Re: 続 誰も訊かないなら,質問させてください。

[掲示板: ゆっくりじっくり、いろりばたの掲示板(仮称) -- 時刻: 2019/5/25(18:41)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 730. Re: 続 誰も訊かないなら,質問させてください。

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2010/12/21(10:59)

------------------------------

主観の新茶さんへ
さかい@tadoku.orgです。

質問1項目ごとに、分けてお答えしますね。

> さかいさんへ,
> 主観の新茶です。
> では,質問させてください。
> さかいさんは,全部を読んでから,系統的に応答されるのではなく,読む順番に応答される場合も少なくないと思料されるので,以下のような順番で,質問してみました。途中からの質問の方が,通常,予想しやすい質問かとも思いますが,よろしくお願いします。どの質問も,非常に興味があります。元来,このような情報が明確に伝達されていると,どのように,このサイトを利用するかが,有効に,かつ,適切にできると思うのです。端的に,かつ,ある程度,詳細にわかりやすく,質問の趣旨と離れず,語っていただけると,幸いです。

  最後の行、むずかしい注文ですね、

  でも、ご主旨はわかります。
  そのように心がけます。

>1 まず最初に
> 朝日新聞2010年11月4日の天声人語の記事は,次のようなものでした。さかいさんは,どうお考えですか。また,このtadoku.orgサイトは,どこにも,このような現代の重要な問題に対し,英語でどう読み解いていくかという発言がありませんね。私は,そう思います。それについては,どう思いますか。まず,英語で無理なのであるなら,日本語で話し合うことも,必要だと思いませんか。インターネット上だけで見ると,たわいのない会話が多いように見えますが,それでよいということなんですか。
> 「米国では,11月は,選挙の月だ。中略。茶会選挙(筆者注:Tea Party)として,将来に記憶されよう。怒れる白人中間層らによる茶会という草の根保守が,嵐を起こした。いわゆる小さな政府(筆者注:small government)を求め,オバマ政権が取り組む医療保険の改革さえ,社会主義と嫌う人たちだ。富豪になるのも,野垂れ死ぬのも,自分次第。政府は,かまってくれるな。そう考える人々には,納めた税金が,弱者や企業の救済に使われるのは,納得できない。米国の伝統的な自由は,ときに日本人の理解を超えて,激しい。」

* えーっと、この記事自体はぼくも聞いている話で、
  「アメリカの保守的な人たちというのはそういうものなのか」
  という程度の感想しか持ちません。

* 後半部分、こうした問題について
  「英語でどう読み解くか」
  そして
  「英語または日本語でどう話し合うか」
  という点については、たしかにこれまでこの村の掲示板では
  話題になりませんでしたね。

  これはちょうどタイミングのよい問題提起です。

  ぼくが 「新しい旅立ちへ・・・」というブログ記事で
  向かおうとしているのは、まさにそういう話題さえも
  「多読的」に採り上げられないか、という提案です。

  (ブログの中ではまだ展開していませんが、
   一言だけ言及している「多読的精読」という話題です。)

* また、掲示板でも(まもなく新しくなります!)、
  Skypeおしゃべり会でも、少しずつ抽象的な話もできるように
  なるといいなと考えています。
  
  たとえばすでにことばについては蘊蓄オフがあり、
  次回からはミュージカルを語り尽くそうという企画です。
  
  蘊蓄もミュージカルも、これまでの掲示板の話題から
  すこし広がった話題と言えるでしょう。
  この方向はみなさんの参加を得て、少しずつ推し進めて
  いきたいと考えています。

  もちろん絵本の魅力は汲めど尽きせぬものがあり、
  児童書の奥深さはどんな論説文よりも底知れない場合があります。

  けれども、村に集う人たちが暮らしのあらゆる場面で
  日本語と外国語の両方で気持ちや考えを語り合えることは
  外国語と母語の両方を身につけることの当然の結果であり
  目標だと思われます。

  そのために、日本語で話すことはすべて外国語でも!
  というのが村の一つの目標です。

それでは、次の質問はまた次の投稿で・・・

In the meantime... Happy reading and listening!


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.