私でも成長できる(らしい)多読多聴多話−HARRY POTTERによせて−

[掲示板: いっしょに歩こ!の掲示板 -- 時刻: 2019/12/16(22:13)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[喜] 2300. 私でも成長できる(らしい)多読多聴多話−HARRY POTTERによせて−

ユーザ名(Username): メロディ♪
日時: 2011/8/24(19:25)

------------------------------

みなさまこんにちは。メロディ♪です。

この10年、8作品のHARRY POTTERを字幕で観てきました。
そして今回、自分の英語力の成長にちょっと感動したので、ご報告いたします。
もちろん他人から見れば、全くたいした事は無いレベルですが、今までとはあきらかに違っていたので、良かったらお付き合いください。

多読多聴開始前の4作品では、知っている固有名詞と簡単な単語しかわかりませんでしたが、英語を聞いているだけで満足でした。

多読多聴開始後。「What happening to me?!」 が聞えて大喜びした「Order of the Phoenix(不死鳥の騎士団)」。
「ハーマイオニー」は「ァマイォニ」なんだと驚いたのも確かこの頃です。

「You need us Harry」が「一緒に行くわ」と訳されていて感心した「Half-Blood Prince(謎のプリンス)」。
短い文章が少しでも解ると、とてもうれしかった。

そして「Deathly hallows Part1(死の秘宝1)」。
ところがなぜか覚えていない・・・。
英語うんぬんよりも、ストーリーの緊張感が勝っていたようです。残念!(?)

いよいよラスト「Deathly hallows Part2(死の秘宝2)」。
開始早々、少なからず英語が耳にしっくりと聞えてきて、「あれ?」って不思議な気分になりました。
なんだかいつもしている「聴き読み」の感覚に近いかも。
字幕の助けもあって、単語じゃなくて「a part of」とかのまとまりだったり、一文章がちゃんと解る事がある。
「うわーっ、英語で観てるみたい!」ってワクワクしてしまいましたw
吹き替えで変!と感じた言葉「さすが」も、原語「Brilliant」では納得できました。
極めつけは、気がつくと、字幕で理解しているのか、英語を聴いて理解しているのか解らない時がありました。
これには自分でもビックリしました!!
とにかく今回は、ストーリーと自分への感動の嵐!!
本当に本当に嬉しく思いました♪

と、書いてしまうと、すっごく成長して、少しは英語のできる人になったかのようだけれど、あくまでも部分的に解った時の事だけを書いているので、勘違いの無い様お願いします(汗)
私はまだまだ「英語のできない人」ですw

でも、HARRYを英語で読みたくて始めた多読多聴が、HARRYを英語で観る楽しみを倍増してくれたことは確かです。
5年弱、340万語での今の成果。ちなみに150〜200万語くらいは聴き読みです。
加えて、英語のスカイプおしゃべり会も参加して8ヶ月になります。
この先もっと続けていったら、もっと楽しい世界が広がるんだなって実感できた経験でした。

ありがとう、多読多聴多話!!

そして今、これを機会にHARRYをもーっと身近にするぞ!と意気込んでいます。
次は「HARRY POTTER読書&鑑賞感想おしゃべり会@Skype」に向けて、原作コンプリートに挑戦です!!! 
『読めちゃったらうれしいな♪♪♪』くらいの気持ちで、無理をせず、『愛』だけを頼りに楽しんで読みたいと思います。

みなさんもご一緒にいかがでしょうか?
『HARRY POTTER読書&鑑賞感想おしゃべり会@Skype』
第1回目は9月12日月曜日PM9:30〜です。
テーマは「HARRY POTTER and the philosopher's stone」「ハリー・ポッターと賢者の石」です。
おしゃべりは英語でも日本語でもOKです。

それではみなさま
Enjoy English&HARRY POTTER♪


▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.