My Name Is Aram 読みました

[掲示板: 村のビデオ屋さん -- 時刻: 2019/7/18(22:33)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :



上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[本] 130. My Name Is Aram 読みました

ユーザ名(Username): WhiteGoat
日時: 2010/5/12(01:19)

------------------------------

Hi, さかい先生. I'm White Goat.

"My Name Is Aram" 読みました。
さかい先生が記憶されていたのは"My Cousin Dikran, the Orator"のお話ですね。
終戦間もない1920年に11才の少年Dikranが学校で戦争についてのスピーチを行った。
たぶん、これは実話なのでしょう。子供の口から語られたがゆえに感動を与えられた
ようなので、まさにSevernのスピーチと共通するものがあったのだと思います。
ただ多読ビギナーの私には英文が難しかったので、多読3原則フル活用で読んだ感じです。
いずれまた読み返したいと思います。
物語の内容とは関係ないですが、この頃の作品はセリフを""で括らないんですね。
初めて知りました。

Thanks さかい先生. See you. Happy reading!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 131. Re: My Name Is Aram 読みました

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2010/5/12(10:41)

------------------------------

White Goatさん、こんにちは!
Sakai here.

>Hi, さかい先生. I'm White Goat.

>"My Name Is Aram" 読みました。

  おお、早い!

>さかい先生が記憶されていたのは"My Cousin Dikran, the Orator"のお話ですね。
>終戦間もない1920年に11才の少年Dikranが学校で戦争についてのスピーチを行った。
>たぶん、これは実話なのでしょう。子供の口から語られたがゆえに感動を与えられた
>ようなので、まさにSevernのスピーチと共通するものがあったのだと思います。
>ただ多読ビギナーの私には英文が難しかったので、多読3原則フル活用で読んだ感じです。
>いずれまた読み返したいと思います。
>物語の内容とは関係ないですが、この頃の作品はセリフを""で括らないんですね。
>初めて知りました。

>Thanks さかい先生. See you. Happy reading!

はは、よく見つけられましたね!
あの話をはじめて読んだときはぼくはどちらかというと
Dikranだったでしょうね。

で、いまはお爺ちゃんの歳、お爺ちゃんの気持ち・・・

いつかまた手に取ってみてください、あまりお爺ちゃんにならないうちに!

ではね、White Goatさん、そのまま Happy reading!
また様子を知らせてください!!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

132. Re: My Name Is Aram 読みました

ユーザ名(Username): WhiteGoat
日時: 2010/5/15(08:02)

------------------------------

Hi, さかい先生. こんにちは。
I'm White Goat.

Thank God it's Saturday.

"さかい@tadoku.org"さんは[url:kb:131]で書きました:
>White Goatさん、こんにちは!
>Sakai here.

>>Hi, さかい先生. I'm White Goat.

>>"My Name Is Aram" 読みました。

>  おお、早い!

良い本を知ったら待てない人なんです。

>>さかい先生が記憶されていたのは"My Cousin Dikran, the Orator"のお話ですね。
>>終戦間もない1920年に11才の少年Dikranが学校で戦争についてのスピーチを行った。
>>たぶん、これは実話なのでしょう。子供の口から語られたがゆえに感動を与えられた
>>ようなので、まさにSevernのスピーチと共通するものがあったのだと思います。
>>ただ多読ビギナーの私には英文が難しかったので、多読3原則フル活用で読んだ感じです。
>>いずれまた読み返したいと思います。
>>物語の内容とは関係ないですが、この頃の作品はセリフを""で括らないんですね。
>>初めて知りました。

>>Thanks さかい先生. See you. Happy reading!

>はは、よく見つけられましたね!
>あの話をはじめて読んだときはぼくはどちらかというと
>Dikranだったでしょうね。

>で、いまはお爺ちゃんの歳、お爺ちゃんの気持ち・・・

>いつかまた手に取ってみてください、あまりお爺ちゃんにならないうちに!

>ではね、White Goatさん、そのまま Happy reading!
>また様子を知らせてください!!

了解しました。基本的にGR漬けですが、たまにはGR以外の本も読んで面白かったらお知らせします。

Take care. Happy reading♪



Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.