Re: 映画の小ネタ

[掲示板: 村のビデオ屋さん -- 時刻: 2020/8/9(22:56)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[脱帽] 28. Re: 映画の小ネタ

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2010/2/9(19:39)

------------------------------

どうしてこんなこんなこまかいことを・・・!
さかい@tadoku.orgです。

> こんばんは、ふ〜んです。

>ビデオ屋さんなので、映画の話などを。

   そりゃそうなんですが・・・

>お気に入りの絵本に「The Teacher from the Black Lagoon」があります。
>妄想が爆走するお話ですね。
>元々は映画の「Creature from the Black Lagoon」(邦題:大アマゾンの半魚人)のタイトルから
>妄想しているのが判ります。

   ここはまだ、言われればそうだったかな、くらいですが・・・

>妄想と言えば「七年目の浮気」(原題:The Seven Year Itch)で、モンローのスカートをめくれ上がる
>シーンの前に(デートで)観ていた映画が「Creature from the Black Lagoon」です。
>(字幕を見ていると見逃しますよ・・・と言うオチか?)

   こんなこと・・・
   どうして気がつくの?

>同じく名作で、「真昼の決闘」(原題:High Noon)があります。
>映画ファンにとっての西部劇の代名詞なのでしょう。なので西部劇に中国人が出演すると・・・
>「Shanghai Noon」(邦題:シャンハイ・ヌーン)となるようです。
>で、続編は「Shanghai Knights」となっています。

>タイトルだけでも結構楽しめるかも?

わたしは授業で High Noon を使いたいと思ったくらいですからね、
何度も見てますが、 Shanghai Noon (題名だけで笑えます)は知らないし、
まして、Shanghai Knights とは・・・ よくまあ
もちろんこちらも駄洒落が笑えますが。

ダツボーです・・・

おっと、「村のビデオ屋さん」には 「小ネタ」のwikiページも絶対必要ですね!
たのしそー!!


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.