15番目です!

[掲示板: ゆっくりじっくり、いろりばたの掲示板(仮称) -- 時刻: 2019/5/20(06:19)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 750. 15番目です!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2011/1/30(15:30)

------------------------------

続いて15番目も!

********************************

15 「英語ができる」という表現は,不正確であり,使用すべきではないと思うが,
いかがですか。子供は,どこの国でも,まだ発展途上の人間であり,
母国語ができるとはいわない,と私は思います。よく,英語のネイティブは,
子供でも英語が話せるというが,私は,英語を話せると思っていない。
なぜなら,私のいう基準では,思考的に未発達であるからである。

********************************

主観の新茶さんの基準はどういうものですか?

ぼく自身は基準が緩いのか、こどもも母語を「できる」と言っていいと考えます。

母語を使って生きていけるというのが、おそらくぼくの基準なのでしょう。

ただし、おとながこどもと同じ程度の「でき方」では、まわりに迷惑を
かけるでしょうね。おとなにはおとなの基準が必要だと思われます。

そういう意味ではぼくの基準では 「年齢なりの暮らしができる」というのが
あることばが「できる」ということなのかもしれません。


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.