【掲示板版 村祭り!】体験談募集−多読で出会った心地よい経験

[掲示板: いっしょに歩こ!の掲示板 -- 時刻: 2020/10/26(10:39)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[お知らせ] 1978. 【掲示板版 村祭り!】体験談募集−多読で出会った心地よい経験

ユーザ名(Username): Owly
日時: 2010/10/25(12:35)

------------------------------

この掲示板をご覧の方はおそらく、日頃、多読や多聴や多視を実践されている方が大半かと
思います。

そんな皆さん、このような経験はありませんか?

ある本を読んでいる最中に出会った知らない言葉、知らないものごと。何だろう?と思いながらもやり過ごしたこと。
家族や友人、同僚との会話の途中に出てきた自分の知らないこと、気になりながらも話の流れでそのままやり過ごしたこと。

それが別の本を読んでる間に、「あ!これはあのときのあれだ!!」とか、「あ!これってこの前出てきたあれだ!!」とか、「あー、あれってそういうことだったのか」とか、ちょっとした発見があったり、すとんと腑に落ちる感覚を覚えること。自分の中のひっかりが取れた瞬間の、ささやかなんだけど晴れ晴れと楽しい気分。別に世の中を変えるような大発見ではないし、知らなくたって別に困るほどのことではない。でもそれを一つ知ったことが、自分としては妙にうれしい。

こういう感覚って、多読をしている人にはおなじみの、一種共通する感覚ではないかと思うのです。

いちいち辞書引かずに、どんどん読んでしまおうという多読のやりかた。始めは半信半疑だったけど、続けているうちにその場でわからないことがあまり苦にならなくなった。

その裏には、日々のこういう小さな発見や、自力で疑問が解決した瞬間の快感、こういう無数のささやかな経験の繰り返しや積み重ねが、自分でも意識しないところに自然に溜まっていく、そんな風な作用があるように思えます。

多読で出会った目から鱗の体験。
多読で出会ったあなただけのトリビア。
多読で出会った腑に落ちた瞬間。

★皆さんのそんな、「人にはどうでもいいことだけど、自分にはちょっと大きかった」多読や多聴や多視の過程で出会った体験談を募集します。

一昨日はわからなかったある言葉が、今日読んだこの本でわかっちゃった、みたいな小さな発見でいいのです。

自分の中で忘れられない、あるいは印象に残っている、そんな小さな発見や、腑に落ちた瞬間。

思いついたままに、さささっとこのスレッドに返信して、書き込んでください。

−*−*−

色々あったけど、忘れちゃったなあという人。ならば、こんなのはどうでしょう。

「多読であなたを変えた一冊」
自分の中で、多読の転機になったような印象深い一冊。これなら思いつきませんか。

随分前に投稿したことがあるから...それでも全くOKです。初めて読む人もきっと多いはずです。

−*−*−

集まった投稿は、プリントアウトして、祭り会場に展示する予定でので、その点は皆さんご承知願います。(返信のやりとりが長く続いた場合は、展示の都合上、返信部分は省略することがあります。)

当初、ハガキでの募集を考えましたが、ハガキ一枚ではスペース足りない人もいるだろうし、返信が付いて、さらに話が展開するかもしれません。その可能性に期待して、「掲示板版村祭り」でも取り上げることになりました。

一方、返信なんか付いたら逆にドギマギしちゃうし、ハガキで送りっぱなしの方が気楽でいい。そんな人には、ハガキ作戦その2として、郵送でも受け付けます。

以下、送付に際してのルールや注意点、締め切りなどは 《はがき大作戦 その1・さかいせんせーへのメッセージ》 に準じます。
http://bbs.tadoku.org/kb7.cgi?b=muramatsuri&c=e&id=11
宛先の最後に、「体験談」と加えていただければ、整理が楽になります。

もちろん、せんせーへのメッセージと両方に投稿していただいても大いに結構。

タドキストならではの共通する感覚、「わたしもこんなことあったー!」と、掲示板でもハガキでも、熱く語っていただき、大いに盛り上がりたいと思います。 会場で思い出したら、その場で投稿もありですよ。

ご案内はOwlyでした。


▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.