Re: 超キリン読みでHarry Potter and the Philosopher's Stoneを読了

[掲示板: いっしょに歩こ!の掲示板 -- 時刻: 2019/12/15(17:54)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :



上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2213. Re: 超キリン読みでHarry Potter and the Philosopher's Stoneを読了

ユーザ名(Username): フタバ
日時: 2011/6/16(18:31)

------------------------------

さかい先生、お返事ありがとうございます!!

>>13万語の時点で
>>"Harry Potter and the Philosopher's Stone"
>>の超キリン読み(聞き読み)をして読了しました!!
>>20万語通過です。

>  まさに超キリン読みですね! おめでっとぉー!!

まさか、今、読めちゃうとは思いませんでした。
勿論、意味が分からない所はいっぱいありましたが。

>>多読は2009年の4月から始めましたが
>>2ヶ月で失速。
>>その後は思い出した頃に読む程度。
>>継続的に洋書をまた読み始めたのは今年の2月からです。
>>現在YL1のORTとPenguin Readersを主に読んでいます。

>  失速したのはなぜだったんでしょうね?
>  教えていただけるとみなさんの参考になります!

語数を調べるためもあって、ブログで記録をつけていたのですが
それが負担になったのが一番のように思います。
始めた頃は冊数だけは多いので、ブログ更新が大変で。

今思えば、語数だけ調べれば良かったのに・・・と気づくのですが
当時は何故かブログに総語数を書く事にこだわりを持っていました。

ブログを更新しないと総語数が分からないので
それにともなって、楽しみが半減してしまいました。

プライベートも仕事をはじめたりで忙しかったのも理由の一つ。
図書館に行く暇がなくなってしまったのです。

でも、多読の楽しみは実感していたので
完全にやめてしまうこともなく
iPhoneを購入してからは、英語絵本のオーディオブックアプリを
色々と探して、いいものが見つかると読んでいました。

ちなみに、現在は色々あって休職中で
それも手伝ってまた多読を始められるようになりました。

ブログもこだわりは捨てて、語数は先に調べてます。
iPhoneアプリなど、ブログの更新が面倒なものは
順序をかえて暇な時に更新したりとアレンジができるようになりました。
なので、今はブログに振り回される事なく
マイペースに読み進めてます。

>>私はハリーポッターファンで
>>多読を始めたのも
>>いつかハリーポッターの原作を読破したいからです。
>>(勿論、映画を字幕なしで観られるようにもなりたいです)

>  それはもうかならず実現しますよ。

そう言って頂けると心強いです!!
でも、原作本に限っては
私もいつかは読み終わるような気がしています。

音声の方は聞き読みを始めたばかり。
シャドーイングもなかなか進められなかったりです。
「音」に関しては先生や先輩タドキストさんに
ご相談したい事がいっぱいあります!!

>>本を見るまでは
>>以前「はじめまして」の掲示板で
>>「いつか読めるように見える所へ飾っておくと良い」と
>>アドバイスされた通りに飾っておくつもりでした。

>  しまった、掲示板でもはじめましてではなかった・・・

実はそうでした(笑)。
ずいぶん掲示板に顔を出していなかったので
当たり前ですね!
これを機会にお見知りおきを!!

>>が、本が届いてしまったら読みたくなって(笑)。
>>日本語訳の本も、映画のDVDも10回は目にしているので
>>どうにかなるかな・・・と思って読み始めました。
>>・・・2ページ目あたりで足踏みが続きました。
>>同時にYL1の本も読んでました。

>  どうして足踏みになったのだと思いますか?
>  これまでの読書相談の経験からすると、
>  細部まで読もうとしたから?
>  わからないところを飛ばせなかった?
>  訳そうとしたから?
>  などが思い浮かびますが、フタバさんの場合は
>  どうだったんでしょう?

細部まで理解しようと思ったのかもしれません。
訳そうとしていた、というのも当たっているかも。
「分からない単語ばかりで前に進まない」と思いましたから。

単純に1ページの語数が多いのも
読みやすさレベル1を読んでいる私には
負担がありました。
超キリン読みなので当たり前ですね。

>>聞き読みだと分からなくても強制的に先に進むので
>>分からない所は自動的に読み飛ばせるのも良かったです。

>  聞き読みにはよいところがいくつもありますが、
>  自動的に読み飛ばし、というのも大きな利点ですね。

聞き読みがなければ、色々な所で足踏みが起こり
最終的には投げていた気がしています。
聞き読みができてよかったです。

>>何よりYouTubeに市販のCDの音源が
>>UPされているわけなので
>>いつデータがなくなるか分からないという
>>危機感も私の聞き読みが続いた理由の一つです。

>  おお、そういうのも背中を押してくれるのか!
>  なるほど、です。

どうも"Harry Potter and the Chamber of Secrets"も
朗読音源がYouTubeにありそうなので
早めに読みたい!と引き続き思っています(笑)。

>>分からない英単語はとても沢山ありました。
>>でも内容を知っているので何とかなりました。
>>日本語訳の言葉が英語ではこんな単語なのかと
>>思うものがいくつもあって楽しかったです。

>  あるでしょうね、たくさん!
>  でも、内容をよくご存じだから、少々わからなくたって、
>  飛ばしているうちにわかるところが出てきますね。

大体話の筋が分かればいい、と思って読み始めたので
聞き読みに変更してからは
理解度にこだわりなく読めました。
あまりに分からなくてイライラした時は
日本語訳本をチラ見してズルしちゃいましたが。

 
>>読み終わった後の達成感は格別でした。
>>そして何回も読み返して日本語訳の本と同じように
>>読めるようになりたいと読了後思いました。

>>超キリン読みでも投げ出さなかったのは
>>ひとえにハリポタフリークだからだと思います。
>>他の本ではこうはいかないと思います。

>  「愛」ですね!
>  多読普及の初期から知られている多読の要諦であります。

「秘密の花園」「嵐が丘」「チョコレート工場の秘密」など
まだ大好きな本があるので
いずれ読めるようになればいいなぁと思います。
「愛」で多読が続けられるのなら
オタク体質の私には可能だとまた心強くなりました!!

>あさって、お会いしましょう!!

先生とタドキストの皆さんに(お子さんも!!)
お会いできる事を楽しみにしています!!

今日、明日とドキドキしながら Happy Reading♪


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 2214. Re: 超キリン読みでHarry Potter and the Philosopher's Stoneを読了

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2011/6/17(00:45)

------------------------------

フタバさん、みなさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

>さかい先生、お返事ありがとうございます!!

>>>13万語の時点で
>>>"Harry Potter and the Philosopher's Stone"
>>>の超キリン読み(聞き読み)をして読了しました!!
>>>20万語通過です。

>>  まさに超キリン読みですね! おめでっとぉー!!

>まさか、今、読めちゃうとは思いませんでした。
>勿論、意味が分からない所はいっぱいありましたが。

  学生には「固有名詞読み」を勧めるんです。
  翻訳や映画に親しんでいる人には、
  固有名詞だけ見て、「あ、あの場面だな!」と
  思い出せれば先へ進む・・・

  フタバさんは固有名詞読みははるかに脱しているようですね。
  たいしたものです。愛ですね。

>>>多読は2009年の4月から始めましたが
>>>2ヶ月で失速。
>>>その後は思い出した頃に読む程度。
>>>継続的に洋書をまた読み始めたのは今年の2月からです。
>>>現在YL1のORTとPenguin Readersを主に読んでいます。

>>  失速したのはなぜだったんでしょうね?
>>  教えていただけるとみなさんの参考になります!

>語数を調べるためもあって、ブログで記録をつけていたのですが
>それが負担になったのが一番のように思います。
>始めた頃は冊数だけは多いので、ブログ更新が大変で。

>今思えば、語数だけ調べれば良かったのに・・・と気づくのですが
>当時は何故かブログに総語数を書く事にこだわりを持っていました。

>ブログを更新しないと総語数が分からないので
>それにともなって、楽しみが半減してしまいました。

  ブログを梃子にして何かを達成するというのは、
  諸刃の剣(喩えが大げさ?)かもしれませんね。

>プライベートも仕事をはじめたりで忙しかったのも理由の一つ。
>図書館に行く暇がなくなってしまったのです。

  いそがしくて読めないのは当然です。
  暮らしのペースは大事にしないと、
  多読でも読書でも続かないと思います。

>でも、多読の楽しみは実感していたので
>完全にやめてしまうこともなく
>iPhoneを購入してからは、英語絵本のオーディオブックアプリを
>色々と探して、いいものが見つかると読んでいました。

>ちなみに、現在は色々あって休職中で
>それも手伝ってまた多読を始められるようになりました。

  おー、ラッキーですね!

>ブログもこだわりは捨てて、語数は先に調べてます。
>iPhoneアプリなど、ブログの更新が面倒なものは
>順序をかえて暇な時に更新したりとアレンジができるようになりました。
>なので、今はブログに振り回される事なく
>マイペースに読み進めてます。

  tadoku_navi をご存じですか?
  検索してみてください!

>>>私はハリーポッターファンで
>>>多読を始めたのも
>>>いつかハリーポッターの原作を読破したいからです。
>>>(勿論、映画を字幕なしで観られるようにもなりたいです)

>>  それはもうかならず実現しますよ。

>そう言って頂けると心強いです!!
>でも、原作本に限っては
>私もいつかは読み終わるような気がしています。

>音声の方は聞き読みを始めたばかり。
>シャドーイングもなかなか進められなかったりです。
>「音」に関しては先生や先輩タドキストさんに
>ご相談したい事がいっぱいあります!!

  じゃ、土曜日に!

>>>本を見るまでは
>>>以前「はじめまして」の掲示板で
>>>「いつか読めるように見える所へ飾っておくと良い」と
>>>アドバイスされた通りに飾っておくつもりでした。

>>  しまった、掲示板でもはじめましてではなかった・・・

>実はそうでした(笑)。
>ずいぶん掲示板に顔を出していなかったので
>当たり前ですね!
>これを機会にお見知りおきを!!

  はーい!

>>>が、本が届いてしまったら読みたくなって(笑)。
>>>日本語訳の本も、映画のDVDも10回は目にしているので
>>>どうにかなるかな・・・と思って読み始めました。
>>>・・・2ページ目あたりで足踏みが続きました。
>>>同時にYL1の本も読んでました。

>>  どうして足踏みになったのだと思いますか?
>>  これまでの読書相談の経験からすると、
>>  細部まで読もうとしたから?
>>  わからないところを飛ばせなかった?
>>  訳そうとしたから?
>>  などが思い浮かびますが、フタバさんの場合は
>>  どうだったんでしょう?

>細部まで理解しようと思ったのかもしれません。
>訳そうとしていた、というのも当たっているかも。
>「分からない単語ばかりで前に進まない」と思いましたから。

  あ、そうですか。なるほど!

>単純に1ページの語数が多いのも
>読みやすさレベル1を読んでいる私には
>負担がありました。
>超キリン読みなので当たり前ですね。

  はい、当たり前です。
  今回読めたというのは、英語力が上がったからではありませんね。
  図々しくなっただけ・・・

  でも、ペーパーバックが読めるようになるための
  一番大事な壁を越えたのです!

>>>聞き読みだと分からなくても強制的に先に進むので
>>>分からない所は自動的に読み飛ばせるのも良かったです。

>>  聞き読みにはよいところがいくつもありますが、
>>  自動的に読み飛ばし、というのも大きな利点ですね。

>聞き読みがなければ、色々な所で足踏みが起こり
>最終的には投げていた気がしています。
>聞き読みができてよかったです。

>>>何よりYouTubeに市販のCDの音源が
>>>UPされているわけなので
>>>いつデータがなくなるか分からないという
>>>危機感も私の聞き読みが続いた理由の一つです。

>>  おお、そういうのも背中を押してくれるのか!
>>  なるほど、です。

>どうも"Harry Potter and the Chamber of Secrets"も
>朗読音源がYouTubeにありそうなので
>早めに読みたい!と引き続き思っています(笑)。

>>>分からない英単語はとても沢山ありました。
>>>でも内容を知っているので何とかなりました。
>>>日本語訳の言葉が英語ではこんな単語なのかと
>>>思うものがいくつもあって楽しかったです。

>>  あるでしょうね、たくさん!
>>  でも、内容をよくご存じだから、少々わからなくたって、
>>  飛ばしているうちにわかるところが出てきますね。

>大体話の筋が分かればいい、と思って読み始めたので
>聞き読みに変更してからは
>理解度にこだわりなく読めました。
>あまりに分からなくてイライラした時は
>日本語訳本をチラ見してズルしちゃいましたが。

  「理解度にこだわる」というのは多読の一番の敵かもしれません。

  (ぼくはそういう姿勢と10年間格闘してきたような気がする・・・)

>>>読み終わった後の達成感は格別でした。
>>>そして何回も読み返して日本語訳の本と同じように
>>>読めるようになりたいと読了後思いました。

>>>超キリン読みでも投げ出さなかったのは
>>>ひとえにハリポタフリークだからだと思います。
>>>他の本ではこうはいかないと思います。

>>  「愛」ですね!
>>  多読普及の初期から知られている多読の要諦であります。

>「秘密の花園」「嵐が丘」「チョコレート工場の秘密」など
>まだ大好きな本があるので
>いずれ読めるようになればいいなぁと思います。
>「愛」で多読が続けられるのなら
>オタク体質の私には可能だとまた心強くなりました!!

  わー! これからどれほど広い海原が待っていることか!!

>>あさって、お会いしましょう!!

>先生とタドキストの皆さんに(お子さんも!!)
>お会いできる事を楽しみにしています!!

>今日、明日とドキドキしながら Happy Reading♪

はい、ぼくも楽しみ! そのまま、Happy reading!



Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.