Re: 仕事で使う英語と多読の話

[掲示板: みんなの広場 -- 時刻: 2019/5/20(20:39)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[拍手!] 7136. Re: 仕事で使う英語と多読の話

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2011/8/6(12:29)

------------------------------

調布の佐藤さん、みなさん、こんにちは!
さかい@tadoku.orgです。

>みなさん、こんにちは。

> つい最近、多読をもとに少し工夫すると「突然英語必要組」も生き残れる
>(かもしれない)という経験をしました。

  報告をありがとうございました。

  ぼくから報告をおねだりしておきながら、(pottermore.com狂いで)
  遅くなってごめんなさい・・・

> ある一連の仕事の中で、英語を母国語としない方とのミーティングで、日
>本のある分野の事情を英語で説明し、その後、ディスカッションするという
>役割が回ってきました。仕事ですので、紙の資料はそれなりに用意したので
>すが、問題は私の会話。せっかくの機会ですから、ちょっと工夫して準備し
>てみました。小学生向けのシリーズ本「MAGIC TREE HOUSE RESEARCH GUIDE」
>(いろいろ10冊くらい)を毎日寝る前に少しずつ読んで、「Business Vocabulary in Use Elementary」
>のPresentations(8ページ)とMeetings(6ページ)をちょっと真剣に読んで、
>ミーティングに備えました。

  多読でどんな仕事にも耐えうる「土台」ができると考えています。
  あとは仕事の分野に合わせて「ちょっと工夫」−−それが「使いながら学ぶ」
  多読村宣言の一つの道だと思います。

  実にタイミングの良いご報告、ありがとう!

> ミーティングは、小さなテーブルを数人で囲んで始まりました。テーマと
>なっている分野の事情は、私が自分で調べてよく分かっているので、用意し
>た図や表をもとに、自信を持って説明しました。お話した英語は、努めて簡
>単な英語を使いました。予定された1時間30分ほどを英語で過ごして、ミーテ
>ィングが終わるときに、相手の方が立ち上がってニコニコしながら、「Great study!」
>と言って握手を求めてきました。

  Great study! という一言に、大成功が窺えますね!

> 仕事の内容や状況によって、要求される英語の質というかレベルにはいろ
>いろあるでしょう。きちんとした仕事の内容があれば、多読をもとにいろい
>ろな英語に触れていると、「突然英語必要組」になったとしても尻込みする
>ことはないと思いました。

  Research Guideや Business Vocabulary in Use をちょこっと読んで
  準備するあたりはまさに「多読的」と言えそうですね!

  そしてそれで十分(? でしょ?)なんとかなることを、実際のお仕事で
  立証してくださいました。これは保存版にします。

> 6月から通勤の電車の中でMchael Crichtonの「JURASSIC PARK」を読んでい
>ます。新聞や週刊誌も読んでいるので、「JURASSIC PARK」だけに集中してい
>るのではないですが、本文399ページのうち、今、367ページです。あともう
>少し。読み始めた時は、恐竜のことがよくわからなかったので、「Magic Tree House Research Guide」
>の「Dinosaurs Before Dark」を手に入れて、さっと読んでしまいました。そ
>の後は、「JURASSIC PARK」に出てくる恐竜のことや体の部位の表現などがよ
>くわかるようになりました。なかなか多読的なペーパーバックの楽しみ方だと、
>自分でも感心しています。

> 「Business Vocabulary in Use」と「Magic Tree House Research Guide」
>の話は、別の機会にまた書きますね。

> 「突然英語必要組」のみなさん、ご健闘を。

はい、ぜひお願いします。

今後、こうした仕事分野別の「ちょこっとガイド」が充実してくると、
いよいよ多読も仕上げの段階ですね。

それを意識させてくださったという意味でも、この報告はとても大きいと思います。

  (ほかにも多読を仕事に活かしているみなさん、ぜひ報告を寄せてください!)

はい、「突然英語必要組」はどなたの頭にも降りかかって来かねない災難です。

でもそれは大きな機会でもあります。楽しく災難を好機に変えましょう!

お、そうだった! のんたさん、報告をお願いしますよー!


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.