多読村フォーラムができた! その目的・・・ 多重投稿です!

[掲示板: 多読村寄り合い所 -- 時刻: 2019/11/15(20:10)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[お知らせ] 163. 多読村フォーラムができた! その目的・・・ 多重投稿です!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2011/9/3(00:51)

------------------------------

みなさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

多読村フォーラムが(ひとまず)形を整えました。
まもなく公開され、登録できるようになります。

そこで、この機会にフォーラムを新設する目的を
サイトの主宰者として、説明しておこうと思います。

大きな目的と、小さな目的と、二つあります。

* フォーラムの大きな目的は ゆるい仲間作り

これまでの掲示板を 学習のための情報交換の場 とすると、
これからのフォーラムは 外国語を一緒に使って楽しむ場 ということになります。

多読普及を支えてきた柱は3本あると、以前から言ってきました。
多読三原則と、大量のやさしい本と、仲間です。

これまでの掲示板はそれぞれが「英語を学習する」ために大きな役割を果たしてきました。
けれども、外国語を使って何かを楽しんだり、何かをはじめるには、
情報交換以上の機能が必要になります。

  (外国語学習のために情報をほしい人向けに、掲示板は当面そのまま残します。)

同じ気持ちの人たちが集ったり、語らったり、作業したりしやすい必要があります。
フォーラムはそうしたことをやりやすくしてくれます。

みなさんが次第にフォーラムの慣れて、なんとなく気の合う人たちと語り合い、
コンピュータに向かう時間の一部が豊かになるといいと望んでいます。

もちろん、仲間を作らなければならないわけではありません。
フォーラムで仲間を作らなくても、フォーラムの投稿を読むだけでも村人です。
フォーラムを掲示板同様、情報を得る場としてだけ利用してくださっても
またくかまいません。どうぞお好きなように・・・!

* もう一つの目的は 村全体を見渡しやすくすること

フォーラムの構成を見ていただくと、みなさんがどんなことに関心を持ち、
どんな活動をしているか、すぐにわかります。
これはいままでの掲示板ではむずかしいことでした。

外国語学習のサイトは数限りなくあるでしょうが、
多読村はおそらく世界でただ一つの 外国語を使いながら身につけるサイト になります。
すでにフォーラムにはいくつかのカテゴリーとフォーラムが用意されています。
今後みなさんがフォーラムを使っておもしろいことを見つけ、
楽しいことをできるようになれば、カテゴリーもフォーラムも増えていきます。
そしてその過程で、少しずつフォーラムの意味も明らかになっていくでしょう。

わたしがフォーラムという形式に惹かれたのは、
Creating communities
というスローガンに心奪われたからです。
community作りを わたしは 仲間作り と考えました。
そして、まさにこれは多読村の方向に一致していると思ったのです。
けれども果たして本当にフォーラムの導入でみなさんが
community(仲間の輪?)を作って、いろいろな活動をはじめるかどうか、
それは天のみぞ知ることであります。

いまはまだフォーラムについて、サイトについて、
みなさんいろいろな疑問をお持ちでしょう。
今回この掲示板にみなさんが疑問を投稿してくださったことは、
本当に心から歓迎しています。

  (なかなか一ユーザーが主宰者に疑問をぶつけられるものではない・・・
   幸いにしてこのサイトではそれが可能だと考えてくださっているのだと、
   さかい個人は例によって楽観的に受け取っています。)

主宰者自身、上に書いたこと大きな方向以外はほとんどわかっていません。
中くらいの課題、細部にわたる疑問などについては
サーバー管理者の助けを借りながら、「みんなの広場」フォーラム で、
少しずつわかっていこうと考えています。
みなさんも実際に使いながら少しずつわかっていきましょう。
そのために、じっくり話し合いましょう。

では、みなさん、Enjoy the new forums!


▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.