多読村はどんな場所?

[掲示板: 多読村寄り合い所 -- 時刻: 2019/8/26(07:35)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

119. 多読村はどんな場所?

ユーザ名(Username): みちる。。。
日時: 2011/4/19(23:13)

------------------------------

こんにちは。

こういう話題で長くなると書きにくいと感じられる方がいると思いますので、
書かない方がいいかとも思いましたが、この話題ではこれが最後ということで
失礼いたします。

もちろん、自分の頭で冷静に考えていますし、掲示板の内容についての意見を
掲示板に書くことは、騒動ではありません。
なぜ、そのような発言をされるのかかなり謎です。
ただ、事実とは言え、前回「不愉快」という言葉を数回書いたのは、個人宛ではなく
行為に対してであっても思いやりに欠けていたと思います。
お詫び申し上げます。

過去に嫌な思いをされた方が、防衛に強い意識を持たれるというのは、
私にももちろん理解できます。
ですが、はじめて掲示板にいらした方や、掲示板に書くのに苦手意識を持って
いらっしゃる方は、自分が何か書いたら訂正しても削除しても証拠として
保存されて、突き出されるんだと思うと書きためらってしまうと思いますし、
人を害するようなことが無い内容や、削除予告をしている投稿まで、
保存されてしまう場合、それこそ安心して書けないという気持ちになります。
それに、自分が知らないサイトで、自分のサイトが無断でリンクされている
だけでも、あまりいい気持ちがしないのに、保存状態でリンクされている
ような場合、とても嫌な気持ちがしますし、場合によっては著作権違反に
なると思います。
私は、基本的に管理人さんを信頼していますので、自分があるいは他の方が
誰かに対し誹謗中傷を思われるような内容の書き込みをされた場合、
注意するなどの対応をとっていただけると思っています。
確かに、以前は対応が遅れていると感じられた時もありますが、
最近のことでも、不適切な書き込みを次の日には削除されていたり、
きちんと対応していただいていると思っています。
過去のことで、過剰防衛と思われる安全策をとるのは管理人さんを信頼していない
といっているのとも等しいとも思えます。
掲示板は、管理されている方が時間も手間もかけて運営してくださっているもの
なので、管理人さんの決めたルールは絶対だと思います。
私も、注意されることがあればもちろん改めるつもりですし、
誹謗中傷を思える発言をされる方がいれば、それなりの対応をお願いするつもりです。

それから、書き込み制限された方は、何を書かれてもそれに反論することができません。
その方の名前を直接書かないとしても、その人の行為をとがめるような内容を書く
ことはフェアじゃありませんので、絶対に書くべきではないと思います。
これは、掲示板としてあってはならないことです。

一番大切なのは「思いやり」でなければ、みんなが気持ちよく嫌な思いをしない場に
しようという気持ちをもつことではないでしょうか?
それなら、安全でもありますし、コミュニケーションがしやすいですよね。

tadoku.orgというのはどんな場所かという捉え方が人によって異なるのかも
しれませんね。
私は「多読村」ということばを表に出しているように、
「先入観にとらわれずに、読んだり、見たり、聴いたり・・・いろんな形で
外国語に触れてみよう」
という人たちが集う場所であると思っています。
(tadoku.orgは多読を広めるためのサイトとも、多読研究のサイトとも思って
いません。結果としてそういうことにつながることもあると思いますが、それが
目的だとは思っていません。)
長く住んでいる人もいれば、何度も旅しているリピーターもいる、
隣村からなんだか気になるなと覗き込んでいる人もいるし、
ちょっと遊びに来た人もいる。
そんな人たちでおしゃべりをしたり、情報交換をしたりしている場所。
すべての情報がデータ化される必要も無くて、これはいい情報だから
知りたい人がいっぱいいるのでは?と思うような情報があればデータ化
していけばいいのではないかなと。
web多読やYoutube多視聴など、みんながいろんなことを好きに試してみて
いい感じな変化や楽しい方法があれば掲示板で書いてくれたら、そこを
起点に、面白そうだからやってみようとか広がりが出てくると思うのですよね。
データだけでは伝わって来ない生き生きとした体験の方が魅力を感じます。
「「多読雑感」−−いなぎ市プロフェッサー講座から・・・」なんて、
読んでいるだけでも楽しくなってきて、お話ししてみたいなぁとか、
シェルダン読もうかなという気分になりましたしね。

そして、酒井せんせいもそんな村の住人の一人(というよりは精読村と多読村の
境界に住んでいる人だったりするのかもしれませんが)だと思っています。
なので、酒井せんせいのプロジェクト=多読村のプロジェクトではないと思って
いますし、酒井せんせいがしていること=多読村でしていることとも思っては
いません。
なので、酒井せんせいでも誰でもこういうプロジェクトをやりたいという
ことがあれば、興味がある人と手伝おうと思う人が関わればいいし、
興味が無い人は関わらなくてもいいと思っています。
あちこちの掲示板にプロジェクトの内容を書くのはやめた方がいいと思うのには
理由が2つあります。
1つは、やっぱりはじめて来た方が掲示板で目にするのが「プロジェクト」の
話ばかりだと、そういう場所なのかと離れていってしまうのではないかと思う
からです。
もう1つは、だいぶん前にSSSの掲示板で英語の先生がデータがあれば教育関係の
方に納得してもらえるかもしれないのでこういうデータを集めたいのだけれど
協力してもらえないかと書かれたことがあります。その内容は人によっては
なんでもない内容だったのですが、一部のやっとアンラーンできはじめてきた
という方にとっては、とても刺激が強かったようでかなり反発していた方が
いらっしゃいました。
酒井せんせいや他の方々が毒があるかもと気を使って書かれていることが多い
のは、そのように自分にとっては何でもなくても、やっと多読になれ始めて
訳さずに読めるようになってきたりした方にとっては、それを台無しにして
しまうこともあるというのをそういう体験を通してよくご存知だからだと
思います。
そういう意味で、多読研究に関わるようなプロジェクトは思いがけず刺激を
強く感じてしまう方もいるかもしれないですよね。
そういう方達への配慮に掲示板はまとめた方がいいのでは?と思うのです。

以上、長くなりましたがこの辺で失礼します。


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.