Re: 映画「非行少女」って…

[掲示板: ゆっくりじっくり、いろりばたの掲示板(仮称) -- 時刻: 2019/7/19(13:01)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

710. Re: 映画「非行少女」って…

ユーザ名(Username): みやっこ
日時: 2010/11/10(10:21)

------------------------------

さかい先生、えどもんさん、Owlyさん、こんにちは、みやっこです。
あの、どうしても、ここだけ質問が。失礼します、チョッキン!

>  「地獄の天使」 アメリカの低予算B級映画です。
>  「ファニーとアレクサンデル」 5時間の映画。DVD、貸します!
>  「非行少女」 浦山桐郎という監督の作品です。

もしかしてもしかして映画「非行少女」って、オープニングとエンディングに、

「君は何も知らない 知らない 僕らの世界はここにはない 
 どんなに どんなに その日が遠くても
 ***しい命があると思っただけで ***しい勇気が胸にひびく」
              (***はうまく思い出せない部分)

 ……という主題歌が流れていた、あの映画でしょうか??
 高校生の時、何の心の準備もなく「体育館で映画やるよー」と言われて
 見せられた映画のタイトルが、この「非行少女」だった気が…。
 
 もし同じ映画だとしたら、うん十年ぶりで思い出しました。
 たった一度見ただけなのに、一度も思い出したことがなかったのに、
 歌も画面もよみがえってくる恐ろしさ…映画ってすごい…。

「ファニーとアレクサンデル」、昔、岩波ホールで五時間かけて見ました。
一日一回しか上映できない映画で、しかも1分でも遅刻すると入れてくれなくて、
翌日出直した記憶があります。素晴らしいクリスマスの場面が今でも目に
浮かびます。


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.