Re: 劇薬シャドーイング始めました♪ 副作用報告!

[掲示板: いっしょに歩こ!の掲示板 -- 時刻: 2019/12/16(22:39)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 2323. Re: 劇薬シャドーイング始めました♪ 副作用報告!

ユーザ名(Username): さかい@tadoku.org
日時: 2011/8/29(22:08)

------------------------------

Denkoさん、こんばんは!
さかい@tadoku.orgです。

ご紹介いただいた海外旅行ブログで名を馳せた(?)Kさん、
毎週火曜日にだれでも多読サークルに来てくれます。
ありがとう!

> horimamaさん こんばんは。

> 私も劇薬シャドーイングやってみました。
> 180語/分 ぐらいで読み上げる英語のCDを使って。早すぎてついていけないのは
> ご愛嬌なのですが、1日に25分 通算で10時間たったとき、英文が理解でき
> なくなりました。症状としては、英文を眼で追う速度があがりすぎ、英文を
> 理解する前につぎつぎと英文を眼で追うようになりました。
> 結果、英文が読めなくなりました。
> 1,150万語越えてたのにまた英文が読めなくなるとは、トホホ・・・・ 
> 現在、リハビリ中です。

  実験としては、劇薬シャドーイングを続けて欲しいような気もします。

  かといって、理解する前に目が先へ走ってしまうのでは読めませんね。

  どうでしょう、妥協案として、聞き読みはどうでしょう?
  もしそれでも目が先走るようなら、2倍速で聞き読み、というのを
  やってみてもらえませんか? 

  あー、結果を知りたいなあ! 実験台にして申し訳ありませんが、
  みなさんは全員ぼくの実験台なので・・・

> 「ミラーニューロンの発見」(ハヤカワ新書)に、「負傷した軍人のために
>  文章を読み上げるソフトを開発したが、軍人たちは理解することができなかった。」
>  とありました、ただ単にコンピュータの性能が劣っていただけなのか、それとも、
>  声はただの音ではないのか? 

うう・・・ 声はただの音ではないのか? 鋭いですね。
負傷の仕方にもよるのかもしれませんが、声はただの音ではないのでしょうね、
おそらく。

Denkoさん、ぜひぜひその後の様子をお知らせください!!

では、Happy rehabilitating!


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.