My Name Is Aram 読みました

[掲示板: 村のビデオ屋さん -- 時刻: 2019/5/26(00:21)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[本] 130. My Name Is Aram 読みました

ユーザ名(Username): WhiteGoat
日時: 2010/5/12(01:19)

------------------------------

Hi, さかい先生. I'm White Goat.

"My Name Is Aram" 読みました。
さかい先生が記憶されていたのは"My Cousin Dikran, the Orator"のお話ですね。
終戦間もない1920年に11才の少年Dikranが学校で戦争についてのスピーチを行った。
たぶん、これは実話なのでしょう。子供の口から語られたがゆえに感動を与えられた
ようなので、まさにSevernのスピーチと共通するものがあったのだと思います。
ただ多読ビギナーの私には英文が難しかったので、多読3原則フル活用で読んだ感じです。
いずれまた読み返したいと思います。
物語の内容とは関係ないですが、この頃の作品はセリフを""で括らないんですね。
初めて知りました。

Thanks さかい先生. See you. Happy reading!


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.