Re: 酒井先生、ご返信ありがとうございました!

[掲示板: 多読村祭りの掲示板 -- 時刻: 2019/7/19(12:31)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

254. Re: 酒井先生、ご返信ありがとうございました!

ユーザ名(Username): バンクー
日時: 2010/11/29(20:31)

------------------------------

"さかい@tadoku.org"さんは[url:kb:222]で書きました:
>バンクーさん、こんにちは!
>さかい@tadoku.orgです。

→酒井先生、早速のご返信ありがとうございます。

>>仕事が忙しく、掲示板を見る時間がなく、遅くなりましたが、酒井先生、先日はお疲れ様でした。

>>埼玉県の大宮から夫婦で参加させて頂きました。

>>多読村祭り楽しかったです。

>お二人でご参加、ありがとうございました。
>(いつもお二人のような・・・?)

>>はるばる(行きは1時間程度と以外と近かったですが)、調布迄行った価値は十分ありました。

>大宮というとどういう風に電車を乗り継ぐのか、
>皆目見当がつきませんが、ま、そのくらい遠い、ということですね。
>ご苦労様でした。でも、楽しんでくださった様子、うれしいです!

>>現在、350万語程度で、まだ、到底、ペーパーバックを読めるレベルではありませんが、ダール等の児童書やシドニーシェルダンのように読みやすい物なら、何とか読めるようになりました。多読に出会う前でしたら、知らない単語が一語でもあったら、辞書を引かないと気がすまなかったので、一生、英語の本を読みきることなど、できなかったと思います。改めて、多読を広げて下さった、酒井先生に感謝です。

>たしか大宮でしたか? 初めてお会いしたときにはまだ辞書を引いていたのでは?

>「わたしはいかにして心配することをやめ、辞書を引かなくなったか?」
>という報告をいただけるとありがたいです。
>メール・フォームからでも、掲示板でもどちらでも結構です。
>お時間がありましたら、よろしくお願いします。

→平日は、多読する時間は、行き帰りの電車の中(大宮から新宿迄、片道約30分、ただ、朝は新聞も読むのであまり、英語の本迄手が回りませんが)ですので、辞書なんか引けません。必然的に辞書無しで読める本主体になってしまいました。そう割り切ることで、辞書を引く習性からは、すっかり脱却できました。ただ、読んでいて、その単語がどうしても気になる場合は、後で辞書で確認する場合はあります。

>>ただ、350万語程度で、結論付けるのは早いかもしれませが、多読を続けていれば、英語の語順のまま理解できるので、リスリング力も自然とアップ、又、樽が溢れるように、会話やライティング力もつく、と過大な期待をしていた私は、まだ成果が出ていないようです。たまに、仕事で海外の方と話さざるを得ない時がありますが、よく聞き取れなかったり、言いたいことが言えず、もどかしい思いをよくしています。

>>多読自体は、楽しいので、これからも続けて行きますが、リスリングやアウトプット力をもっとアップするには、今、流行の『音読』や『瞬間英作文』的なトレーニングもつまらない事に我慢出来れば、有効なのでしょうか。

>>ちょっと、最近、悩んでいます。

>>ここは、多読村祭りの掲示板なのに、ちょっと、主旨が違ってしまい、失礼致しました。

>いえいえ、さまざまなことが、いろいろなことのきっかけになるようです。
>ちっとも構いません。

>ちょうどバンクーさんの悩みについて、ここ数ヶ月考えています。
>それで、解決する道について村祭りの午後にちらっとお話ししました。
>まもなく バーン!!! と、多読三原則以来という大きな花火を打ち上げる予定です。
>それまで、音読や瞬間英作文はもうちょっとお待ちください。

>  (バンクーさんの上のご指摘で、大きな花火の打ち上げを急ぐ気になりました。
>   ありがとー!!!!!)

→実は、同僚から効果があるからと薦められ、又、いろいろな本でも推奨されているので、森沢洋介氏の『瞬間英作文』を試しに購入しました。素人考えですが、反復練習する根気さえあれば、決して難しいトレーディングではなく、効果はありそうな気がしています。でも、酒井先生の、大きな花火の打ち上げを待って、しばらくはしまっておきます。森沢氏のホームページを見ますと、多読も推奨され、酒井先生の主張と重なる部分もあり、闇雲に否定もできないような。浮気しているみたいで、すみません。やはり、酒井先生の大きな花火を心待ちしております。楽しみにしております。

>>又、このような企画がありましたら、夫婦共々、参加させて頂きます。

>>酒井先生、今回の祭りを運営して下さった、皆さん、ありがとうございました。

>こちらこそ、ありがとうございました。

>村祭りのような企画は今後も、無謀にも打ち上げるつもりでおります。

>みなさん、あきれながら、うんざりしながら(?)、
>ときどきで結構です、つきあってくださいますよう・・・

>では、バンクーさん、奥様とご一緒に、またお会いしましょう!


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.