Re: 敷居は高かった・・・?

[掲示板: 村のビデオ屋さん -- 時刻: 2020/10/29(02:13)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

31. Re: 敷居は高かった・・・?

ユーザ名(Username): sloppy May
日時: 2010/2/11(00:07)

------------------------------

sloppyふたたびです。
さかい先生に「字幕無しの映画を観るのは敷居が高かったか?」というお題をちょうだいしたので
敷居を越えた経過を書きます。

敷居が高いどころか、そもそも字幕「なし」で映画を観るという発想がありませんでした。
英語を教える仕事などしていると、とくに学生時代に英語嫌いだった人たちから
「字幕を見ないで洋画を楽しめるんでしょう?」と 美しき誤解を受けることがよくあります。
字幕はあっても、そちらを気にせずに映画を観られるようになったらいいなあ・・・というのが
ひとつの目標というか、やっぱり夢でした。誤解が誤解でなくなるようにと。
でも、それには まだまだ先が長い、遠い道のりだろうなとも思っていました。
つい最近まで!

Miss Potterを字幕を消して観て、楽しむことができたのは本当にうれしい体験でした。
きっかけをくれたのは、ひまわりさんが紹介してくれたロシアアニメ鑑賞です。
ロシア語はひとこともわかりませんが、かわいいアニメにひきこまれました。
ナレーションのロシア語は BGMか効果音のように聞きました。
それで、「ことばがわからなくても楽しめるんだ!」とわかりました。

実は半年近く前に、emmieさんが、パソコンでBBC ニュースを「かけ流し」ていると教えてくれたのです。
そのときは「へえ、さすがemmieさん」としか思わなかったのですよ。
自分にはまだ先の話だな、と。

でも、ロシアアニメが「ことばはわからなくてもよい」と教えてくれたので
BBCなどを聞くようになりました。
ことばのひとつひとつは不明だけれど、ふと気づくと何の話題かはわかるし、
JALが どの傘下に入るのか、という話のときは、スタジオでキャスターが(経済の?)専門家を招いて
意見を聞いている様子が目に浮かびました。
それで、「おお、案外わかっているじゃないか」と にんまり。
たいていは 洗濯物を干したり、たたんだりしながら音やリズムをたのしんでいるような状態ですけれど。

先生の10日付けのブログに掲載された パピイさんの
「そんなことを言ってるんだろうと聞き流すとけっこう楽しめる」には 激しく共感です。
Miss Potterは まさに そのように観ました。
おじさんが実際にどんなことばで話しているのかはわからないけれど
「我が社からの出版は難しいでしょうな・・・」みたいなことを言っているんだろうな〜、と。

ちなみにemmieさんは BBCのかけ流しを
「消し忘れたテレビのようなもの」と表現しました。
だから「いちいち聞き取ろうなんて考えもしなかった」のですって。

さかい先生が書いたように
「英語がわからないことを気にするから楽しめない」のでしょうねー。
わかるところだけ拾って楽しむ とか
雰囲気を楽しむ
音を楽しむ
など、きら〜くな姿勢でいれば 敷居は高くない。
聞き取らねばと思うと 敷居は立ちはだかる。
そんな感じでしょうか?

HNの通りにsloppyにいきまーす♪


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.