Re: 字幕なしで楽しめるおとな向けの映画

[掲示板: 村のビデオ屋さん -- 時刻: 2020/8/10(14:03)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

95. Re: 字幕なしで楽しめるおとな向けの映画

ユーザ名(Username): グリーン
日時: 2010/3/4(00:49)

------------------------------

たまたま最近テレビで放映されていたので見てしまった「チャンス」(原題:Being There)
ちょっと古いです。1979年公開。そのとき映画館で見たきりでしたので、30年ぶりに再度見ました。
主演は今は亡きピーター・セラーズ。ピンクパンサーのクルーゾー警部役で有名なコメディアンです。これはちょっと笑えますが実はシリアスな役どころです。

テレビなので日本語字幕ついたまま見ていましたが、ピーター・セラーズ演ずるチャンスは役どころからして、とてもゆっくり(でも美しい英語)で喋ります。そしてあまりセリフがありません。あっても子供のように、庭と植物のことくらいしか喋りません。彼の周りの人間は政治や経済をあーだ、こーだと喋っていますが(アメリカ大統領も出てくる)それはどうでもいいことなので無視できます。
一つだけネタばれすると、名前を聞かれたチャンスは、
I am Chance. Gardener. (チャンス。庭師。)
と答えますが、それをチョンシー(チャンシーだっけ?)・ガーディナーという名前だと勝手に受け取られてしまい、以降かれはチョンシーと呼ばれ、Mr. Gardenerと皆に紹介されます。

地味といえば地味な映画なので、ウケるかどうかがちょっと心配ですが、当時高校生だった私はえらく感動しました。


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.