Re: ドイツ語50万語超えました〜。

[掲示板: いっしょに歩こ!の掲示板 -- 時刻: 2020/8/7(21:40)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

2217. Re: ドイツ語50万語超えました〜。

ユーザ名(Username): fiona
日時: 2011/6/19(10:59)

------------------------------

みちる。。。さん、今日は。

初めまして、fionaと申します。

私も、ドイツ語の多読やってみようかなぁと思いつつ、本を買って…そのまま。
(多分、40〜50冊位はあるかも)
もう少し時間ができたら、やってみるかなあとも思っています。

何を読んでもキリン読み状態…でも、それでも行けそうなので安心しました。

ドイツ語の本はどのようにして買われているんでしょう?
私の場合は、近くにドイツ語の本なんて置いてないのでネットで購入。
値段的には、紀伊国屋書店BookWebが一番安かったので、ここで買ってました(今はどうでしょうね)
[url:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/]

ここに「ドイツ書書棚」というのがあるので、ここで。
[url:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/]
詳細検索で、「children○○」にして探したり…。

何冊か本が手元にきた段階で、その出版社のHPを探して、そこで本を探してました。
HPだと、絵本、児童書のみを見ることが出来たり、対象年齢が書いてあったり、場合によっては対象年齢で本を絞ることが出来たり…、探すのにいくらか便利です。
HPで良さそうな本があったら、そのISBNの番号をコピーして紀伊国屋の検索の所へ貼り付けて検索し、ヒットしたらそれを購入…という方法をとってました。

例えば、「Conniシリーズ」なら、ここですね。
[url:http://www.carlsen.de/]
Carlsenにも漫画がありますが、漫画ならここかな?
[url:http://www.manganet.de/]
(Boys Loveというのも、一つのジャンルなんですね。)

他にもいくつかあります。
必要なら、言って頂いたら書き込みますね。
(以前にも掲示板のどこかに書いたんですが、どこにあるのか不明)

気に入った本があって、どこかにHPのURLが書いてあったら、アクセスしてみると面白いかも知れません。
もしくは、URLが載って無くても、「http://www.(出版社名).de」でアクセスするとヒットすることもあります。

…、もうHPなども活用されていたら、余計なお世話でした。
ではでは。


▲返信元

▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.