やれば<必要な点>は取れていたし、丸暗記のために人生無駄にしてるなあと思いつつ、短期目標の達成に必要なことと思ってやり抜けちゃいました。

振り返ってみると割り切りが良いご都合主義的、超楽天的性格だったのですね。

しかしご都合主義的楽天的な私にも英語のこれだけは<絶対>できていないしきっと無理〜と思っていることがあり、それが英語をやるのを非常に悲しくしてます。

発音が悪いことと聞き取りが正確にできないことです。
(酒井先生のメールでも泣きついたのですが(笑)unleanってむつかしいですねえ。こだわらないと言われても…こだわらざるをえない現状には…)

高校生のとき、帰国子女の子たちは桁違いに英語ができ、
綺麗にしゃべるのと較べ、どうしても綺麗にしゃべれないのがとても悲しかったです。そして某B先生はそういう生徒と一部の優秀な生徒しか授業で主眼にしてなかったですねえ。先生ならできない子に分かるように教えてみやがれ…私が分からなくて困っていた発音の謎をきちんと教えて欲しかったよ…。
こんな感じ〜とせん星が派ぱっとしゃべって終わりにするんじゃなくて。
卒業して数年後に偶然会ったのですが同学年で彼の記憶にあったのは主席クラスの生徒ととバイリンガルだけでした。我ながら良くこれで英語嫌いにならなかったなあ…。

英語の歌や放送を聴いたりするのはとても好きだったのですが、
つい数年前まで子音だけで発音するなんて知らなかったので(ホホホ)
いつも音節が合わずに躓いちゃってそれがとってもイヤでした。
中学生の時から…洋楽や多言語のオペラやサルサの耳コピも好きだったし…無意識シャドーウィングもかなりしていたのですが…
何故できなかったのか??一体どうやって歌っていたのかなあ?
聞き取れていない部分の歌詞を読むと必ずずれたのは覚えてるのですが…
大人式リスニングなのでしょうね。

学校のクラスでの発音の説明は教科書読んでも一体どうやっているのかちっとも要領がつかめなかったし…そもそもきちんと系統だって説明している部分って教科書にほとんど無かったと思います。もう20年前のことなので珍しいのですが…ネイティブの先生が週に1回クラスに来て、綺麗な発音で話してくれたのですが後から真似して言ったり一緒に歌を歌う授業が中心だった気がします。

小学5年生の時に英語をはじめたときに公○式でテープはくれたけど、発音記号の読み方はカタカナでなにが違うのかちっとも説明してくれなかったし違いが聞こえなかった……phonicsの存在も大人になるまで知らず…知っていてもその違いが分かるわけはありませんでした。
3年くらい前に「英語耳」に出会うまで…大人式リスニングの私には発音記号の<全て>が<意味不明の暗号>でした。
だからそれ以前の約20年間、発音を辞書見てやるのはなんだこりゃ状態…。でも単語帳?には全部発音記号が書かれていて発音テストがそれでできるようになるか覚えられると信じていたのがおめでたい。

しかし発音を30歳越えて知っても、一朝一夕にできるはずはなく…
なんとかマニュアル通りな発音はできても聞き取りは全く…不可能です。
ちなみにBirthday party がマンションのエントランスのセキュリティのおじさんに一度で通じたことはありません、と言う程度の発音です…(^^;)

区別ができない音をあげれば…L or R, B or V, S or TH, cap or cup or cop, ar or er,あげれば枚挙にいとまがありません…。
英会話の個人レッスンを受けても…リスニングで理解力を上げるにはある程度効果あるのですがこうした音の全く聞き取りには効果無かったですねえ…。

英語は嫌いにならなかったのですが…発音の練習と聞き分けは嫌いです。
どう練習してもできなかったし、聞き続けても音が聞こえてくるなんて無かったし、シャドーウィングも意味不明だと我慢できないし、もうどうして良いのか???なのですもの。
ホホホとしか言いようがないですね。

脳内音読すると見事に日本語英語なんですね…音読してればそれなりな音として英語してるみたいなのに…これが脳内音読へ毒となって走るのです。
こんな音でこの台詞しゃべってないぞお、イメージぶち壊しじゃないか(怒)と。
と言うわけで発音??訳分かりませんだから嫌い〜〜なのでした。
あ、多読みたいですね 分からないものはつまらないから嫌いになる…


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[賛成] 2963. Re: わたしはここでつまづいた!…訂正しました

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(21:36)

------------------------------

tsumugiさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>tsumugiです。
>英語嫌いになったこと無いと思います。
>リスニングというか発音が苦手でひどいコンプレックスがあり(笑)、
>だから、発音の勉強をしてできるようになりなさいと言われても絶対しない自信はあります。

嫌いではないが、コンプレックスはある・・・と。

>深刻に大人としての英語のテストを受けた経験がないからかもしれないのですが、みなさんのような学校英語の恐怖体験は思い出せない…運が良かっただけなのか、イヤ神経が図太かっただけと言う言い方も…。

うん、それはうまい言い方かもしれない。

>英語の文法や解釈で知らないことはいっぱいあるし、単語・熟語・イディオムテストや和訳の授業も受けた覚えあります…。
>でも恐怖の先生に出会わなかったせいか、めんどくさいと思ったことはあっても英語嫌いにはならなかったですねえ。

そうか! 英語「不得意」から「嫌い」にまで悪化するには
先生の力(?)が大きい?

>約20年前のことを思い出してみました。
>その後は3年くらい前まで英語を勉強する必要が全くなかったので英語とは縁のない生活してました。

>単語やら和訳やら些末なこという先生は自動的にシャットアウトしてました。
>高校の英語教師某A先生は和訳が大好きでしたが発音は日本語英語でネイティブのALT?とのコミュニケーションも満足にできなかったし、帰国子女からしょっちゅうつっこまれむしろ可哀想と思い、和訳・構文重要という言葉に説得力を感じなかった……。でも受験対策には熱心だったなあ…ここがでますとしょっちゅう言ってくれてました。

塾とか、進学校というのは、一言で言えば
「ここがでます」
ですね。そのほかのことは一切関係ない。

>一方でネイティブのALTや帰国子女と互角に渡り合える某B先生は辞書なんか引くな引くなら英英にしろ、たくさん読め何度も読めと言う先生だったのでその言葉を採用してました。でも彼の授業は呪文のようで、板書も全く読みとれない暗号だったので…聞いてる生徒いたのかなあ…。彼はネイティブとのコミュニカティブレッスンでは楽しそうに笑顔でビートルズを歌い、文法や構文はなんの意味があるのか??タダの受験対策といった調子でつまんなそうにやってました。だから英語ができる人が文法や構文を重視してなかった?のでそんなもんだと思っちゃいました。

>大学の教養部に来る非常勤講師はあからさまに授業へのやる気がないのか消化授業という雰囲気が漂い…ご自分の専門とする文学作品の和訳(つまり先生には授業の予習の必要がない)を押しつけてきたとしか思えなかった。理系の教養部だったのでやる気のない学生にヒステリーを起こしそうなのを我慢していた先生が可哀想でもあったけど…そんなみんなが寝ちゃいそうな格調高い文学とイギリスの話しても誰も感心持つはず無いからしょうがないよ…もうちょっとネタ考えて欲しいなあと鼻くそほじりなから授業聞いていたっていう感じでしょうか…。
>先生ごめん、でも興味を持って取り組める内容じゃなかった。
>でもそうした経験も英語が嫌いになる方向に働かず、単にその講師とその授業を嫌いになっただけでした。

>常任の先生がプレゼンテーションやディベートを主眼としたコミュニカティブレッスンを組んでいたので対照的でした。
>そういう<先生>という権威のメッキが剥がれちゃうようなシチュエーションがたまたまあったので、<迷惑な先生>だと自己判断した授業は何を言われても自動消去モードに入っていたのでしょう…
>一応言い訳しておきますが、それなりの公立進学校と国立理系大学に通っていたので出席には厳しく自主休講=落第でしたので、出席してノート取って試験対策をして必要最低限、それなりな平均点な点数をとる努力はしてました(笑)。苦痛だったなあ。
>高校はバイリンガルや、いつ勉強してるか分からないのにとんでもなく成績が良い子がいて…その子達が番付を占めていたのでいい成績取ろうというのはもう諦めモード…。期末中間も勉強したけどやった時間だけの成績への効果無かったし(笑)、それでも模試やれば<必要な点>は取れていたし、丸暗記のために人生無駄にしてるなあと思いつつ、短期目標の達成に必要なことと思ってやり抜けちゃいました。

>振り返ってみると割り切りが良いご都合主義的、超楽天的性格だったのですね。

>しかしご都合主義的楽天的な私にも英語のこれだけは<絶対>できていないしきっと無理〜と思っていることがあり、それが英語をやるのを非常に悲しくしてます。

>発音が悪いことと聞き取りが正確にできないことです。
>(酒井先生のメールでも泣きついたのですが(笑)unleanってむつかしいですねえ。こだわらないと言われても…こだわらざるをえない現状には…)

こだわらなくていいんですよ。
もう何回も書いているので、しつこいですが、
細部の理解を完全にしようと思うから、発音が悪いとか、
聞き取りが正確にできないという「反省」になる。

多読的に聞こう、多読的に話そう、つまりいい加減に聞いて、
いい加減に話せばよいと思います。もちろんそれがとっても
むずかしいのですが。

あ、話が逸れました・・・

>高校生のとき、帰国子女の子たちは桁違いに英語ができ、
>綺麗にしゃべるのと較べ、どうしても綺麗にしゃべれないのがとても悲しかったです。そして某B先生はそういう生徒と一部の優秀な生徒しか授業で主眼にしてなかったですねえ。先生ならできない子に分かるように教えてみやがれ…私が分からなくて困っていた発音の謎をきちんと教えて欲しかったよ…。
>こんな感じ〜とせん星が派ぱっとしゃべって終わりにするんじゃなくて。
>卒業して数年後に偶然会ったのですが同学年で彼の記憶にあったのは主席クラスの生徒ととバイリンガルだけでした。我ながら良くこれで英語嫌いにならなかったなあ…。

>英語の歌や放送を聴いたりするのはとても好きだったのですが、
>つい数年前まで子音だけで発音するなんて知らなかったので(ホホホ)
>いつも音節が合わずに躓いちゃってそれがとってもイヤでした。
>中学生の時から…洋楽や多言語のオペラやサルサの耳コピも好きだったし…無意識シャドーウィングもかなりしていたのですが…
>何故できなかったのか??一体どうやって歌っていたのかなあ?
>聞き取れていない部分の歌詞を読むと必ずずれたのは覚えてるのですが…
>大人式リスニングなのでしょうね。

>学校のクラスでの発音の説明は教科書読んでも一体どうやっているのかちっとも要領がつかめなかったし…そもそもきちんと系統だって説明している部分って教科書にほとんど無かったと思います。もう20年前のことなので珍しいのですが…ネイティブの先生が週に1回クラスに来て、綺麗な発音で話してくれたのですが後から真似して言ったり一緒に歌を歌う授業が中心だった気がします。

>小学5年生の時に英語をはじめたときに公○式でテープはくれたけど、発音記号の読み方はカタカナでなにが違うのかちっとも説明してくれなかったし違いが聞こえなかった……phonicsの存在も大人になるまで知らず…知っていてもその違いが分かるわけはありませんでした。
>3年くらい前に「英語耳」に出会うまで…大人式リスニングの私には発音記号の<全て>が<意味不明の暗号>でした。
>だからそれ以前の約20年間、発音を辞書見てやるのはなんだこりゃ状態…。でも単語帳?には全部発音記号が書かれていて発音テストがそれでできるようになるか覚えられると信じていたのがおめでたい。

>しかし発音を30歳越えて知っても、一朝一夕にできるはずはなく…
>なんとかマニュアル通りな発音はできても聞き取りは全く…不可能です。
>ちなみにBirthday party がマンションのエントランスのセキュリティのおじさんに一度で通じたことはありません、と言う程度の発音です…(^^;)

>区別ができない音をあげれば…L or R, B or V, S or TH, cap or cup or cop, ar or er,あげれば枚挙にいとまがありません…。
>英会話の個人レッスンを受けても…リスニングで理解力を上げるにはある程度効果あるのですがこうした音の全く聞き取りには効果無かったですねえ…。

>英語は嫌いにならなかったのですが…発音の練習と聞き分けは嫌いです。
>どう練習してもできなかったし、聞き続けても音が聞こえてくるなんて無かったし、シャドーウィングも意味不明だと我慢できないし、もうどうして良いのか???なのですもの。
>ホホホとしか言いようがないですね。
>、
>脳内音読すると見事に日本語英語なんですね…音読してればそれなりな音として英語してるみたいなのに…これが脳内音読へ毒となって走るのです。
>こんな音でこの台詞しゃべってないぞお、イメージぶち壊しじゃないか(怒)と。
>と言うわけで発音??訳分かりませんだから嫌い〜〜なのでした。
>あ、多読みたいですね 分からないものはつまらないから嫌いになる…

要するに楽天的な性格なのですね!

tsumugiさん、おめでとー!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3012. Re: わたしはここでつまづいた!…訂正しました

ユーザ名(Username): tsumugi
日時: 2008/7/15(23:49)

------------------------------

酒井先生 多分返事は要らないのだと思うのですが一応自分の名誉?見栄?のために。

みなさんのような恐怖の原体験?は私にとっては数学というか算数で、どうしようもないような落ちこぼれ点は数学でたたき出していたので……そのせいで英語は心底まで嫌いじゃなかっただけという表現方法もあるので…だから、比較の問題として英語が得意か不得意かという問いに対しても微妙なのですが(笑

>そうか! 英語「不得意」から「嫌い」にまで悪化するには
>先生の力(?)が大きい?

英語、学生時代は決して不得意だとは思っていませんでした。
むしろ自分的には他の科目、悲惨な成績だった算数・数学と較べて(苦笑)得意科目として認識していたように思います。
中学の時は点を稼げる得意科目でしたし、大学受験の時も確実な得点源にしてました。
確かに先生の視点からみるとトップレベルと較べれば成績として不足だし、英語が得意なバイリンガルや文系の生徒から観ると決して威張れる成績ではなかったのですが…理系の癖して徹底的に物理と数学が苦手だったので…英語の方がずっとマシでした。テスト範囲を絨毯的に勉強し試験対策して暗記ができる人が良い点を取れる中間・期末はどうもいまいちな成績に較べ、模試での成績が不思議なくらい良い奴として一部の教師に授業にまじめに参加しない奴と評価されてました…。

会話も今はまあ必要なことは何とか(苦笑)してるので、全くしゃべれない方ではないと<信じること>にして(ここがツボですよ<信じる>ほほほ)…駄目なときは相手がネイティブの場合、全く相手を受け止める語学力があるのにしてくれない…受容力が低い、つまり忍耐力と想像力、親切心の足りない奴だと相手のせいにすることにしてます。

だって日本にいれば日本人のみなさんって外国人のアクセントがある日本語やそれどころか英語で話しかけてくる外人さん達に忍耐強く接してあげるじゃないですか…相手は日本語が上手く話せないんだと思えばそうしてあげるのが当たり前と思って。私にしてみれば英語が母語じゃないのだから流暢じゃないのは当たり前、英語でしゃべってるだけ感謝してよって感じですわ、町中でおばちゃんとかは平気で自分の言語で話してきて、相手が答えられないと見るとままるでその言語をしゃべれない相手が悪いって呆れた顔して相手をみますもの。

書くのも学生の時は英作文って得意な方(応用力?のある奴たっだので問題文の日本語を<曲解>して適当な文章を書くのが得意だった、先生もバツはつけられなかったという言い方もできます)でしたし、今の生活では大人としてきちんとした英語の文章を書くことができるかというのはともかく…子どもの学校での用事くらいは文章で何とかなっちゃうくらいには文章書きますねえ(多分に電話は苦手)。同じように移民として暮らしている英語が上手く話せる東欧出身の女性にそんなに英語が書けるのか、私は10年以上カナダで暮らしてるけどそんなに書けないと驚かれて以来、妙に自信をつけました。彼女は私のしゃべりは悲惨だといいたかっただけなのかもしれませんが…ご都合主義的解釈って事でホホホ

ので、英語を不得意と思っているのでもなく…純粋に苦手としてコンプレックスがあって解決できないのことは発音系というだけです…。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3014. Re: なかまだ!

ユーザ名(Username): こるも
日時: 2008/7/16(00:07)

------------------------------

tsumugiさん、こんにちわ!

ピンポイントで。

>理系の癖して徹底的に物理と数学が苦手だったので

わーい、わたしといっしょー!
わーいわーい。

理系で数学できないって、つらいよねー。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3024. Re: なかまだ!

ユーザ名(Username): tsumugi
日時: 2008/7/16(05:10)

------------------------------

掲示板常連?こるもさんからレス頂けるなんて、なんかちょっと嬉しい。

お仲間はっけ〜〜ん。
(理系なのに数学苦手な奴って今までお会いしたことなく感激)

たかぽんさんから始まるすれ良いですねえ。
プラス思考な感じでレスしたかったのですが時間切れだったので。

後でじっくり読まさせてください。

では


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2945. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): 牛印牛乳
日時: 2008/7/12(14:05)

------------------------------

みなさん、こんにちは。

 私は、中学1年2学期(当時は3学期制)で、単語が発音も意味も覚えられずに、
まさにつまづきました。もう、何にもわからない状態。
 国語、数学はそれなりにできていたので親がやばいと思い家庭教師をつけてので
挽回しました。でも、その家庭教師も教科書に書いてある文章の意味、
単語の意味を教えてくれるだけの特別な勉強ではなかったと思うのですが。

 以上がつまづき体験です。

 逆に、英語学習おもしろエピソードでは

中学1年か2年のとき、理科の先生でアメリカ(たぶん南部)に行った事のある
先生が授業中に「水」は英語でなんと言うと聞かれた。
前から順番に「ウォーター」ってみんなそれっぽく言って、成績の良い生徒
の「ウォーター」には生徒から「オー」と歓声が上がっていた。
 私は小学生くらいと思うのだが、床屋にあった少年マガジンかなにかで、
戦争中に撃墜されたアメリカ兵が日本の農民に「水」と英語で言ったら農民
が藁を持ってきたというエピソードを読んだことがあるので、「ワラ」と言お
うかと思ったが、あまりにばかばかしいと怒られると思い「ワーラー」と言っ
たところ教室中爆笑。
でも、その先生がポツリ「ウーン、牛印牛乳のが一番似ているなあ。」と。

これって英語を続けていることに少しは影響していると思います。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2965. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(21:51)

------------------------------

牛印牛乳さん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

"牛印牛乳"さんは[url:kb:2945]で書きました:
>みなさん、こんにちは。

> 私は、中学1年2学期(当時は3学期制)で、単語が発音も意味も覚えられずに、
>まさにつまづきました。もう、何にもわからない状態。
> 国語、数学はそれなりにできていたので親がやばいと思い家庭教師をつけてので
>挽回しました。でも、その家庭教師も教科書に書いてある文章の意味、
>単語の意味を教えてくれるだけの特別な勉強ではなかったと思うのですが。

> 以上がつまづき体験です。

中学1年2学期というのはたくさんの人にとって鬼門ですね。
もちろん中3から高1は最大の壁、さらに受験英語という
わけのわからない壁まである!

いまでは中高一貫校などで、毎学期、ときには毎週壁を設けて、
「乗り越えろ、乗り越えろ」と生徒の尻を叩くようです。
プログレスとか、トレジャーとか、なんとか問題集とか、
困ったもんだ・・・

あ、話が逸れました!

> 逆に、英語学習おもしろエピソードでは

>中学1年か2年のとき、理科の先生でアメリカ(たぶん南部)に行った事のある
>先生が授業中に「水」は英語でなんと言うと聞かれた。
>前から順番に「ウォーター」ってみんなそれっぽく言って、成績の良い生徒
>の「ウォーター」には生徒から「オー」と歓声が上がっていた。
> 私は小学生くらいと思うのだが、床屋にあった少年マガジンかなにかで、
>戦争中に撃墜されたアメリカ兵が日本の農民に「水」と英語で言ったら農民
>が藁を持ってきたというエピソードを読んだことがあるので、「ワラ」と言お
>うかと思ったが、あまりにばかばかしいと怒られると思い「ワーラー」と言っ
>たところ教室中爆笑。
>でも、その先生がポツリ「ウーン、牛印牛乳のが一番似ているなあ。」と。

>これって英語を続けていることに少しは影響していると思います。

ほー、先生のその一言で・・・

どうも先生の力って非常に大きいようですねえ。
それはわかっていなかったなあ・・・
ほかのみなさんはどうなんでしょう?
ぜひこれからも「わたしはここでつまづいた!」報告をお願いします。

ではね、牛印牛乳さん、ありがとー!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2946. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): katakuri
日時: 2008/7/12(14:49)

------------------------------

katakuriです。
私自身は英語が嫌いになったことはないのですが、文法用語がわかってないなあ、としみじみ思ったのは息子が大学受験で予備校に行った時。のぞいてみたテキストの説明がちんぷんかんぷん。私はこんな勉強した覚えはない!と思いましたが、忘れていただけ?
だから今は高校生には文法の話はしない様にしています。かえって分からなくしているだけの様な気がしますので。

問題は中学生です。最近、中学2年生に「現在形って何?」って聞かれました。これってかなり難しいと思いませんか。
過去だったらはっきりしています。未来もまだ起きてない事だからわかる。でも現在形って。
事実?、常日頃の事?、今の状態? いろいろなんですが、説明が難しいと思いました。
当たり前と思っている事を改めて質問さると、う〜ん、となります。

テスト前になると問題集をやりますが、過去形にしなさい、とか 現在形にしなさい、三人称単数現在のSをつけるとか、スイスイ出来てしまう子もいますが、この子はここでつまづいています。どうしましょう、、、、、はあ、、ため息


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2966. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(22:00)

------------------------------

katakuriさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>katakuriです。
>私自身は英語が嫌いになったことはないのですが、文法用語がわかってないなあ、としみじみ思ったのは息子が大学受験で予備校に行った時。のぞいてみたテキストの説明がちんぷんかんぷん。私はこんな勉強した覚えはない!と思いましたが、忘れていただけ?
>だから今は高校生には文法の話はしない様にしています。かえって分からなくしているだけの様な気がしますので。

katakuriさんが投稿してくれるとは予想していませんでしたが、
そういうことだったんですね。
しっかり勉強したはずのことをすっかり忘れていたわけですね?

そこで、高校生に文法の話をしないようにする、というところが
katakuriさんらしいですね。

>問題は中学生です。最近、中学2年生に「現在形って何?」って聞かれました。これってかなり難しいと思いませんか。
>過去だったらはっきりしています。未来もまだ起きてない事だからわかる。でも現在形って。
>事実?、常日頃の事?、今の状態? いろいろなんですが、説明が難しいと思いました。
>当たり前と思っている事を改めて質問さると、う〜ん、となります。

これはどこかで最近書いたような? 話しただけかな?
とにかく、現在形はむずかしいですよ、たしかに。
いまだに何を表現しているか、定説はないようです。

でも、ということは過去形だって、未来表現だって、
文法学者にもわかっていないはずですよね? 

>テスト前になると問題集をやりますが、過去形にしなさい、とか 現在形にしなさい、三人称単数現在のSをつけるとか、スイスイ出来てしまう子もいますが、この子はここでつまづいています。どうしましょう、、、、、はあ、、ため息

躓いている子こそ、多読向きな子かもしれません。
ぜひぜひ道は一つではないよ、みんな同じ道を歩まなくてもいいんだよと
言ってやってください。

ドーピングのことをブログで書きたかったけれど、
もう時期が遅いですね・・・ いかん、いかん・・・


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2947. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): ナビィ
日時: 2008/7/12(19:48)

------------------------------

 こんにちは。ナビィです。
 私は正直なところ、学校英語ではつまづいたことありません。けっこう英語
は好きでした。キリスト教系の学校だったので、アメリカ人のシスターがいら
っしゃって、この先生の授業のときはむっちゃ緊張しましたけどね(^^;)。な
ぜか英語嫌いにはならず、受験のときも得点源にしていました。社会人になっ
てからも、たまに新聞に載っているセンター試験の問題を解いて遊んだりして
いました。
 つまづいたのは多読を始める前のことです。ちょっとしたきっかけがあって
英語のやり直しを始め、通信教育をやってみたり、TOEICを受験したりしてい
ましたが、どうも英語ができるようになったとは思えない。トシのせいでもの
覚えが悪くなったのか?などと思いつつ、語彙力増強に走ってみたり、発音練
習に走ってみたりしてました。でも、結局どれも中途半端に終わり、やっぱり
独学では無理なのか?と挫折しかけた頃に多読に出会い、半信半疑で始めたと
ころ、途中1年の中断はあったものの、3年余り続いています。
 多読を始めた当初は英語の「勉強」という気持ちもありましたが 、今や、
すっかり「趣味」になってしまいました。今日は、"Creating a World
Without Poverty"(by Muhammad Yunus)を読み終えてご満悦です(^^)。まだ日
本語版は出ていません。多読をやっててトクしたなぁと思う瞬間です。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 2967. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(22:51)

------------------------------

ナビィさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

> こんにちは。ナビィです。
> 私は正直なところ、学校英語ではつまづいたことありません。けっこう英語
>は好きでした。キリスト教系の学校だったので、アメリカ人のシスターがいら
>っしゃって、この先生の授業のときはむっちゃ緊張しましたけどね(^^;)。な
>ぜか英語嫌いにはならず、受験のときも得点源にしていました。社会人になっ
>てからも、たまに新聞に載っているセンター試験の問題を解いて遊んだりして
>いました。

ほー! かなり幸運なほうだと思われますが・・・

> つまづいたのは多読を始める前のことです。ちょっとしたきっかけがあって
>英語のやり直しを始め、通信教育をやってみたり、TOEICを受験したりしてい
>ましたが、どうも英語ができるようになったとは思えない。トシのせいでもの
>覚えが悪くなったのか?などと思いつつ、語彙力増強に走ってみたり、発音練
>習に走ってみたりしてました。でも、結局どれも中途半端に終わり、やっぱり
>独学では無理なのか?と挫折しかけた頃に多読に出会い、半信半疑で始めたと
>ころ、途中1年の中断はあったものの、3年余り続いています。

記憶力、発音練習、ラジオの英語番組、通信講座、英会話学校、
数えるとたくさんありますね、たしかに。どれも、レールが敷いてあって、
ただそれに従って努力を続ければいいように見えるんですが、
続けるのがむずかしい! 続けさえすればどんなやり方だって、
なにか成果が出ると思いますが、ほとんどのやり方は続けるのが
むずかしい!! 

> 多読を始めた当初は英語の「勉強」という気持ちもありましたが 、今や、
>すっかり「趣味」になってしまいました。今日は、"Creating a World
>Without Poverty"(by Muhammad Yunus)を読み終えてご満悦です(^^)。まだ日
>本語版は出ていません。多読をやっててトクしたなぁと思う瞬間です。

お勉強から趣味へ! うれしいな、そういう感想を聞くのは!!

次にはぜひどの辺から、どんなきっかけで「独学でもやれるかな?」と
思ったのか、教えてくださいな。楽しみにしています。

ありがとー、ナビィさん!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3002. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): ナビィ
日時: 2008/7/15(20:40)

------------------------------

 酒井先生、こんばんは。

>> 私は正直なところ、学校英語ではつまづいたことありません。けっこう英語
>>は好きでした。キリスト教系の学校だったので、アメリカ人のシスターがいら
>>っしゃって、この先生の授業のときはむっちゃ緊張しましたけどね(^^;)。な
>>ぜか英語嫌いにはならず、受験のときも得点源にしていました。社会人になっ
>>てからも、たまに新聞に載っているセンター試験の問題を解いて遊んだりして
>>いました。

>ほー! かなり幸運なほうだと思われますが・・・

 新しい言葉との出会いが楽しいなと思って、文法も「こうやってきれいに
分解できるんだ〜!」と感動(?!)し、こわ〜いシスターの口真似を必死にや
っているうちに、なんとなく好きな科目の部類に入っていました。

>> つまづいたのは多読を始める前のことです。ちょっとしたきっかけがあって
>>英語のやり直しを始め、通信教育をやってみたり、TOEICを受験したりしてい
>>ましたが、どうも英語ができるようになったとは思えない。トシのせいでもの
>>覚えが悪くなったのか?などと思いつつ、語彙力増強に走ってみたり、発音練
>>習に走ってみたりしてました。でも、結局どれも中途半端に終わり、やっぱり
>>独学では無理なのか?と挫折しかけた頃に多読に出会い、半信半疑で始めたと
>>ころ、途中1年の中断はあったものの、3年余り続いています。

>記憶力、発音練習、ラジオの英語番組、通信講座、英会話学校、
>数えるとたくさんありますね、たしかに。どれも、レールが敷いてあって、
>ただそれに従って努力を続ければいいように見えるんですが、
>続けるのがむずかしい! 続けさえすればどんなやり方だって、
>なにか成果が出ると思いますが、ほとんどのやり方は続けるのが
>むずかしい!! 

 ほんとに、ゴールが見えてるようでなかなかたどりつけない・・。とても
もどかしい気持ちになりました。

>> 多読を始めた当初は英語の「勉強」という気持ちもありましたが 、今や、
>>すっかり「趣味」になってしまいました。今日は、"Creating a World
>>Without Poverty"(by Muhammad Yunus)を読み終えてご満悦です(^^)。まだ日
>>本語版は出ていません。多読をやっててトクしたなぁと思う瞬間です。

>お勉強から趣味へ! うれしいな、そういう感想を聞くのは!!

>次にはぜひどの辺から、どんなきっかけで「独学でもやれるかな?」と
>思ったのか、教えてくださいな。楽しみにしています。

 「独学でもやれるかな?」と思ったのは、自分ではある程度の素養はある
と思っていたからです。でも結局挫折したんですよねぇ・・。
 多読に関しては、はじめて1ヶ月ぐらいで「これはいける」と思いました。
なんか、学校で習った英語や通信教育やTOEICの英語とは雰囲気が違うけど、
こっちが本物の英語だと感じたのです。この頃はけっこうLRを好んで読んで
いました。象徴的なのはORTでの"cross"との出会いでした。絵を見れば、そ
して前後関係から推測すれば意味はわかったのですが、そういう意味は私の
"cross"という語彙の中にはありませんでした。あまりに気になったので英英
辞書を引いてみたらちゃんと載っていました。こんなに日常的に使うのに、
学校で教えないのはなんでや〜!と思い、その先は本物の英語の魅力にとり
つかれて(?!)しまったということです。このあたりで「独学オッケー」にな
ったというか、勉強から趣味の領域へ移ってしまい、現在に至ります。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 3003. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/15(20:52)

------------------------------

ナビィさん、こんばんは!

> 酒井先生、こんばんは。

>>> 私は正直なところ、学校英語ではつまづいたことありません。けっこう英語
>>>は好きでした。キリスト教系の学校だったので、アメリカ人のシスターがいら
>>>っしゃって、この先生の授業のときはむっちゃ緊張しましたけどね(^^;)。な
>>>ぜか英語嫌いにはならず、受験のときも得点源にしていました。社会人になっ
>>>てからも、たまに新聞に載っているセンター試験の問題を解いて遊んだりして
>>>いました。

>>ほー! かなり幸運なほうだと思われますが・・・

> 新しい言葉との出会いが楽しいなと思って、文法も「こうやってきれいに
>分解できるんだ〜!」と感動(?!)し、こわ〜いシスターの口真似を必死にや
>っているうちに、なんとなく好きな科目の部類に入っていました。

おー、やはり幸運だったんですね。
先生に恵まれた例ということになるかな?

>>> つまづいたのは多読を始める前のことです。ちょっとしたきっかけがあって
>>>英語のやり直しを始め、通信教育をやってみたり、TOEICを受験したりしてい
>>>ましたが、どうも英語ができるようになったとは思えない。トシのせいでもの
>>>覚えが悪くなったのか?などと思いつつ、語彙力増強に走ってみたり、発音練
>>>習に走ってみたりしてました。でも、結局どれも中途半端に終わり、やっぱり
>>>独学では無理なのか?と挫折しかけた頃に多読に出会い、半信半疑で始めたと
>>>ころ、途中1年の中断はあったものの、3年余り続いています。

>>記憶力、発音練習、ラジオの英語番組、通信講座、英会話学校、
>>数えるとたくさんありますね、たしかに。どれも、レールが敷いてあって、
>>ただそれに従って努力を続ければいいように見えるんですが、
>>続けるのがむずかしい! 続けさえすればどんなやり方だって、
>>なにか成果が出ると思いますが、ほとんどのやり方は続けるのが
>>むずかしい!! 

> ほんとに、ゴールが見えてるようでなかなかたどりつけない・・。とても
>もどかしい気持ちになりました。

ああ、こういうことも本当は意見募集するといいですね。
でも、きっと嫌がられるだろうなあ、英語産業関係者には・・・

>>> 多読を始めた当初は英語の「勉強」という気持ちもありましたが 、今や、
>>>すっかり「趣味」になってしまいました。今日は、"Creating a World
>>>Without Poverty"(by Muhammad Yunus)を読み終えてご満悦です(^^)。まだ日
>>>本語版は出ていません。多読をやっててトクしたなぁと思う瞬間です。

>>お勉強から趣味へ! うれしいな、そういう感想を聞くのは!!

>>次にはぜひどの辺から、どんなきっかけで「独学でもやれるかな?」と
>>思ったのか、教えてくださいな。楽しみにしています。

> 「独学でもやれるかな?」と思ったのは、自分ではある程度の素養はある
>と思っていたからです。でも結局挫折したんですよねぇ・・。
> 多読に関しては、はじめて1ヶ月ぐらいで「これはいける」と思いました。
>なんか、学校で習った英語や通信教育やTOEICの英語とは雰囲気が違うけど、
>こっちが本物の英語だと感じたのです。この頃はけっこうLRを好んで読んで
>いました。象徴的なのはORTでの"cross"との出会いでした。絵を見れば、そ
>して前後関係から推測すれば意味はわかったのですが、そういう意味は私の
>"cross"という語彙の中にはありませんでした。あまりに気になったので英英
>辞書を引いてみたらちゃんと載っていました。こんなに日常的に使うのに、
>学校で教えないのはなんでや〜!と思い、その先は本物の英語の魅力にとり
>つかれて(?!)しまったということです。このあたりで「独学オッケー」にな
>ったというか、勉強から趣味の領域へ移ってしまい、現在に至ります。

ありがとうございました。よくわかりました。
このあたりから「わたしはこうして立ち直った(仮称?)」の
話題になりますね。ナビィさんのこの投稿は「つまづき」投稿と一緒にして、
永久保存にしますね。

ありがっとぉー!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2948. Re: わたしはここで学校英語につまづいた!

ユーザ名(Username): いづこ
日時: 2008/7/12(22:53)

------------------------------

いづこです。
えと、「つまづいた」って?
(・・・確認中・・・)

☆いつどういうきっかけで英語嫌いになったか(酒井先生のブログより)

☆英語をはなれるきっかけになったこと(たむさんのお言葉を使わせていただいて♪)

はい、なるほど。
私は、英語は嫌いになったことはなかったです。
「言葉」自体が好きとか嫌いとかいう感覚、実はわからないのですけれど。
私は「日本語」が好きか?う〜ん、わかりません。こんな私が「英語が好き」ってどーゆーこと?
ま、いいや、そこは本題じゃないし。

英語をはなれるきっかけ・・・
気持ちとして、嫌いになってないので、英語そのものからはなれたという意識もないですが、
「学校英語」からは離れました。イコール「勉強」しなくなったのですね。

そのきっかけは、高校で求められる学習量をこなせなかったこと、かな?

何しろ根性なしなので、
意味調べはしきれない。(まるっきりしなかったかな?)
和訳や、問題を自分で解いておく予習など、ちゃんとやってなかった。
テストのとき、ココからココまでが範囲、とされる教科書や文法参考書の勉強も
やりおおせなかった。

で、成績は落ちていったのですが・・・
なんで英語自体を嫌いにならなかったのか、謎だなあ〜。笑

言葉が習得できるかどうかは、根性のあるなしで決まるもんではない!(はず!べき!)

投げ本の話題につづき、書き込まないとつまづいたことがないと思われるのがこわくて来ました。笑

いづこ@ being obsessed


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 2968. Re: わたしはここで学校英語につまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(22:56)

------------------------------

いづこさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>いづこです。
>えと、「つまづいた」って?
>(・・・確認中・・・)

>☆いつどういうきっかけで英語嫌いになったか(酒井先生のブログより)

>☆英語をはなれるきっかけになったこと(たむさんのお言葉を使わせていただいて♪)

>はい、なるほど。
>私は、英語は嫌いになったことはなかったです。

それは幸運だった!
もっとも英語の先生は大体嫌いじゃないと思われますね。

>「言葉」自体が好きとか嫌いとかいう感覚、実はわからないのですけれど。
>私は「日本語」が好きか?う〜ん、わかりません。こんな私が「英語が好き」ってどーゆーこと?
>ま、いいや、そこは本題じゃないし。

>英語をはなれるきっかけ・・・
>気持ちとして、嫌いになってないので、英語そのものからはなれたという意識もないですが、
>「学校英語」からは離れました。イコール「勉強」しなくなったのですね。

ああ、それで「学校英語につまづいた」なのですね!
英語と学校英語はちがうものだと?

>そのきっかけは、高校で求められる学習量をこなせなかったこと、かな?

>何しろ根性なしなので、
>意味調べはしきれない。(まるっきりしなかったかな?)

はっきり言いなさい! まるっきりしなかったんでしょ?

>和訳や、問題を自分で解いておく予習など、ちゃんとやってなかった。
>テストのとき、ココからココまでが範囲、とされる教科書や文法参考書の勉強もやりおおせなかった。

>で、成績は落ちていったのですが・・・
>なんで英語自体を嫌いにならなかったのか、謎だなあ〜。笑

>言葉が習得できるかどうかは、根性のあるなしで決まるもんではない!(はず!べき!)

だいさんせー!

>投げ本の話題につづき、書き込まないとつまづいたことがないと思われるのがこわくて来ました。笑

>いづこ@ being obsessed

了解です。投げ本も、つまづきもあったと・・・
でも、英語とは概して良好な関係を保てたと・・・

よかった、よかった、よかったね、いづこさん!
そして、ありがとー!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2951. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): ともちゃ
日時: 2008/7/13(10:34)

------------------------------

こんにちは。
つまづいたのってどこかな?と考えていて、
ようやく自分のなかですっきりしてきたので、
ぶらさがることにします。

私は最初から!です。
まじめな性格だったので、きちんと単語を調べて、
言われたとおり勉強するのに、
本に書いてある言葉はわけがわからない。
私にはわからないのに、わかってる人もいるらしい。
あれー?私英語苦手なのかな?できないのかな?
って思ったのが最初のつまづきです。
(中1の1学期くらい。英語の授業がはじまってすぐですね)

そのつまづきがどんどん広く深くなって傷になっていくんです。

読まされるのが嫌。
英語風に読むのは恥ずかしいし、カタカナ読みもなんだかなと思うから。
英語ができる人なら、フツーに読めるんだろうな。という思いも。

高校に入るとさらにひどくなっていきます。
長文をノートにうつし、単語を全部辞書で調べてノートに書き、
一つ一つ日本語訳を書き込んでいく。
夏休みはそれがGR(?)1冊分。
ノートに英文うつしたって、英語はできるようにならない。
毎日そこまでできる時間もない。
私は英語ができないんだ。と強く思うようになってきます。
授業中、先生に指名されて答えられないと、
お前は英語ができないんだ。と言われているように感じます。

学校英語を通じて、
英語に対する苦手意識だけが刷り込まれたようです。

これが私のつまづき・・・だけじゃないですね。
その後、立派な苦手意識に成長するまで(笑)です。
これを考えていたら、なんだかすっきりしたのですが、
書いてみたらさらにすっきりしました!
さかいせんせー、この話題をふってくれてありがとう!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2970. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(23:21)

------------------------------

ともちゃさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>こんにちは。
>つまづいたのってどこかな?と考えていて、
>ようやく自分のなかですっきりしてきたので、
>ぶらさがることにします。

はあ、すっきりって?

>私は最初から!です。
>まじめな性格だったので、きちんと単語を調べて、
>言われたとおり勉強するのに、
>本に書いてある言葉はわけがわからない。
>私にはわからないのに、わかってる人もいるらしい。
>あれー?私英語苦手なのかな?できないのかな?
>って思ったのが最初のつまづきです。
>(中1の1学期くらい。英語の授業がはじまってすぐですね)

う・・・ まじめで、しかも学校英語のおかしなところに
敏感な人はいちばん被害が大きいかも・・・

>そのつまづきがどんどん広く深くなって傷になっていくんです。

うーん、先を読むのがこわい!

>読まされるのが嫌。
>英語風に読むのは恥ずかしいし、カタカナ読みもなんだかなと思うから。
>英語ができる人なら、フツーに読めるんだろうな。という思いも。

>高校に入るとさらにひどくなっていきます。
>長文をノートにうつし、単語を全部辞書で調べてノートに書き、
>一つ一つ日本語訳を書き込んでいく。
>夏休みはそれがGR(?)1冊分。
>ノートに英文うつしたって、英語はできるようにならない。
>毎日そこまでできる時間もない。
>私は英語ができないんだ。と強く思うようになってきます。
>授業中、先生に指名されて答えられないと、
>お前は英語ができないんだ。と言われているように感じます。

そうなんですね、英語の先生って、調べてこなかったり、
発音がちゃんとできないと、まるで人間じゃないみたいに
冷たい目で見る、きつい言葉をかけてくる・・・

>学校英語を通じて、
>英語に対する苦手意識だけが刷り込まれたようです。

>これが私のつまづき・・・だけじゃないですね。
>その後、立派な苦手意識に成長するまで(笑)です。
>これを考えていたら、なんだかすっきりしたのですが、
>書いてみたらさらにすっきりしました!
>さかいせんせー、この話題をふってくれてありがとう!

わー、こんな風に感謝されるとは思いませんでしたよ。
複雑な気持ちですよ、ぼくは、ともちゃさん・・・
だって、そういう残酷なことをぼく自身もしてきたからね。
それが反省して、こういう話題を振っているわけでね。
複雑な気持ちです。

でもね、ありがとう!といってくれて、ありがとー、ともちゃさん!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[楽] 2952. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): ふ〜ん
日時: 2008/7/13(13:26)

------------------------------

 こんにちは、ふ〜んです。
今日も夕立(嵐?)が来そうですね。

どうせ書くならせんせーの盲点を(^^;

子供の頃から書くのが遅いんです。
で、がんばって黒板を写していると、教師の説明なんか耳に入りません。
でも、ノートの提出があるので写さないわけにはいきません。

と言ったところでしょうか。
英語以前に、小学校のころからオチこぼれていたんですね(^^;


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[はてな] 2971. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(23:26)

------------------------------

ふ〜んさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

> こんにちは、ふ〜んです。
>今日も夕立(嵐?)が来そうですね。

来そうで来なかったですね、この辺は。
来てほしかった。きのうは高校野球観戦中に大粒の雨でびっしょり。
試合再開まで1時間半、始まったらすぐに乾いたけどね。

>どうせ書くならせんせーの盲点を(^^;

はい、どこもかしこもモーテンだらけですから。

>子供の頃から書くのが遅いんです。
>で、がんばって黒板を写していると、教師の説明なんか耳に入りません。
>でも、ノートの提出があるので写さないわけにはいきません。

>と言ったところでしょうか。
>英語以前に、小学校のころからオチこぼれていたんですね(^^;

これを読んでぼくが思ったのは、学校の授業が
英語も国語も、DVD多読・多聴だったらふ〜んさん落ちこぼれなかった
のではないかと・・・

つまり、いままでの学校は「字」に限りすぎているのではないかな?
「音」をもっと(そして映像を)重視すれば、落ちこぼれるどころか、
才能を発揮できるこどもがもっとずっと多くなるのではないか?

(文科省がそんなことやるわけないですが・・・)

ふ〜んさん、音と映像のこと、がんばろうね! ありがとぉー!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[う〜む] 2976. Re: わたしはここですっころんだ!

ユーザ名(Username): ふ〜ん
日時: 2008/7/14(01:17)

------------------------------

 こんばんは、ふ〜んです。

"さかい@tadoku.org"さんは[url:kb:2971]で書きました:
>ふ〜んさん、こんばんは!
>さかい@tadoku.orgです。

いっぱいのお返事ご苦労様です。

>> こんにちは、ふ〜んです。
>>今日も夕立(嵐?)が来そうですね。

>来そうで来なかったですね、この辺は。
>来てほしかった。きのうは高校野球観戦中に大粒の雨でびっしょり。
>試合再開まで1時間半、始まったらすぐに乾いたけどね。

昨日は、台風みたいな状態でした。

>>どうせ書くならせんせーの盲点を(^^;

>はい、どこもかしこもモーテンだらけですから。

>>子供の頃から書くのが遅いんです。
>>で、がんばって黒板を写していると、教師の説明なんか耳に入りません。
>>でも、ノートの提出があるので写さないわけにはいきません。

>>と言ったところでしょうか。
>>英語以前に、小学校のころからオチこぼれていたんですね(^^;

>これを読んでぼくが思ったのは、学校の授業が
>英語も国語も、DVD多読・多聴だったらふ〜んさん落ちこぼれなかった
>のではないかと・・・

>つまり、いままでの学校は「字」に限りすぎているのではないかな?
>「音」をもっと(そして映像を)重視すれば、落ちこぼれるどころか、
>才能を発揮できるこどもがもっとずっと多くなるのではないか?

いえ、本も好きですよ。
ただ、教科書が面白くないだけです。

記憶に関して言えば、特別な人でなくてもアニメソングの10や20は記憶しています。
ひいきのチームのシュートやホームランのシーンを延々語れる人も多いはず。
ここなら、好きな本は?と言ったら・・・100冊くらい上がるかもしれません。
好きな作家が本屋さんのどこに並んでいるかも覚えているでしょう。
(ブッククラブと研究室、他数件の本屋さんの棚はだいたい記憶しています)
ノートに10回書いたりする人など居ないと思いますが<中には居るかもしれませんが

楽しい事は、努力しなくても覚えられます。
ノートを取ったり、暗唱しなければ覚えられないのは面白くないからです。
多くの教師が書かせたり言わせたりするのは、授業が面白くないと証明しているようなものではないでしょうか。
(カリキュラムの問題も含んでますが)

授業を受けるよりは、NHK教育の番組の方が楽しく覚えられます。

>(文科省がそんなことやるわけないですが・・・)

それくらいの技量が有る人は、民間に行っちゃいますね。

>ふ〜んさん、音と映像のこと、がんばろうね! ありがとぉー!!

Flicka(児童書の映画化)がレンタル開始になりましたよぉ<難しいけど
BigToeで、Holesが15日から始まりますよ。

ではでは。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2987. Re: わたしはここですっころんだ!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/14(22:57)

------------------------------

ふ〜んさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

> こんばんは、ふ〜んです。

>"さかい@tadoku.org"さんは[url:kb:2971]で書きました:
>>ふ〜んさん、こんばんは!
>>さかい@tadoku.orgです。

>いっぱいのお返事ご苦労様です。

>>> こんにちは、ふ〜んです。
>>>今日も夕立(嵐?)が来そうですね。

>>来そうで来なかったですね、この辺は。
>>来てほしかった。きのうは高校野球観戦中に大粒の雨でびっしょり。
>>試合再開まで1時間半、始まったらすぐに乾いたけどね。

>昨日は、台風みたいな状態でした。

あしたまた試合があるのですが、授業直前なので行けません。

>>>どうせ書くならせんせーの盲点を(^^;

>>はい、どこもかしこもモーテンだらけですから。

>>>子供の頃から書くのが遅いんです。
>>>で、がんばって黒板を写していると、教師の説明なんか耳に入りません。
>>>でも、ノートの提出があるので写さないわけにはいきません。

>>>と言ったところでしょうか。
>>>英語以前に、小学校のころからオチこぼれていたんですね(^^;

>>これを読んでぼくが思ったのは、学校の授業が
>>英語も国語も、DVD多読・多聴だったらふ〜んさん落ちこぼれなかった
>>のではないかと・・・

>>つまり、いままでの学校は「字」に限りすぎているのではないかな?
>>「音」をもっと(そして映像を)重視すれば、落ちこぼれるどころか、
>>才能を発揮できるこどもがもっとずっと多くなるのではないか?

>いえ、本も好きですよ。
>ただ、教科書が面白くないだけです。

ありゃりゃ、そうですか。間違えました!

>記憶に関して言えば、特別な人でなくてもアニメソングの10や20は記憶しています。
>ひいきのチームのシュートやホームランのシーンを延々語れる人も多いはず。
>ここなら、好きな本は?と言ったら・・・100冊くらい上がるかもしれません。
>好きな作家が本屋さんのどこに並んでいるかも覚えているでしょう。
>(ブッククラブと研究室、他数件の本屋さんの棚はだいたい記憶しています)
>ノートに10回書いたりする人など居ないと思いますが<中には居るかもしれませんが

>楽しい事は、努力しなくても覚えられます。
>ノートを取ったり、暗唱しなければ覚えられないのは面白くないからです。
>多くの教師が書かせたり言わせたりするのは、授業が面白くないと証明しているようなものではないでしょうか。
>(カリキュラムの問題も含んでますが)

その通りですね。楽しいことはするするっと頭にはいる。
今日の昼に作った讃岐うどんのように!

>授業を受けるよりは、NHK教育の番組の方が楽しく覚えられます。

そうですか! 覚えられますか? 
ぼくは覚えられそうもない・・・ 歳かもしれません・・・

>>(文科省がそんなことやるわけないですが・・・)

>それくらいの技量が有る人は、民間に行っちゃいますね。

>>ふ〜んさん、音と映像のこと、がんばろうね! ありがとぉー!!

>Flicka(児童書の映画化)がレンタル開始になりましたよぉ<難しいけど
>BigToeで、Holesが15日から始まりますよ。

>ではでは。

Big ToeのHolesとは楽しみ! ドラマ化でしょうね?


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2953. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(20:20)

------------------------------

たむさん、みなさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

実に貴重な、痛切な体験を語ってくださって、
本当にありがとうございます。
ブログでも書きましたが、メールや投稿で寄せてくださった報告は
すべて新しい村の入り口に置くことにします。
英語で苦しむ日本中の人が
「あ、この村は気楽そう、住み心地がよさそう」
と言ってくれるでしょう。
外国語への敷居をとても低くしてくれるに違いありません。

で、きょうは「わたしはここでつまづいた!」の日とすることにして、
できるだけたくさんお返事を書きます・・・

"たむ"さんは[url:kb:2917]で書きました:
>今でも覚えています。40数年前、高校の教室で
>教師が仮定法をいくつも書いて、覚えろと言った
>のでした。

>なんと言うか、こんなバカなことにはついていけない
>と妙に冷静だったことを覚えています。

「こんなバカなことにはついていけない」と思われたことに
敬服します。ぼくなんかは、そのままあのバカな例文を
しっかり覚えて、試験でもよい成績をとり、その後そうした
学校英語の「おきまり」をunlearnするのに、大変な時間が
かかりました。

>全国模試の問題で、わけがわからんけどなんかピストルが
>発射されて誰かが死んだのか、と読み取った!文章が、
>正解をみるとまったく違っていたのにも微苦笑しました。
>英語をはなれるきっかけになりました。

>たむ

ばかな模試をきっかけに「英語」を離れて正解だったのでは
ないでしょうか?

それはunlearnのきっかけにはなりませんでしたか?
あ、いや、それはいつかみなさんに書いていただく
「再起(?)のきっかけ?」「憑き物はこうした落ちた?」の
話題かもしれませんね。

たむさん、投稿第1号、ありがとうございました!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2964. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): のんた
日時: 2008/7/13(21:40)

------------------------------

まず、発音できない。(今でもだけど)
 すんごくきれいに発音できる友人が羨ましかった。
(彼女は英語塾の娘で、毎年外人がホームスティしていた)
 だけど、彼女のように発音するのは不可能だと思った。
 人前で声を出すのが恥ずかしいし、赤面恐怖症気味だったし
 (え、今の私からは考えられないっていっているのは誰ですか?!)
 で、下手だから人前で話す気になれない。

 中学の教師が、このできる友人をあからさまにめちゃ贔屓。
 その上暴君の教師だったので、ちょっとでもミスすると
 出席簿でぶたれる。席で立ったままにさせられる。
 恥ずかしいのと恐いので、必死に予習はしたけど、
 とにかく英語の授業は、震えていて、早く時間過ぎて!と
 心で叫んでいた。
  おかげで、中学レベルの基礎英語は問題なくこなせるようになっ
 たけど、英語でミスをする恐怖は、トラウマとなりました。
 
  適当に近い高校を選んだせいで、たいした勉強をしなくても
 上位にいられた。それが、悪かった。中学の反動で
 まったく英語を勉強しなくなった。
というか、もしかすると、中学の恐い体験のせいで、生理的に英語を早く忘れ去りたかったのかも。ほら、恐怖を消し去ろうとする作用が人間にはあるというじゃないですか(笑)
 他の科目と違って勉強してないとあっという間に下がっていく成績。おぉ。
  その上、教師がこれまた、クソつまらない授業をする。
 いわゆる消化授業。時々間違えて同じとこやってたりする。
  予習するのも面倒なので、教科書ガイドをそのまま持ち込み
 当てられたら、それを見て答えて、それ以外は寝てるか
 漫画読んでるか。生徒も教師もやる気な〜〜〜し!
  まったく勉強していないまま受験期に突入し、模試で撃沈。
 あぁ、私こんなにも英語ができない!!と再確認。
  特に英作文なるものは、まったく太刀打ちできませんでした。
  英語でいやだったものは、英作文と訳読と文法。(全部か)
  受験致命的。  半年間の出る単丸暗記だけをたよりに
  受験で英語が楽そうなところだけ選んでなんとかすりぬけました。
   でも、英語があまりに嫌いになっていたので、
  第一外国語は中国語にしてしまいました。もちろん、
  これならスタートがいっしょだから、なんとかなるという下心で。
  
   とにかく、私の場合、文法より何より、教師です。
  教師が最低でした!どの英語教師も今思い出しても大嫌い。
  キャラ的にも内容的にも魅力無し。 
   もっと雑談や英語圏の話なんかしてくれる人だったら
  違ったのになぁと思いますね。
  唯一、受験期に短期間通った、長文読解特化の私塾の先生が、
  私の訳文を「日本語がこなれてていいわね」とほめてくれたことが、
  私の英語学習歴の中でのたった一つのいい思い出です。
  (いや、ほめられたのは日本語だったんですけど、てか、わからないから想像で話作って書いてただけ(笑))


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2972. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/13(23:36)

------------------------------

のんたさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>まず、発音できない。(今でもだけど)
> すんごくきれいに発音できる友人が羨ましかった。
>(彼女は英語塾の娘で、毎年外人がホームスティしていた)
> だけど、彼女のように発音するのは不可能だと思った。
> 人前で声を出すのが恥ずかしいし、赤面恐怖症気味だったし
> (え、今の私からは考えられないっていっているのは誰ですか?!)
> で、下手だから人前で話す気になれない。

のんたさんが赤面恐怖症? などと疑ってはいけませんね。
どこかで大変身を遂げたのでしょう。どんな可能性だってあるはず。

> 中学の教師が、このできる友人をあからさまにめちゃ贔屓。
> その上暴君の教師だったので、ちょっとでもミスすると
> 出席簿でぶたれる。席で立ったままにさせられる。
> 恥ずかしいのと恐いので、必死に予習はしたけど、
> とにかく英語の授業は、震えていて、早く時間過ぎて!と
> 心で叫んでいた。
>  おかげで、中学レベルの基礎英語は問題なくこなせるようになっ
> たけど、英語でミスをする恐怖は、トラウマとなりました。

またしても先生の問題ですね。
先生方−、お互い肝に銘じましょうねえ!! 読んでいてくれよー!!!

>  適当に近い高校を選んだせいで、たいした勉強をしなくても
> 上位にいられた。それが、悪かった。中学の反動で
> まったく英語を勉強しなくなった。
> というか、もしかすると、中学の恐い体験のせいで、生理的に英語を早く忘れ去りたかったのかも。ほら、恐怖を消し去ろうとする作用が人間にはあるというじゃないですか(笑)
> 他の科目と違って勉強してないとあっという間に下がっていく成績。おぉ。
>  その上、教師がこれまた、クソつまらない授業をする。
> いわゆる消化授業。時々間違えて同じとこやってたりする。

やはり先生の存在は大きい、よきにつけ、あしきにつけ・・・

>  予習するのも面倒なので、教科書ガイドをそのまま持ち込み
> 当てられたら、それを見て答えて、それ以外は寝てるか
> 漫画読んでるか。生徒も教師もやる気な〜〜〜し!
>  まったく勉強していないまま受験期に突入し、模試で撃沈。
> あぁ、私こんなにも英語ができない!!と再確認。
>  特に英作文なるものは、まったく太刀打ちできませんでした。
>  英語でいやだったものは、英作文と訳読と文法。(全部か)
>  受験致命的。  半年間の出る単丸暗記だけをたよりに
>  受験で英語が楽そうなところだけ選んでなんとかすりぬけました。
>   でも、英語があまりに嫌いになっていたので、
>  第一外国語は中国語にしてしまいました。もちろん、
>  これならスタートがいっしょだから、なんとかなるという下心で。

のんたさんもそうでしたか!
切り抜け方といい、入試で英語を避けることといい、
第一外国語を英語以外にすることといい・・・

みなさん、英語嫌いも不得意も、あなただけではない!

>   とにかく、私の場合、文法より何より、教師です。
>  教師が最低でした!どの英語教師も今思い出しても大嫌い。
>  キャラ的にも内容的にも魅力無し。 

英語という教科そのものに内容がないという厳しい指摘がありましたが、
ついに英語の先生の人間性までも厳しい批判にさらされております。
でも、当たっている・・・ そういえば・・・
きつい・・・ けど、当たっている・・・ うわぁっぁ・・・

>   もっと雑談や英語圏の話なんかしてくれる人だったら
>  違ったのになぁと思いますね。
>  唯一、受験期に短期間通った、長文読解特化の私塾の先生が、
>  私の訳文を「日本語がこなれてていいわね」とほめてくれたことが、
>  私の英語学習歴の中でのたった一つのいい思い出です。
>  (いや、ほめられたのは日本語だったんですけど、てか、わからないから想像で話作って書いてただけ(笑))

これはブログに書いたじゅんじゅんさんの
「英語の最小単位は語ではない」という題の記事とそっくり!

せにょーるさんの「びゅんびゅんさん」の記事も読んでください。

こんなところでおなじとは、奇遇ですなあ・・・

で、のんたさん、ありがとー!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2979. Re: おじゃましまーす

ユーザ名(Username): じゅんじゅん
日時: 2008/7/14(11:57)

------------------------------

のんたさん、酒井先生、こんにちは!
横からお邪魔しまーす。じゅんじゅんです。

わたしもいっちょ書いてみるかー!と思いみなさんの投稿を読ませてもらってました。
(覚悟はしてましたが、いやー、みなさんのおっしゃっていることの「内容」が、
 爪の先ほども分からない!)

そんななか、自分の名前がでていたのでちょっと反応しちゃいます。

>>   もっと雑談や英語圏の話なんかしてくれる人だったら
>>  違ったのになぁと思いますね。
>>  唯一、受験期に短期間通った、長文読解特化の私塾の先生が、
>>  私の訳文を「日本語がこなれてていいわね」とほめてくれたことが、
>>  私の英語学習歴の中でのたった一つのいい思い出です。
>>  (いや、ほめられたのは日本語だったんですけど、てか、わからないから想像で話作って書いてただけ(笑))

>これはブログに書いたじゅんじゅんさんの
>「英語の最小単位は語ではない」という題の記事とそっくり!

わたしの勘違いかもしれませんが、「そっくり」なのはブログの記事ではなく、
酒井先生の口頭でお話した話しなような気がします・・。

というか、のんたさんの投稿を読んでいたときに、
「あ、これ、わたしもあるー!」と思い出した話しがそっちなのです。
ですので、そのときの話しを書かせてくださーい!と、強引にお邪魔します。

では、参ります(笑)。
(ただの世間話なので、てきとーに読み流してください)

わたし、多読を始める数年前に転職活動をしていたんです。
そのときに受けた会社で、数学と英語のペーパーテストがあったんです。
で、その英語のテストっていうのが、
A4・1枚の英文で、問いは「訳してください。以上!」というものでした。

もうこんなの絶対無理〜!と思いました。
英語のテストなんて×と△しかもらった記憶がない。
そんなわたしが、これも何か書いたところで・・・ねえ?(笑)

でも、せっかくのチャンスを無にするのももったいなく、
英文を眺めていたら、そこに書かれている内容が分かったんです。
「あー、なるほど、こういう話しなんだー」って。

とはいえ、何か書いたところで、どうせ×か△・・。
(文章を訳す問題なんて、ほんと、△の記憶しかない!)
そんな答案じゃ恥ずかしいから書くのやめようかな。
でもやっぱり、「ここに書いてあることは分かってるよ!」というのだけは
採点者には伝えたいな・・。

と、さんざん葛藤したあげく、自分の感じるまま好きなように書いちゃいました。
もとの英文はコメディだったので(というかコントっぽい)、
そこが伝わるよう、会話もオチに合うようおもしろおかしく書きました。

で、テストも終了した帰り道、
この会社はこれで落ちたと思うけど、まあ、いいか。
なんて考えながら家に帰りついたところ、
その会社から最終面接のお誘いの電話があったんです。

ビックリしつつ最終面接に臨んだところ、面接官が言うには、

「英語、とてもおできになるんですね」
「いままでたくさんの回答や、もちろん、このテストについている模範解答もあるんですが、
 あなたの回答が一番おもしろく、書かれている内容とぴったりだと思いました」
「履歴書には何も書かれてませんが、海外での生活のご経験が?」

だってー!!!
今度はこれにビックリして、頭真っ白でしどろもどろになって
この件に関して何も答えられなくなってしまい、
(これだけが原因じゃないと思うけど)この最終面接で落ちてしまいました(爆)。

そして、この体験って「転職活動失敗!」という記憶ではなく、
ずっと感じつづけていた「英語が分かるってなんだろう?」という疑問に
またひとつ波紋を起こした出来事として記憶に残っています。

(いま思うのは、これは「翻訳」としてほめてもらったんですね。きっと)

ではでは、お邪魔しましたー!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2973. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): めがねっこ
日時: 2008/7/14(00:26)

------------------------------

こんばんは! めがねっこです☆

最近、専門学校の勉強につまづいていて、しばらくメールも掲示板も書けませんでした。
(酒井先生、メールのお返事のお礼が送れなくてすみませんでした)

今日も英検二級の二次試験受けてきて、つまづきました。
「じゃあ、受けるなよ、自分」と自分で自分をつっこみたくなりますが、
合否なんてもうどうでもいいです。

そんなこんなで、「わたしはここでつまづいた!」話し。

まずは中学校の英語につまづきました。
中学英語できないのツケは後々まで尾を引いて、
単語が正確につづれないのが多いのと、
不規則動詞の変化がいまだに完全に暗記できていません。

次に高校の英語につまづきました。
単語が覚えられない!
文法が分からない!

続いて大学受験の英語につまづきました。
予備校に行ったのに浪人しました。
予備校に怒りを感じたので、(逆恨みですね)
一年間自宅浪人して猛勉強して第一志望(いわゆる難関校ではない)受かりました(もう意地ですね)。

大学は、英文学科も受かりましたが、
そのころにはすごい英語アレルギーになっていたので、
迷わず英語とは関係ない文系の学科へ。

でも、大学が、英語ができる人が多くて困りました。
なんてったって、入試の傾向と対策を徹底的に分析して(ドーピング?)
入っちゃった私ですから、実力がない。
長年のツケが回ってくる状況になりました。

まず、専門科目の外書講読(英語)の先生には、「和訳を一生懸命やっているのはわかるけど、意味が通じるかどうか……」とみんなの前で言われました。

そして、言語科目の英語の先生には、「(私の発音を聞いて)耳がいいから、もっと英会話を勉強したほうがいいよ」、
私「どうしたら英語できるようになりますか?」、
先生「学問に王道なし」。

挙句の果てには、就職課の職員さんに一対一でアドバイスをもらっていた時、私のTOEICを見て、「こんな点数じゃ恥ずかしいよ」。(当時400点くらいだった)

大学出てから、英語系の専門学校入ってからも、小さなつまづきはたくさんあります。
まだ大学のほうが良かった(>_<)
だって大学には、GRも児童書もPBもわんさかとあって、借りまくってたもの……(ああ懐かしき楽しい日々)

以上、「わたしはここでつまづいた!」でした。
あー、すっきりしました。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2984. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/14(22:13)

------------------------------

家ではめがねっこで、外ではコンタクトのめがねっこさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>こんばんは! めがねっこです☆

>最近、専門学校の勉強につまづいていて、しばらくメールも掲示板も書けませんでした。
>(酒井先生、メールのお返事のお礼が送れなくてすみませんでした)

いえいえ、いいんですよ、早いとこ専門学校に見切りをつけてさえ
くだされば・・・ 冗談です!

>今日も英検二級の二次試験受けてきて、つまづきました。
>「じゃあ、受けるなよ、自分」と自分で自分をつっこみたくなりますが、
>合否なんてもうどうでもいいです。

そう、いいぞ、英検のごーひなんて、もーどーでもいー!

>そんなこんなで、「わたしはここでつまづいた!」話し。

>まずは中学校の英語につまづきました。
>中学英語できないのツケは後々まで尾を引いて、
>単語が正確につづれないのが多いのと、
>不規則動詞の変化がいまだに完全に暗記できていません。

どっちもいまのままでいいぞー!
単語なんか正確につづれなくていーし、
不規則動詞の変化なんか、わすれっちまえー!

>次に高校の英語につまづきました。
>単語が覚えられない!
>文法が分からない!

いいぞ、いいぞー!
単語なんか、おぼえるなー!!
文法なんか、ふっとばせー!!!

>続いて大学受験の英語につまづきました。
>予備校に行ったのに浪人しました。
>予備校に怒りを感じたので、(逆恨みですね)
>一年間自宅浪人して猛勉強して第一志望(いわゆる難関校ではない)受かりました(もう意地ですね)。

>大学は、英文学科も受かりましたが、
>そのころにはすごい英語アレルギーになっていたので、
>迷わず英語とは関係ない文系の学科へ。

単語覚えようとしたり、文法を理解したりしようとしたから
アレルギーになったのです、おそらく。
(もちろん、そうさせた英語の先生たちがアレルギー症状を悪化させた
でしょうね。)

>でも、大学が、英語ができる人が多くて困りました。
>なんてったって、入試の傾向と対策を徹底的に分析して(ドーピング?)
>入っちゃった私ですから、実力がない。
>長年のツケが回ってくる状況になりました。

>まず、専門科目の外書講読(英語)の先生には、「和訳を一生懸命やっているのはわかるけど、意味が通じるかどうか……」とみんなの前で言われました。

でも、そういう人はいくらもいたけどなあ。
めがねっこさんだけではないよ。

>そして、言語科目の英語の先生には、「(私の発音を聞いて)耳がいいから、もっと英会話を勉強したほうがいいよ」、
>私「どうしたら英語できるようになりますか?」、
>先生「学問に王道なし」。

>挙句の果てには、就職課の職員さんに一対一でアドバイスをもらっていた時、私のTOEICを見て、「こんな点数じゃ恥ずかしいよ」。(当時400点くらいだった)

うーん、我が電気通信大学の状況についてはノーコメント。

>大学出てから、英語系の専門学校入ってからも、小さなつまづきはたくさんあります。
>まだ大学のほうが良かった(>_<)
>だって大学には、GRも児童書もPBもわんさかとあって、借りまくってたもの……(ああ懐かしき楽しい日々)

>以上、「わたしはここでつまづいた!」でした。
>あー、すっきりしました。

めがねっこさんがすっきりして、うれしいです。
この話題ですっきりしたという人が何人もいて、思わぬ収穫!

ぜひまた様子を知らせてください。
多読を中心にした方が結局早いとおもー・・・

だから、Happy reading!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3140. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): めがねっこ
日時: 2008/7/22(17:31)

------------------------------

こんにちは! めがねっこです☆

>>今日も英検二級の二次試験受けてきて、つまづきました。
>>「じゃあ、受けるなよ、自分」と自分で自分をつっこみたくなりますが、
>>合否なんてもうどうでもいいです。

>そう、いいぞ、英検のごーひなんて、もーどーでもいー!

英検の後日談……今日どーでもいー英検二級に合格しました!

英検は、学校英語なのかな?、とか、
一次試験のリスニングがゆっくりすぎて「極端形」なのか?とか、
二次試験の試験官の英語が聞き取れないのは、私のせい? それとも日本人英語(私の気のせい?)なの?とか、
SSSの頃でもこども式でも英検は以前から評判悪いなー、とか
数々の疑問がわきましたが、
とりあえず、ご報告にきました。

一次試験前にドーピング(対策本)しなかったし、二次試験前にはちょっと練習問題を読んで練習しただけなので、多読・多聴・シャドーイングの結果かと思いますが。

それにしても、SSSの過去の記事を読んでいたら、たまたま、
イングリッシュジャーナルがドーピングと言われているような記事を見かけましたが、(TOEIC関連の話題でした)
ドーピングに入るのでしょうか?

それはまあともかくとして、最近は、先月買ったiPodと、先日買った超キリン読みのJane Eyreが楽しいです。
(Jane Eyreは投げたら本棚に飾ろうと思ってます)

Happy reading & listening & shadowing!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3148. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): たかぽん
日時: 2008/7/23(00:19)

------------------------------

めがねっこさん、こんばんは! たかぽんです。

>こんにちは! めがねっこです☆

>>>今日も英検二級の二次試験受けてきて、つまづきました。
>>>「じゃあ、受けるなよ、自分」と自分で自分をつっこみたくなりますが、
>>>合否なんてもうどうでもいいです。

>>そう、いいぞ、英検のごーひなんて、もーどーでもいー!

>英検の後日談……今日どーでもいー英検二級に合格しました!
 
 
おめでとうございます!!
 
 
>英検は、学校英語なのかな?、とか、
>一次試験のリスニングがゆっくりすぎて「極端形」なのか?とか、
>二次試験の試験官の英語が聞き取れないのは、私のせい? それとも日本人英語(私の気のせい?)なの?とか、
>SSSの頃でもこども式でも英検は以前から評判悪いなー、とか
>数々の疑問がわきましたが、
>とりあえず、ご報告にきました。

英検の良し悪しは私にはわかりませんが、やっぱり、受かってええんとちゃうの?
けっこうなこととちゃうの?と思ったりします。
ふたたび、おめでとーございます!!

そういえば、昔に英検受けまして、最初の面接官が日本人のおっちゃんで、
会ったときから相性悪そうで、案の定落ちました・・・
二回目の面接官は、ネイティブっぽいお兄さんで、なんかとても和やかに進んで、
結果、合格でした。
なんか、そういうのもありそうですよね。

>一次試験前にドーピング(対策本)しなかったし、二次試験前にはちょっと練習問題を読んで練習しただけなので、多読・多聴・シャドーイングの結果かと思いますが。

すごいですね。
私、多読始めてからまだ英語の試験を受けたことがないのですが、
受けるならこういうふうに受けたい、という、理想的な受け方ですね。
(でも、私なら、小心者だからいっぱいドーピングしてしまうかも・・・)

>それにしても、SSSの過去の記事を読んでいたら、たまたま、
>イングリッシュジャーナルがドーピングと言われているような記事を見かけましたが、(TOEIC関連の話題でした)
>ドーピングに入るのでしょうか?

どうなんでしょう?
まぁ、いいと思うこと、何でもやってみたらいいと思うんですけどね。

>それはまあともかくとして、最近は、先月買ったiPodと、先日買った超キリン読みのJane Eyreが楽しいです。
>(Jane Eyreは投げたら本棚に飾ろうと思ってます)

なんと! Jane Eyreですか。。 すごい。しかも楽しんでおられるとは・・・
(余談ですが、私、ジェーン・エア、女性パイロットの話だと思ってたことがあります。
 バイオニック・ジェミーみたいな・・・ 閑話休題)
楽しめるだけ楽しんでください。

>Happy reading & listening & shadowing!

ハッピーで!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3166. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): めがねっこ
日時: 2008/7/23(22:35)

------------------------------

たかぽんさん、はじめまして! めがねっこです♪
レスありがとうございまーす!

>めがねっこさん、こんばんは! たかぽんです。

>>こんにちは! めがねっこです☆

>>>>今日も英検二級の二次試験受けてきて、つまづきました。
>>>>「じゃあ、受けるなよ、自分」と自分で自分をつっこみたくなりますが、
>>>>合否なんてもうどうでもいいです。

>>>そう、いいぞ、英検のごーひなんて、もーどーでもいー!

>>英検の後日談……今日どーでもいー英検二級に合格しました!
 
>おめでとうございます!!

ありがとうございます!
 
>>英検は、学校英語なのかな?、とか、
>>一次試験のリスニングがゆっくりすぎて「極端形」なのか?とか、
>>二次試験の試験官の英語が聞き取れないのは、私のせい? それとも日本人英語(私の気のせい?)なの?とか、
>>SSSの頃でもこども式でも英検は以前から評判悪いなー、とか
>>数々の疑問がわきましたが、
>>とりあえず、ご報告にきました。

>英検の良し悪しは私にはわかりませんが、やっぱり、受かってええんとちゃうの?
>けっこうなこととちゃうの?と思ったりします。
>ふたたび、おめでとーございます!!

ふたたび、ありがとーございます!

>そういえば、昔に英検受けまして、最初の面接官が日本人のおっちゃんで、
>会ったときから相性悪そうで、案の定落ちました・・・
>二回目の面接官は、ネイティブっぽいお兄さんで、なんかとても和やかに進んで、
>結果、合格でした。
>なんか、そういうのもありそうですよね。

そういうのってあるかもですねー。

>>一次試験前にドーピング(対策本)しなかったし、二次試験前にはちょっと練習問題を読んで練習しただけなので、多読・多聴・シャドーイングの結果かと思いますが。

>すごいですね。
>私、多読始めてからまだ英語の試験を受けたことがないのですが、
>受けるならこういうふうに受けたい、という、理想的な受け方ですね。
>(でも、私なら、小心者だからいっぱいドーピングしてしまうかも・・・)

英検二級の対策本を買ってはみたけど、やる気なしでやらなかったんです(汗)
TOEICの対策本もいくつか持っていますが、最初だけちょっとやって、最後までやり遂げられないんです。
Grammar in Useも初級と中級を持っていますが、最後までやり遂げられません。

>>それにしても、SSSの過去の記事を読んでいたら、たまたま、
>>イングリッシュジャーナルがドーピングと言われているような記事を見かけましたが、(TOEIC関連の話題でした)
>>ドーピングに入るのでしょうか?

>どうなんでしょう?
>まぁ、いいと思うこと、何でもやってみたらいいと思うんですけどね。

英語ニュースと英字新聞が好きではないんです。
イングリッシュ・ジャーナルのインタビューものなら聴き続けられます。
英語聞きながら日本語で読む(数回)→英語で聴き読みする(数回)→何も見ないでずっと聴く、という順番で。
知らない単語は無視するし、聞き取れなくても気にしないので。

>>それはまあともかくとして、最近は、先月買ったiPodと、先日買った超キリン読みのJane Eyreが楽しいです。
>>(Jane Eyreは投げたら本棚に飾ろうと思ってます)

>なんと! Jane Eyreですか。。 すごい。しかも楽しんでおられるとは・・・
>(余談ですが、私、ジェーン・エア、女性パイロットの話だと思ってたことがあります。
> バイオニック・ジェミーみたいな・・・ 閑話休題)
>楽しめるだけ楽しんでください。

「バイオニック・ジェミー」を知らないのですが……。
ウィキペディアを見たら、1976年から1978年にかけて制作って書いてありました。
生まれてない、私(爆)

それはともかくとして(笑)、Jane Eyreですが、
Penguin Popular Classicsなので、たぶん原著だと思って買ったのですが、
(インターネットでも読めるかもしれないけど、私は本の形のほうが読みやすい)
ほぼ眺めているだけで、時々理解できる程度です(爆)
超キリンですね。
まあ、楽しければいいかなと思っています。
GRでPGRでもOBWでも読んだので、あらすじは頭に入っていますが、
翻訳本を読んでいないので、細かなところは知りません。
でも海外の名作の翻訳本って苦手なんですよー。ほとんどが古い日本語なので、読みづらくて……。(とくに岩波文庫みたいなもの!)

>>Happy reading & listening & shadowing!

>ハッピーで!

たかぽんさんもハッピーで!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2981. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): みぃみぃ
日時: 2008/7/14(13:30)

------------------------------

私は中学・高校と英語大好きでした。
中学生時代は、英語の先生が音楽の大好きな先生で、授業
そっちのけでビリー・ジョエルやビートルズの歌を皆で
覚えて歌っていました。
私は音楽が大好きだったので、授業が楽しくて・・・
先生が大好きだったので自然と勉強も楽しくて・・・

高校は実業科だったので、どちらかといえば理数系。
英語の授業はかなりテキトーでした。
私は理数系の科目があまり得意ではなかったのでそっち
ばっかり勉強してました。
高校を卒業したら就職する予定だったので、そこそこ
できていればオッケーという恵まれた環境でした(笑)

その後、就職してしばらくしてふと
「これからは技術者も英語が必要になるかも」
と思ったことがきっかけで突然英会話の勉強を始めて
(この辺は酒井先生のブログに載せてもらいましたね)
いろいろ試して(マラソンもしたし、英会話学校も)
TOEICも800点越えて、英検準1級も一発合格。

仕事でも英語を使う機会を与えられて、まさに
順風満帆・・・
のはずだったのですが・・・

この後、おおきなつまづきが待っていたのです。

長女の出産を理由に退職。私の生活はそれまでの仕事
中心の生活から、家庭(こども)中心の生活に
突然変わりました。

その後も英会話学校に通い続けていました。
皆、私が出産したことを知っているので、いろいろと
質問してくるんですよね
母乳か、ミルクか?とか、おむつはどうしてるの?とか
日本と彼らの国での育児の違いとか。
あとは這ったか、立ったか、歩いたか・・・
離乳食はどんなものを食べさせているのか、とか・・・

この質問に、私は
まったく答えられませんでした(汗)
そもそも、母乳やミルクって英語で何ていうのか
知りませんでした。
抱っことおんぶって英語でどういうの?
おもゆ?おかゆ?ほうれん草のすりつぶしたの?

もうパニックでした・・・

自分の英語力に底なしの不安を感じた瞬間でした。
その不安は、娘が大きくなり行動範囲が広がり
できることが増えるにつれて大きくなりました。

公園で遊んでて、転んで膝を擦りむいちゃって〜
そろそろ歯が生えそうだよ〜
そんなことが伝えられないんです。

ま、この不安はそれから3年後に解消されるんですけど。
立ち直った報告は、ここには書いちゃダメなんですよね。


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2985. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/14(22:33)

------------------------------

みぃみぃさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>私は中学・高校と英語大好きでした。
>中学生時代は、英語の先生が音楽の大好きな先生で、授業
>そっちのけでビリー・ジョエルやビートルズの歌を皆で
>覚えて歌っていました。
>私は音楽が大好きだったので、授業が楽しくて・・・
>先生が大好きだったので自然と勉強も楽しくて・・・

みぃみぃさんの場合もやっぱり先生との相性?

>高校は実業科だったので、どちらかといえば理数系。
>英語の授業はかなりテキトーでした。
>私は理数系の科目があまり得意ではなかったのでそっち
>ばっかり勉強してました。
>高校を卒業したら就職する予定だったので、そこそこ
>できていればオッケーという恵まれた環境でした(笑)

>その後、就職してしばらくしてふと
>「これからは技術者も英語が必要になるかも」
>と思ったことがきっかけで突然英会話の勉強を始めて
>(この辺は酒井先生のブログに載せてもらいましたね)
>いろいろ試して(マラソンもしたし、英会話学校も)
>TOEICも800点越えて、英検準1級も一発合格。

>仕事でも英語を使う機会を与えられて、まさに
>順風満帆・・・
>のはずだったのですが・・・

>この後、おおきなつまづきが待っていたのです。

はいはい、英検とTOEICも張り子の虎・・・

>長女の出産を理由に退職。私の生活はそれまでの仕事
>中心の生活から、家庭(こども)中心の生活に
>突然変わりました。

>その後も英会話学校に通い続けていました。
>皆、私が出産したことを知っているので、いろいろと
>質問してくるんですよね
>母乳か、ミルクか?とか、おむつはどうしてるの?とか
>日本と彼らの国での育児の違いとか。
>あとは這ったか、立ったか、歩いたか・・・
>離乳食はどんなものを食べさせているのか、とか・・・

>この質問に、私は
>まったく答えられませんでした(汗)
>そもそも、母乳やミルクって英語で何ていうのか
>知りませんでした。
>抱っことおんぶって英語でどういうの?
>おもゆ?おかゆ?ほうれん草のすりつぶしたの?

>もうパニックでした・・・

むずかしいTOEICや英検の問題を解くのとおなじようには
会話はできませんねえ。なんとか切り抜ける図々しさとか、
知ってる言葉で取り繕う度胸とか、そういうものがいりますね。
それさえあれば多読をしている人たちはすぐにも「会話」は
できるようになると思います。

これは多読的おしゃべり会でぼくが得た確信ですね。
今年の3月で多読の新しい方向が見えたのだと、いまはわかります。

>自分の英語力に底なしの不安を感じた瞬間でした。
>その不安は、娘が大きくなり行動範囲が広がり
>できることが増えるにつれて大きくなりました。

>公園で遊んでて、転んで膝を擦りむいちゃって〜
>そろそろ歯が生えそうだよ〜
>そんなことが伝えられないんです。

>ま、この不安はそれから3年後に解消されるんですけど。
>立ち直った報告は、ここには書いちゃダメなんですよね。

そうです、申し訳ないです、みぃみぃさんにも、
読んでるみなさんにも。立ち直り報告はまた近いうちに
話題として立ち上げるので、そのときに立ち直ってください!

ではね、みぃみぃさん、ありがとー!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2982. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): じゅんじゅん
日時: 2008/7/14(14:24)

------------------------------

じゅんじゅんです。
つまづき体験談とはちょっとちがっちゃうかもしれませんが、
いま、思っていることを書いてみようと思います。

たぶん、わたしは「文法」というものが分からない!(今も!!)

これに尽きると思ってます。
日本語でも、英語でも、どの言語であっても、
「言葉」を「文法」という概念?で解析(分解?)するなんて、
到底無理!わたしにはできなーい!分からない!

たとえば、「主語」っていうのはね、と、言葉で説明された場合、
まあ、聞く分には分かります。
でも言葉の概念として(法則として?)理解することができないです。

だから授業の記憶は、教科書に書いてある文章は(なんとなく)分かるのに、
先生の説明は「何を言っているのか理解できない」という記憶だけです。
(これは英語に限らず、古文の文法あたりでも同じだった・・)

そして、わたしが(なんとなく)「分かる」ことと、
先生が話している結論(要はその文章は何を言っているのか)との間に
さほど差違がなかったり、でもテストでは×や△ばかりだったりすると、
「英語が分かる」って何なんだろう?と思うようになっていきました。

でも当時は、こういう疑問を先生にぶつけることなんてできなかったし、
そもそも自分の「分からない」が、何なのかも分からなかったので、
日々、劣等感だけを募らせていたような。。

ともあれ、こういう気持ちも、今だから言葉になったんです。
たぶん、多読と出会ってなければ、今書いているこの気持ちにも気づかなかったし、
自分が抱えていた疑問への答えや、劣等感は消えてなかったと思ってます。

はー。書いたら、スッキリした!(笑)

みなさま、酒井先生、よい機会をありがとうございました〜〜!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 2986. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2008/7/14(22:41)

------------------------------

じゅんじゅんさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

のんたさんへの返信ではまたまたぼくの記憶が
ぼくの考えていないことを口走ってしまって、
記憶に成り代わって・・・ごめんなさい。

>じゅんじゅんです。
>つまづき体験談とはちょっとちがっちゃうかもしれませんが、
>いま、思っていることを書いてみようと思います。

>たぶん、わたしは「文法」というものが分からない!(今も!!)

>これに尽きると思ってます。
>日本語でも、英語でも、どの言語であっても、
>「言葉」を「文法」という概念?で解析(分解?)するなんて、
>到底無理!わたしにはできなーい!分からない!

>たとえば、「主語」っていうのはね、と、言葉で説明された場合、
>まあ、聞く分には分かります。
>でも言葉の概念として(法則として?)理解することができないです。

主語が何かって、はっきりすぱっと言える人は世界中にだれも
いないとおもー・・・

>だから授業の記憶は、教科書に書いてある文章は(なんとなく)分かるのに、
>先生の説明は「何を言っているのか理解できない」という記憶だけです。
>(これは英語に限らず、古文の文法あたりでも同じだった・・)

ああ、英語の文法はわかっているつもりでしたが、
ぼくも古文の文法はまるっきりわからなかった。
いまでも古文はひじょーに不得意ですが、いつか時間ができたら
明治から江戸、戦国、室町って、実際の文章をさかのぼっていきたいです。

>そして、わたしが(なんとなく)「分かる」ことと、
>先生が話している結論(要はその文章は何を言っているのか)との間に
>さほど差違がなかったり、でもテストでは×や△ばかりだったりすると、
>「英語が分かる」って何なんだろう?と思うようになっていきました。

みぃみぃさんのところでも書きましたが、
試験で点が取れると言うことと、英語が聞いて分かったり
読んで分かったり、言いたいことを理解したり、話したり、
というのとはちがうんですね。

>でも当時は、こういう疑問を先生にぶつけることなんてできなかったし、
>そもそも自分の「分からない」が、何なのかも分からなかったので、
>日々、劣等感だけを募らせていたような。。

先生は自分の得意分野の先生になるわけで、わからない人の
気持ちはわからない。じゅんじゅんさんが何を悩んでいるのか
わからない。

>ともあれ、こういう気持ちも、今だから言葉になったんです。
>たぶん、多読と出会ってなければ、今書いているこの気持ちにも気づかなかったし、
>自分が抱えていた疑問への答えや、劣等感は消えてなかったと思ってます。

>はー。書いたら、スッキリした!(笑)

>みなさま、酒井先生、よい機会をありがとうございました〜〜!!

はーい、つまづきの原因そのものがなくなってきてるよね、
Happy reading!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3032. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): バナナ
日時: 2008/7/16(12:40)

------------------------------

馬場七尾です。

このツリーも、たかぽんのツリーも、もりあがってますね。
楽しそうです。

さて、わたし、英語のみならず、語学にはつまづいてばかりでした。

ロシア語は、人の名前が変化するのにびびりました。
ドイツ語は、いくつかの単語が合体するのにびびりました。
中国語は、4声を出すと、下手なヨーデル歌手のような声になりました。
ヒンディー語は、字がぐねぐねってるのに、びびりました。
すべて、一月足らずで「ギブ」でした。

英語は、それよりはましでしたが(なんといっても勉強自体はつづけましたので)。たとえばヒアリングマラソンをやってたことがあるのですが、あれは私には荷が重すぎて、ちょっとしたトラウマ経験になってます。

さて、幸いなことに、今は読めない本があっても、聞きとれない映画のセリフがあっても、特に英語が嫌いになることもなく、「つまづく」とこともありません。

この差はなんなんだろうなと考えています。

うーん、よくはわからないのですが、
・英語を勉強しているか
・英語を使っているのか
の違いなのかなー?

他に「つまずいた」「嫌いになった」教科は、地理でしょうか?
私にとって、その当時の地理と語学の共通点と、割と好きだった教科の違いは何か?

 「おもしろくって、だから好きだったもん」

という、循環論的な理由しか思いつかないのですが。

なんでしょうねー

#すみません、とりとめない話でした。

ではでは


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3076. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): 忠犬大吉
日時: 2008/7/18(22:40)

------------------------------

ブログを見て書き込みたくなりました
私はここで、けっつまづいた自慢・・じゃなかった
つまづきました報告

どこでツマヅイタたのか判りません。覚えていません。
中学校一年生の一学期末には、既にわけわかんなくなっておりました。
以上。

何が判らないのかが判るくらいなら、
あそこまで、苦手になっとらんちゅうに。。。
学生時代は全教科の総合点で乗り切り
その後は、英語のない道を選びましたとさ

中学一年のとき、他の教科はそこそこ出来ていたのに、英語だけぶっちぎりの点数だったので、
「僕、そんなに嫌われているのでしょうか?
僕の授業、そんなにつまらないのでしょうか?」と、
保護者面談のとき、英語の先生に嘆かれた。と後年母が言っておりました

(遠い昔のことなので、記憶も薄れていますが)
スペルと音の規則性のなさ。
授業の暗唱、暗記、教科書の例文のつまらなさ
などが原因だったのかもしれませんね
教科書を暗記すれば点を取れるようなテストだった(らしい)の
ですがねぇ・・

暗記力を試すパズルのように思っていたので、何の意味があるの?ってかんじでした
楽しさもおもしろさも感じなかった。物語性も発見も驚きもないんですもの
自分が納得できないことはできない、しない、頭の固い頑固者だったもので。(これは今もだ。。。)

ブラックユーモアさんの
「どうやって勉強したらいいかわからなかった」

のんたさんの
「まず、発音できない。(今でもだけど)」

以前、カイさんの書いていた
「英語が嫌なんじゃなくて、英語ができない自分が嫌だった」っていうこと

そうそうって思います

うんじゅう年前の自分に今の自分を見せてあげたいな
目玉まん丸にしてびっくりすることでしょう
今だって、できてるとは言いがたいが
あなたが悪いんじゃないのよ。やりかたが悪いのよ。
まぁ なんとかなるってぇ〜ってね


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3138. Re: わたしはここでつまづいた!

ユーザ名(Username): ひまわり
日時: 2008/7/22(11:34)

------------------------------

多読に出会って以来、学校で習ったことは振り返らないようにしながら、せっせと前だけ見て、読み続けてきました。
あいだに長いブランクも挟みましたが、そのブランクの時期も含め、多読に出会って以来、18年、
学校英語のことは振り返らないよう、気をつけて、やってきました。

それで、学校英語のことは、最近では、すっかり忘れていました。
自分がどこかで英語につまづいたかどうか、ということも、忘れていました。
だから今回わたしは、「この話題では、自分は、なにも書けないなあ」などと、思ったりもしていたのです。

が、みなさんの熱い議論にふれて、いろいろ考えたり、ときには思考が止まったり、
いろいろしているうちに、突然、思い出しました。そして、おくればせながら、わたしも、書いてみたくなりました。

わたし、多読に出会う前、英語につまづきました。

そのつまづき経験の“恐怖”を覚えているから、いまでも、
例えば、「as」がブログで話題になったときなどは、こわくて、その記事をほとんど読むことが、できなかったし、
今回の「ここでつまづいた!」でも、「ここ」の部分に文法用語が出てくる投稿は、こわくて、まともに最後まで目を通すことができないでいる・・・

うまく説明ができないのですが(今も、振り返らないようにしながら、説明しようとしているから)、
たぶんわたしは、「英語について日本語で説明されつづけること」に、つまづいたと思います。(単語の意味、文の構造、文法、文の内容の読解などなどなど・・・)

(中学でのことはまだよく思い出せないのですが・・・中学校の英語はちょっと苦手だったような記憶がある・・・通っていた英語教室の英語は楽しかったです)
高校では、英語は苦手なほうでは、ありませんでした。むしろ、大学受験では、わたしの場合、英語は、どちらかと言えば得点源になるだろうとさえ、言われていました。
それで、高校時代は、学校でも、自分自身でも、単語とか、文法とか、構文とか、せっせせっせと、勉強しました。

けれども、勉強しながら、いつも、違和感を覚えていました。
「英語を英語のままわかるようになりたい」と思って、勉強するのに、
やればやるほど、「ことばがわからない」という不安のなかに、落ちていく感じが、するのです。

どんな勉強をしていたかというと、
英語で書かれたものを理解するために、文章のなかから一文ずつや部分々々をとりだしては、構造を分析し、単語の意味をこねくり回し・・・
あるいは文章のあちこちを行ったり来たりしながら部分を四角で囲んだり線で結んだり記号をつけたりして、関係づけ、説明を加えていく・・・
それは、まるで、英語という暗号を、日本語の経験と工夫とを使って読み解く、「暗号解読」のようでした。

この「暗号解読」を、いかに瞬時にこなせるようになるかの訓練が、英語の勉強だと思っていたので、一生懸命やったのですが、
やってもやっても、読めるようにならない。英文を、英文そのままで、感じることが、できるようにならないのです。
むしろ、やればやるほど、英語という言葉は死んでいくように感じられ、「ことばがわからない」という、むなしさと、不安とを、覚えていきました。

やがて、どこまでやっても、よそ者の顔をしている英語を、読むのが、つらくなりました。
生きた言葉を切り刻み、暗号解読していることが、こわくなりました。
英語に対して、いろんな屈折した思いを抱くうち、英語を読むことが苦痛になり、やがて、困難になりました・・・

(読めなくなったときのことを振り返ることで、また読めなくなるのがこわくて、それで、多読に出会ってからは、それ以前学校でやっていた英語のことは、振り返らないようにしていました。)



Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.