授業見学レポート 第2弾

[掲示板: はじめましての掲示板 -- 時刻: 2019/6/25(20:28)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[楽] 914. 授業見学レポート 第2弾

ユーザ名(Username): Maeta
日時: 2011/5/24(23:42)

------------------------------

今日もお邪魔してしまいました。ありがとうございます。

今回は、True or False ゲームの紹介から始まりました。
内容に惹きつけるため、クイズをする、ここまでは私でも思いつくことですが、
そのクイズを、生徒に作らせよう、という企画は、素晴らしいと思いました。
学生としては、面白いクイズをつくろうと、自発的復習に入りますし、
より本に愛着も感じるかも。しかも英作文を書かせる動機付けとして
完璧ですね。
口頭で行えば、発話練習及び リスニングにもなるし。パチパチパチ…!

既習クラス(上級)では、生徒自身でtopicsを選び,talk練習としての
発表をしてもらっていました。
さすがに各自よく準備してきたらしく、3名の生徒さんが、楽しそうに
週末の経験を英語で語ってくれました。
で、酒井先生は、受け止めながらも、スピーチの最低限の必要内容を
付け加えるよう、指導されていました。
みんな、英語で話すことが本当にうれしい、という感じで、
自分を伸ばしたい、という自発性をここまで素直に導いている
先生の雰囲気作りに圧倒されました。

既習クラス(中級)では、ピンクレベルの本を選び、booktalkをする、という
課題で、みんな初めてながら、健気にがんばっていました。
先生が出られたあとも、引き続き、2名がtalkを披露してくれました。
ピンクレベルの本だと、絵がはっきりしているので、ちょっと紙芝居
みたいな感じになるんですね。 すごいアイディアですね。
しかも、自分の読んだことのない本を紹介されると、もっと読みたい気持ちに
なりますね。
で、正直自分より戸惑って本を紹介している友人をみて、自分はもっと
スムーズにやってやるぞ、なんて思っている生徒もいそう。
いろいろな手を駆使して モチベーションを高めていらっしゃる先生の
技を感じました。
真似しようにもとても及びませんが、少しでも今のレッスンを変えて行かれるといいな、
と思いました。

ぜひまた見学させてください。        Maeta
                      


▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.