正しく出来るのをまたない。

[掲示板: いっしょに歩こ!の掲示板 -- 時刻: 2020/8/11(10:39)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :



上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2218. 正しく出来るのをまたない。

ユーザ名(Username): えどもん
日時: 2011/6/19(23:27)

------------------------------

皆様こんばんは。えどもんです。

タイトルは今日の日本語おしゃべり会の話題でした。
そしてセンセーから宿題をいただきましたので書き込んでおります(笑)

最近twitterが話題になっていますが、私もつたない英語でtweetしております。
日本人は学校の勉強で書く事は出来るけど、話すことが出来ないと
よく言われますが、学校で勉強をしなかった私は書く事の方が大変です。
話すのは単語を並べれば相手がフォローしてくれるけど、
書く事はリアルタイムで直接やり取りしない分、間違えるのが怖い。

そんな私ですが、ある日twitterで'I ate eclair.Eclair calls me recently!'
とつぶやいた所、相互フォローしていたアメリカの方から始めて返信が来ました。
内容は「私も子供の頃エクレアが好きでした。」というもの。

もうどうやって返そうか、どきどきです!
難しいことはかけないので「今はもう好きではないのですか?」
という意味のつもりで返信したのですが、
あとで翻訳サイトで調べてみたら文にならない!!

そこで、一応調べてちゃんと作文し、もう一度
'I meen 〜〜〜’と訂正を入れた所、「最初のでわかりましたよ」
という内容のお返事をいただきました。

この話を、どなたか(失念しました)にした所
「調べた文より、自分から出てきた言葉のほうが言いたいことが通じたりするもんだよね」
というようなことを言われました。

余談ですが、スペルのわからない私はtweetするために辞書や翻訳サイトを活用していますが
スペルを調べるための辞書活用はOKみたいです。
これからも自分の言葉でぼちぼち英語tweetsしたいと思います。

それでは皆様、happy tweeting!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[喜] 2222. Re: 勉強が終わるのをまたない。

ユーザ名(Username): ケオラエス
日時: 2011/6/21(01:22)

------------------------------

えどもんさん、みなさん、今晩は。

日本語おしゃべり会にはじめて参加しました。

私の宿題は、「正しく出来るのをまたない。」をもじると
「勉強が終わるのをまたない。」になるかもしれません。

ご存じの方も多いと思いますが、
SharedTalk.com
では、いろいろな言葉を勉強している人とチャット
しながら language exchange できます。

ことによると、「たどもご会」よりも敷居が低い
のではないかと思います。文字チャットも音声チャットも
できます。

私も2週間ほど前に始めたばかりですが、英米独仏伊スペイン、
オーストラリア、カナダはもちろん、ウクライナとか
アフリカのトーゴとか、地図で見ただけの国の人たちと
話ができます。英語は、日本人ならまったく困らない
ような英語です。

ある人は、3週間前に日本語をはじめて、ひらがなは
読める、というくらいで日本語チャットに挑戦してきます。
日本人は勉強しすぎだと思う次第です。

Happy chatting !!


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 2232. Re: 正しく出来るのをまたない。

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2011/6/24(00:20)

------------------------------

えどもんさん、ケオラエスさん、こんばんは!

これはあまりに大事な話なので、ブログで書きますね。

掲示板にも同時掲載しますが。



Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.