多読村は次の旅へ・・・

[掲示板: 多読村寄り合い所 -- 時刻: 2019/11/18(04:48)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :



上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[お知らせ] 138. 多読村は次の旅へ・・・

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2011/6/30(23:22)

------------------------------

みなさん、きょうは飛び切りの大花火を打ち上げます。

多読村は開村以来4年あまり経ちました。
その間にわたしはさまざまな花火を打ち上げ、数々の試みをしてきました。

ドーンと見事に咲いた花火もあれば、しゅるしゅるしゅると消えた花火もありました。
けれどもその結果、村のこれからの姿はかなりはっきり見えてきたように思います。

多読村は新しい一歩を踏み出し、次の旅に出ます。

外国語を通してわたしたちの毎日がちょっぴり豊かになるように、
また世界が大きく広がるように・・・

  (ブログの【新しい旅立ち・・・】です。

   これまでの多読村は少なからず「お勉強」の影を引きずっていました。
   わたし自身「お勉強、学習、ドリル、トレーニング、暗記、機械的作業は
   いやだ!」と言いつつ、実は少なからず「英語学習」のしっぽを残していました。

   それは開村時にめざした方向ではないと気がついたのは、
   実はつい最近のことでした。)

そのために7月中に「フォーラム」を設置します。
フォーラムはみなさんが自分の興味や関心を広げ、深める寄り合い所であり、
集会所であり、広場です。学校の部室に近いとも言えます。

  (これまでの「掲示板」との違いは次の記事でお話しします。)

フォーラムは目的別にいくつも作ります。
みなさんはおもしろそうと思うフォーラムに入りこんで、

* 読書の幅を広げたり、一人の作家や一つの分野を掘り下げたり、
* 読む素材、聞く素材を発掘して知らせあったり、

* 趣味の世界にのめり込んで、世界の同好の士と交流したり、
* 獲得中の外国語を話す人とtwitterやfacebookやSkypeで語り合ったり、
* 日本語を獲得中の人を日本語で手伝ったり、

* さまざまな方向に広がっていく村の運営について話し合ったり・・・

フォーラムはそうした情報交換や支え合いのために
仲間との交流の場を「目的別」に作ります。

わたしが願っていることは・・・

それぞれの広場に気持ちを同じくする人が集まって、
互いを思いやりつつ、世界の言葉と親しんだり、さまざまな人と交流するこで暮らしに彩りを添え、毎日の楽しみを広げていくことです。

もしみなさんの夢の一部がわたしの願いと少しでも重なるなら、
ぜひ多読村の新しい広場につどって、
ひとときのくつろぎとあたたかさを分け合い、一緒に冒険に出かけましょう。

*********************************

フォーラムは8月1日公開をめざしてこれから一月間準備を進めていきます。
少しずつ姿を現す一方で、ブログ and /or 掲示板では
フォーラムの目的、使い方、登録の方法などを説明していきます。

楽しみにしてください。わたしは考えただけで心臓がどきどきしています。

次の記事では、これまでの掲示板と新設するフォーラムはどこが違うのか、
説明を試みるとともに、フォーラムが加わるこの機会に、
「村の新しい姿」を整理します。

お楽しみに!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[お知らせ] 139. 【旅支度】 新しい村の形について

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2011/7/2(22:03)

------------------------------

これまで、多読の広がりを支えてきた三本柱は

「多読三原則」、「大量のやさしい素材(とその情報)」、そして「仲間」

だとわたしは考えています。

新しい多読村(tadoku.org)には、

「716研究室」と「多読村wiki」と「広場」という三つの中心があり、
それぞれ多読普及の三本柱に対応します。

*************************************

* 「716研究室」には、さかいが籠もっています。
三本柱の第一、「多読三原則」に対応します。

さかい@tadoku.orgはそこでtadokuの原理(?)とその応用を研究します。

村に集うみなさんの悩みや楽しみを観察して、
外国語を身につけること、それを活かすことについて、
深く考えを巡らせたり、昼寝したりしています。

でも、ただ籠もるだけではありません。
折々に、観察や研究の経過をみなさんに知らせるために、
「町の名前をひとつ」というブログを書いていきます。

* 「多読村wiki」はみなさんから集まったtadoku資料を保管します。
「大量のやさしい本とその情報」に対応します。

そしていつでもだれでも参照できるようにします。
wiki はこれまでのところまだうまく機能していませんが、大事です。
この村の意味を将来につなげていくことができる場所です。

* 「広場」はみなさんが、集い、和み、楽しむ場所です。
「仲間」に対応します。

そして村の真ん中に新しくできる「フォーラム」はみんなが集まる広場です。
広場を中心に少しずつ建物が増えていきます。

一つ一つが学校の部室のようなものです。
みなさんが三々五々、時間のある時に集まってきて、
外国語について話をしたり、外国語で語り合ったり、
外国語とまったく関係ない話で盛り上がります。
また、村の運営のことを話し合う「寄り合い所」もあります。

いちばん大事な役割として、「飛び切りの大花火」に書いたようなさまざまな
活動の拠点でもあります。その一部は少しずつお知らせしていきます。

(なお、研究室から村に出てきたさかい@tadoku.orgは一人の村人にすぎません。)

**********************************

多読普及を支えてきた三本柱のうち、わたしが作ったのは「多読三原則」だけです。
「やさしい本(とその情報」についてはごく一部を提供しただけですし、
「仲間」作りについても一部(掲示板やオフ会)を手伝ったにすぎません。
圧倒的な部分はみなさんが作ってきました。

新しい村は「仲間」を土台にします。新しい村の営みを作るのはみなさんです。



Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.