授業見学レポート

[掲示板: はじめましての掲示板 -- 時刻: 2019/6/25(20:54)]

TOP HELP OPEN LOGIN    :    :


上へ上へ | 前へ前へ | 次へ次へ | ここから後の返信を全て表示ここから後の返信を全て表示 | 引用して返信を書き込む引用して返信を書き込む | 返信を書き込む返信を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[楽] 913. 授業見学レポート

ユーザ名(Username): Maeta
日時: 2011/5/24(21:20)

------------------------------

Maetaです。
酒井先生にリストにどうぞって言われてから1ヶ月...
何回もあっちいったりこっち行ったりしてようやくここに到着。LOGIN表示に気付かなかったアホです。
パソコン音痴は本当に辛い。
4月から多読を始める学生の導入を数回見学させていただいています。
私は栃木県小山市で 幼児から小学生中心の英語教室で教えていますが、
多読を導入してみて難しい点にぶつかったりしているもので 一念発起。
導入期間に通ってみようと思い立ったものです。

酒井先生の御好意で、本当にお邪魔ながら教室のすみで
学生の変化を肌で感じています。
以下 見学レポート

4月(第1回授業)
 遅刻する生徒もあり、ざわついて授業開始。おしゃべりも多く、落ち着かない。
 CD付きの本を探して来い、との先生の指示に、7階研究室で戸惑う学生も。
 先生は、絵をよく見るように、と強いメッセージを送られていました。
 
4月(第2回授業)
 多読、多聴体験者として、シゲムラさんという方をお呼びしての体験談があり、
 そのあと7階で学生同士でのおしゃべりを聞いてしまった!
 3000時間って何聞いたんだろ?ースピードラーニングじゃねえ?ーそんなの昔あったか?ーでもすげーな!

 盗聴する気は無かったのですが、ごめんなさい。あんまりおかしくて…つい。
 学生に、生の体験談はとても刺激的なようです。シゲムラさんのお話は、説得力があったし。
 多読時間におしゃべりが格段に少なくなっています。
 隣の既習学生のクラスでは、先生が居ても居なくても 静かに各自が読書を進めていました。
 たいしたものです。感動!
 
5月(第3回授業)
 教室に入るなり、自分で選んだ本を読み出す生徒がほとんど。空気が一転。ピリッと集中しています。
 本を読む大切さを理解したようです。ここで酒井先生は、日本語に訳さない意義を繰り返し
 強調されていました。数人の生徒に同様のアドバイスをすることで、自然に耳について
 しまう、いい効果を感じました。これがグループ学習の1大メリットですね。
 既習学生のクラスでは、連休の過ごし方を1人ずつ英語で質問。学生が一生懸命答えて
 いました。

先生のレッスンでは、受身で聞き流す部分がほとんどなく、自分で能動的に動くことを要求されます。
その分、生徒にとってはやりがいのある講座になっているのだと感じました。

明日、導入見学の最後としてもう一度 お邪魔させていただきます。
よろしくお願いいたします。           


▼返信


Maintenance: tadoku.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.